映画:この胸いっぱいの愛を(2005年 日本) ★★☆☆☆
 やり残した事・後悔している事ありませんか? そりゃーあるよね。 あの時、別の選択をしていたらどんな自分になっているのか、たまには空想してしまうけれど。

 利己主義者の満足を満たすストーリーといったら、そうとうのひねくれ者になるかな。 でもね、倍賞千恵子演じる盲目の老婦人のお話だけは違ったよ。 苦楽を共にした盲導犬の死に目にあえなかった後悔を叶えることができるなんて。 もし、このお話がなかったら全☆白星だろうね。
映画:アメリ(2001年 フランス)★★★★☆
 これがフランス映画なんだね。 パリのモンマルトルを舞台に、ゆったりとしたストーリ展開で夢見がちに生きる女の子『アメリ』の日常の話。 愛らしいその女の子のお節介というより悪戯の企ては『他人を幸福にしてあげたい』、そしてそれを密かな喜びとしているのである。

 この映画から得られる心の癒されを、決して韓国映画では感じることができない『乾燥した癒し』さらっとした幸福感と、表現したい。
 
 アメリを演じたオドレイ・トトゥは、そうなんです『ダ・ヴィンチ・コード 』のヒロイン暗号解読官役ソフィー・ヌヴーだったのでした。 知らなかった。
映画:about love<関於愛>(2005年日本・中国・台湾)★★★☆☆
 東京・台北・上海の都市を舞台に描かれた3話オムニバスの切なくもピュアな恋物語。 なぜか感想を記するのが恥ずかしくなる映画であった。 たぶんそれは遠い昔の若きし頃に感じた想いが、まだこの歳になって燻られたためかな。 3話ともこれから始まる物語の出会い、プロローグまで。 これがよかったのかも。 さて、我が人生はそろそろエピローグに向かって進むのだが、突然エピローグを迎える人生ではなかったことに幸せを感じ、感謝もしている。
映画:蝉しぐれ(2005年日本映画) ★★★★☆
 日本の美しい自然の映像と音楽が、運命に翻弄される淡々とした展開を醸し出し、落ち着いて観賞できました。 これぞ日本映画、外国映画じゃ味わえないよ、この良さは。

 緒形拳と木村佳乃の語らない演技、それと文四郎の台詞「生涯の悔い」が深く印象とし残りました。
映画:ラヴェンダーの咲く庭で(2004年イギリス映画) ★★★☆☆
 もともとの題名は『Ladies in Lavender』である。 年老いた姉妹が美しい海辺に漂着した青年と織り成すお話。 題名のレディー(私のもつイメージは気品があり、品格のそなわったしとやかな婦人)のイメージと登場する老姉妹が始めは一致しなかったのだが、終わってみればこんなに素敵な題名はないと感動をした。 老姉妹はすでに年老いた婦人の域を過ぎた老人(女性という性を感じさせない)であったが、青年との生活で女性を取り戻す。 恋する乙女への変化は、歳などとは無縁なのですね。 かわいいおばあちゃん姉妹の役を演じた二人の女優さんの演技に脱帽です。
映画:8月のクリスマス(2005年日本映画) ★★★★☆
 死を静かに迎えいれようとしていた彼に、神様が最後にすてきなプレゼントをするお話。 映画・読書記録帳で確認してみたら、やはり昨年の秋頃に同名の韓国映画(1998年作)を観ていました。 この映画を観始めてすぐに、前に一度観た様な、題名も聞いたことがあるようなと。 確信を持ったのは、写真館のウインドーを割るシーンです。 でも、相手役の女性は婦警さんだったような記憶が、今回は臨時教師でした。 どちらも、職業上ウインドーを割っちゃまずいんじゃないかと、おもったのが過去に見た映画の記憶を甦らせるなんて。 もう少し、ロマンチックなシーンで思い出したかったな。

