今夜も、就寝前の儀式である新聞深読みを実施。 一週間分の新聞を、斜め観察により目に留まった記事の搭載されているページを、アパートに持ち帰り深読みをする。 今回、目に留まった単語は「ガイヤ仮説」である。
 
 「ガイヤ仮説」とは、
\己によって地球の環境が一定に保たれる。
∪限峽呂ひとつの生物だという見方。
4超と生命がお互いに持ちつ持たれつ関係によって、地球が維持されている。
ぁ崔狼紊論犬ている」或いは「地球は一つの生命体である」
なんとなく、列挙してみると生態系がキーワードの感を受ける。

 生態系は、生産者(有機物を生産)・消費者(生産者を食べる)・分解者(生物の遺体や排出物を無機物に戻す)からなる。 この生態系がひとつの生物だという見方が、「ガイヤ仮説」と、とりあえず理解した。
 
 ただし、現在の生態系を保つために人類が生存しているのではなく、人類の安定的な存在のために現在の生態系を創造し存在していると理解しているのが、真実ではないだろうか。