昨日からバイト週間に突入したわけですが。
そういえば、うちの看板定員の中国人のハリーポッターはクビになってましたとさ。

さてはて。
彼を筆頭に(!?)うちの店では日本にいながら国際交流ができる!!!!
というなんとも素敵な特典があります。
すばらしいです。
さすが国際社会です。

今日はある韓国人の女の子(年上ですが)が帰国する、ということで、
わざわざ鎌倉から挨拶に来てくれました。
彼女とは何回か一緒に仕事をし、仲もよかったのです。
そして彼女は私を呼んで、何やらプレゼントらしき物を取り出しました。
「これは、韓国でとても有名なカボチャのスープです。」
(彼女はあまり日本語が達者ではないので、片言でご想像ください。)
「とても有名で、そして、とてもおいしいです」
「そうなんですかぁ」
はい。それを、今日は伝えに来ました
・・・ん?
いや、私はてっきりね、それを私にくれるものかと・・・。
え?勘違い?
韓国でそれを買えと?
「伝えに?与えにきました
与えにってあなた!
どこかの国のお姫様じゃあるまいし!
「え〜・・と・・。それを私にくれるんですか?」
私が恥ずかしながらも聞くと、
「はい。与えにきました」
なんかの餌付けかよ。
「その場合は、あげる、ですね」
「あぁなるほど。これをあげます」
「ありがとうございます」
承りました。

ちょっとおもしろかったですけど、
やっぱこういうのは嬉しいですねw
日本人のバイトとも仲はいいけど、
やっぱり国が違う人と話すのはとても新鮮です!
いい思い出になりそうです。