 日常生活の平凡な映像が綺麗で感動しました。 背景のぼかし方や夜の光の取り入れ方がすばらしく、写真撮影の参考になりました。 話しの流れは淡々と死に向かって進み、お涙ちょうだいの特別なエピソードもなく自然に、最後のシーンで写真館のショーウインドに飾られている写真が、神様が逢わせてくれた彼女にかわっているのである。 嘘のない死を迎える実話のような映画でした。
映画:50回目のファースト・キス
 久しぶりにアメリカの映画でよかったと思えるものに出合えました。 題名を見たときはまったくどんなストーリなのか想像できなかったのですが、見終わった後では納得です。
 
 交通事故で記憶喪失障害を抱えてしまう彼女と、そんな彼女に一目ぼれしてしまう水族館で獣医として働く彼の恋物語。 とくにそれだけの設定ではごく普通のよくあるお話しとなるのだが、あるとき記憶が戻るとか失った記憶のまま新しい人生を歩むとか。 ところが、この映画での記憶障害は事故前の記憶は喪失されず、事故後の日々の記憶が一日しか残らない(一晩寝て起きると前日の記憶が無い)。 あれ、記憶が短期しか持たない。 「博士の愛した数式」と同じだ。 でも、ストーリはまるで違っているけれど。 どちらもなかなかのもの。

 もう一つ、この映画に登場する動物たち(アザラシ・ペンギン・イルカ)がとってもいい味をだしているんだ。 動物が出演する映画を見ると、なぜかほのぼのするんだよね。
映画:いつか読書する日
 『毎日の平凡な生活の中に小さな感動を見つけ出す習慣が人を成長させる。』と、10代の頃ある本で読んだ記憶が、この映画を見ていたときにふと思い出した。 この文学的な恋を描いた日本映画に小さな感動を見つけ出しました。

 30年以上も想い続けられる平凡な生活を送るために、本を読む事による非日常的世界に逃避した中年女性が、ついに心に秘めた情熱が現実になったのも一日限り。 老人に「50歳から85歳までは長いか?」と尋ねる平凡な生活を望んでいた中年男性だが、思いを遂げた翌日に微笑みを浮かべて身代わり事故で死んでしまう。 このストーリを静かなタッチで心情豊かに描いている映画。

 小さな静かな感動を受けました。 少しは成長したかな。 中年男性の一人の人間として。
映画:四日間の奇蹟
 録画しておいた「四日間の奇蹟」をやっと見ることができました。 原作本を今年の一月に読み久しぶりに心を癒される本に出合え、その時はすでに映画化されておりぜひ見たかった映画でした。 本では味わえない風景と音楽そして演技者からの感動を期待していました。 本では味わえない映画ならではのピアノの音色を聞けただけで十分でした。

 文章から頭の中に風景や音楽を想い描き話が展開していくのもいいけれど、映像と音を感じながら話しが展開していくのもいいものですね。
映画:コンスタンティン
 オカルトミステリー・ファンタジー・アクションと、一粒で三度美味しい映画を堪能しました。 今夜の気分にばっちりマッチ、気分が晴れました。 昼間、会社で久しぶりに切れてしまいイライラ度100%も、スッキリです。 悪魔を退治するシーン、スカット爽快感炸裂でした。 平常心を失いイライラしている時に見る映画は、アクションものに限りますね。 それも、めちゃくちゃに破壊するシーン最高です。

 近い将来に開発される、であろう三次元バーチャル・マシーンが登場すれば、精神浄化も手軽にでき、今の社会から悲惨な事件が減るのでは。 多くのひとの精神が病んでいます。 悪魔のささやきを断ち切る勇気を、ゆとりの時間をつくり疑似体験に充てて浄化しましょう。
誰も知らない<巣鴨子供置き去り事件>
 実際の事件をモチ−フにして作製した映画『誰も知らない』。 映像を通じて現代社会に訴えかけるドキュメンタリーであり、いろいろな問題提議を醸し出す映画と思っていました。 しかし感想は違ったものとなりました。 実際の事件の内容はほとんど知りません。 親に見捨てられ置き去りにされた子供たちの悲惨で残酷な事件であった。
 現代社会でできれば直視をさけたい内容を、実際の事件を暗喩的にエピソード挿入で綴られている事を期待していましたが、監督が思い描く心像は軟らかすぎました。 特異な環境で育った人間の話で、ただ特異だと勘違いさせて現代社会に都合のよい解釈で歪めてしまう事に対する警笛を期待していました。 
 
リチャード・リンクレイター
 DVDに録画しておいた映画『ビフォア・サンセット(2004年)』を見始めたら、あれこの映像最近見たよ。 また、フラッシュバック、幻覚が起きたのか。 でも今回は違っていました。 話が進むと、なんと2週間前に見た『恋人までの距離(1995年)』の続編でした。 車内で偶然出会い、ウィーンの街で一夜だけを共にした二人が半年後の再会を約束して終わった。 再会を約束したラストが気にいらなかった。 さて続編は、それから9年ぶりに再会したというストーリである。 そうだよね、約束を果たせなかった方がまだ夢がもてるものね。 9年間の空白をそれぞれの思いでを語り合うのだったが、今回もまたして今後の展開はどうなるでしょうかで、終わりました。

 これから語ることは、このシリーズへの深読みです。 前作から続編までの空白期間が、映画の設定と同じ9年間。 これって監督の狙い? それも9年後に続編を作る計画を前作のラスト・シーンの約束で布石を置いていたなんて。 もしそうなら、まんまと罠にはまったみたいで、悔しいです。 さらに、続編の上映時間81分も映画のなかで語り合う時間とほぼ同じであり、二人が語り合える時間が85分である。 そう、あと語り合える残りの4分はご覧になったみなさまが創造してくださいと、仕組まれているのか。
 
 興味の発展は、この作品を作った監督・脚本:リチャード・リンクレイター。 この9年の間にどんな作品を作っていたのか調べてみました。 ニュートン・ボーイズ The Newton Boys(1998)・ウェイキング・ライフ Waking Life (2001) 。 機会があったらみてみよう。
『策謀のシナリオ』と『恋人までの距離』
 本日は映画の日。 『策謀のシナリオ』2004年と『恋人までの距離』1995年を続けて観てしまいました。 やはり疲れました、2本も観ると。 ジャンルはそれぞれサスペンス/アクションとロマンス。

 『策謀のシナリオ』の女優さん、最近どこかに出演していたよな。 なかなか思い出せなくいらいらとしながら観ていました。 10分ぐらい過ぎた頃、思い出しました。『グレイズ・アナトミー(恋の解剖学)』に出演していたよ。 当然、名前なんか覚えていません。 人の名前を覚えるのは大の苦手で、まして外人の名前なんて。(ネットで調べてみました。 エレン・ポンピオというそうです。) 映画の内容は、あまり触れたくないですね。 時間を返せっていうのが感想です。

 『恋人までの距離』。 二人の会話がよかったけれど、ラストがいけないよ。 また逢う約束をして終わるなんて、裏切りのストーリだよ。
 
 なかなか全てに感動する映画に出会えません。 
映画:惑星「犬」
 WOWOWで放映していた、惑星「犬」を録画しておいた。
とにかく、「犬」が登場しそうな映画なので。
 
 図書館や本屋にいくと、タイトルに「犬」の文字や「犬」が
登場しそうなタイトルを発見すると、ついつい手にとってし
まう。 かなり、「犬」中毒になっている自分に気づく。
 今、読んでいる本も「ベルカ、吠えないのか?」。 図書館
でたまたま見つけた。 手に取って表紙をみると、鋭い牙を
むき出しにした「犬」の写真。 裏表紙には、「犬」の座って
いる姿のX線写真。 内容などチェックもせず、そくカウン
ターに行き借りた。

 こんな自分に、ぴったりな映画:惑星「犬」であった。
地球に住む「犬」は、人間の一番の友である動物。 いや〜〜
本当に「犬」は、すばらしい友たちだよね。
現実逃避行の時間:映画
 最近2本の映画を真剣に鑑賞した。 真剣にという意味は、自ら現実の世界から2時間以上逃避行し架空の世界に慕ったと云う事。 逃避できた時間が持てたことに有意義を感じるだけで満足すべきなのか、架空の質を重要とすべきなのか。 精神を重要視するなら【ミリオンダラー・ベイビー】は素晴らしい時を得たと言えよう。 一瞬の判断を過ちとして捉え、その後の人生に影響を与え続けた。 「必ず一度は負ける」大切なのは、負けた後の人生をどう生き抜くかなのである。 こころに響く言葉で精神清掃がなされる映画である。 一方【ラブストーリ】のシナリオはさておき、美しい風景映像に視覚感動を受けた。
 【ミリオンダラー・ベイビー】は読書で、【ラブストーリ】は写真集で再会したいものである。
映画 : 世界の中心で、愛をさけぶ
【埼玉県深谷市と埼玉県本庄市の区間を散歩中】
現在中山道(日本橋〜三条大橋) を歩いています。
56日間で14.7%を踏破、ゴールまで453.86km残っています。

6月09日 3000歩 (誰にも逢わず)

6月10日 3500歩 (十兵衛ちゃんと、フリスビーの引っ張り合い)
 映画【まぼろし】(2000年)監督:フランソワン・オゾン を観る。老夫婦の間に生じる溝が夫の失踪で浮き彫りにされていくお話し。妻の喪失感の心の軌跡が丁寧に描かれている。大人の映画を久しぶりに鑑賞したという感じ。この監督の他の作品を観たくなった。

 ラストシーン《失踪した海岸に再び訪れた妻が発見した人影》この人影ははたして夫なのだろうか。妻の心情を思うと夫であればよいのだが、映画のタイトルから推測するとやはり夫ではないとなるのだろうか。

6月11日 0歩    (雨の為散歩中止)
 映画【白い巨搭】を途中まで観た。後半は夢の中でした。映画版は関西が舞台だったのですね。白黒映像のせいか、暗黒の世界感たっぷり。手術のシーンがかなり生々しくゾクゾク感を味わえた。

6月12日 3500歩 (バリー君と逢う)
 映画【世界の中心で、愛をさけぶ】 をレイトショーで観る。

 私が感じたこの映画のストーリは、簡単に表現するなら『恋人の死を見舞う経験の記憶への蘇えりを踏ん切り未来へ旅たつ』である。若し頃の淡い恋心を思い出させてくれる映像表現と、心の清算を導き出してくれる言い伝えの引用がすばらしく心に響いた。

 印象に残ったセリフ:《生き残った者が、いかに落とし前をつけるか》
 自己課題:《愛する者が去った時、自分はどいう生き方をするのか》
 こぼれ話:《広瀬亜紀役の長澤まさみは実際に髪の毛をすってスキンヘッドとなった》
映画 : 壬生義志伝
【埼玉県大宮市と埼玉県上尾市の区間を散歩中 】

5月20日 0歩 (雨の為、散歩中止)
5月21日 0歩 (雨【台風】の為、散歩中止)
         映画【壬生義志伝(みぶぎしでん)】を観る。

 映画 【壬生義志伝】原作:浅田二郎 監督:滝田洋二郎

 外は台風二号が接近している影響で、雨脚が激しくなり風が出てきた。午後十時、寝床に入りながら映画【壬生義志伝】を観はじめる。

 NHK大河ドラマ【新撰組】、放送開始当時はたしか数回は観ていたが、今は観ていない。近藤勇役である香取信吾がどうしても自分のイメージと合わないのが一要因になっているのは確かである。脚本が三谷幸喜(朝日新聞連載のエッセイが面白くかならず読んでいる)である為、多少は興味があったのだが。しかし、【新撰組】【赤穂浪士】に代表される、【信じるもののために生き、死ぬことができた稀有なお話し】が好きであるゆえ、この映画を観る事とに。

 今回の映画【壬生義志伝】は、主人公である吉村貫一朗が南部藩を脱藩して新撰組に入隊(多くの不逞浪士を切り捨てる鬼貫と恐れられる)する生涯を、複数の人間が語ることによって、多面的な貫一朗が描かれていくのである。では、この吉村は何のために死を覚悟の上で新撰組に入隊したのだろうか。いや、死など覚悟していた訳ではなく「生きる為に人を斬る」と言うセリフがある。徳川や南部藩主の為ではなく、妻子のためなら死ねるという貫一朗に、今まで抱いていた真の侍像と違っていた。貫一朗以外の登場人物においては、息子嘉一郎の生き様はまた違った今までのイメージどうりの侍(武士)の強さを感じ、親友大野次郎衛門の貫一朗への深い思いやりを感じた。
 侍(武士)というイメージ像に関して、やはり日本人が抱く思いが快く描かれている作品であると感じる。昨年の暮れに見た映画【ラスト・サムライ】が、なぜかこの映画を観た後、武士道の精神の描き方がかなり幼稚であったと思えてしまった。

 <描かれている時代が明治維新であり、現代とは取り巻く環境の違いがある>と、一言でいえてしまうが、なぜこのようなテーマのお話は廃れず引き継がれるのだろうか。<何かのために生きることはできるが、何かのために死ぬことが本当にできるのか>の問いの回をしなくてはいけない境遇に、現実の自分の世界で出会いたくない逃避が、架空の映像・書物の世界に閉じ込めたいのではないのか。
星に願いを & 星願:あなたにもいちど
【埼玉県蕨市と埼玉県浦和市の区間を散歩中】
5月02日 3000歩 1.8km(バリー・カイト・チビに逢う。)
      キャンプに使用したテントを干す。
5月03日 0歩 (メリーが朝と夕方に嘔吐した為、散歩中止)
5月04日 2200歩 1.3km(誰にも逢わず。)
      映画【The haunted mansion】を観る。
5月05日 0歩 (メリー鼻水の為、散歩中止)
5月06日 3500歩 2.1km(ラークと走る。)
      雑誌【文藝春秋】を読む。
5月07日 3500歩 2.1km(バリー・ラーク・チビに逢う。)
      通信教育【囲碁】を学ぶ。
5月08日 0歩 (狂犬病注射をした為、散歩中止)
      映画【星に願いを】・【星願:あなたにもいちど】を観る。

 本日、同じストーリの映画を続けて観た。初めは【星に願いを】(日本:2003年)で、次に【星願:あなたにもいちど】(香港:1999年)である。目が見えない主人公の男の子が車に跳ねられて死んでしまうが、この男の子の面倒を見ていた看護婦に逢いにあの世から他人の体を借りて甦り、再び流星群が降る日に去ってしまう。この大筋のストーリは同じであるが、細かい設定や小道具が違っており、比較して見るのもなかなか面白いものであった。例えば、主人公の癖で、「トマト・ジュース」を一気に飲み干すところが、「レモン・サワー」に塩をたっふり入れて飲む。また、主人公が密かに演奏する楽器が、「ハーモニカ」と「サックス」で、当然演奏する曲も違っているなどなど。
 しかし、小道具の違いより人それぞれの感情表現方法の違いが、作成された国民性の差なのか、はっきりと現れていた。香港製作の方は、ところどころ理解しがたい感情の表現があったが、日本製作の方はしっくりと受け入れられた。徹底的な違いである、『蘇る理由』と『死亡保険の受け取りを拒む理由』の設定が、日本製作の方が感動を引き起こす、丁寧な作品となっていると感じた。
 今回の様に、同じストーリの作品を比較しならが観るのも、楽しいものである。
≪ 前の30件| 次の30件 ≫
2017 - April
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
過去記事
Profile
名前ケンケンパパ
毎日の出来事を忘れ去るのが悔しい。
リンク
カテゴリー
カウンター

昨日
今日