かゆい・・・
実は私、軽くアトピー持ってるんです。
(なんか、だから何だって感じ・・・)
通常は乾燥したりすると、首とか腕とかかゆくなるんですけど、
なんか最近、

ケツがかゆい!!!!!!

って言ったらダーリンに
「汚ぇよ!笑」って言われちゃいましたが、かゆいんです!!
お尻ってゆーか、背中の辺りなんですけど。
もう笑い事じゃないですよ。
かゆくてかゆくて、ズボン履いてると余計かゆい。
そしてなぜか下っ腹もかゆい。
そんな、それじゃまるで・・・下っ腹とお尻ボリボリ掻いてたら・・・
汚い親父みたいじゃん!!!(偏見!)
いや、本当に・・・。

強い薬つければすぐ治るんです。わかってるんです。
でもその薬はあいにく切れてまして・・・。
じゃぁ病院行けよと。わかってるんです。
でも一時間半待たされて診察3分っていうのが嫌なんです。

あぁわがまま。

ってゆーか、読み返してみるとすごい恥ずかしいこと書いてるな自分・・・。
でも面白くない?

おでんのふた
うちの店でもおでんを販売することになってまして。
今週からおでんを売る箱も二つに増え、商売繁盛というところでした。
このおでん、朝作らなくてはならないんですよ。
朝ね、夜煮込んでたおでんを捨て、箱を洗って中身いれて、
透明なふたをして温度あげて完成!
みたいな作業を朝からせっせとするわけです。
今日はその作業をマネージャーがやっていました。
私はいろいろ、品だしとかしてて。
一通り終わったのでレジのほうに戻ってくると、

・・・・・・・・・・・え?

なんか、おでの箱に、ゴミ箱のふたがしてある・・・・。
しかも生ごみ捨てるゴミ箱の。灰色の。ふた。

え??あれれ?

いやね、あまりにもそのふたがピッタリだったもんで、
あ〜マネージャーわざと代用させてるのかなぁとか思ったの。
しかもその時マネージャー、普通にそのふたを開けて、閉じたんですよ。
お客さんの前で。

・・・お客さんの前ですから、私だっていくらなんでも言えませんよ。
それ、ゴミ箱のふたですよね?なんて・・・。

そのお客さんが帰った後、おそるおそる尋ねました。
「マネージャー・・・ふたって一つしかないんですか?」
「え?今は一つしか必要ないでしょ?だってこっち使うもの」
と言ってふたを移動させるマネージャー。
私の目の片隅に、本物のおでん用のふたがある。
「いや、でもそれ・・・ゴミの・・・」
「え?・・・・えぇ!?!?やだぁ!!!」

まじかい。

「あのふた透明だから〜白く曇ってるのかと思った〜!
 やだ〜これ、あぁ!これ、ゴミの・・・!やだわぁ」
そう言うより先にふたを慌てて取り替える彼女。
いやいやいやいや。
曇ったって灰色にはならないでしょぉ奥さん。

「大丈夫よね?まだあんまり時間たってないよね?」
しきりに私に問いかける。
大丈夫ですよ、と苦笑いの私。
すごいさ、普通おかしいでしょ。
フライパンの透明のふたがさ、灰色のプラスチックになってたらどうよ?
気づくよね、通常。

爆笑っていうより、なんかもう「えええぇ?」って感じでした・・・。




すごいこれ、実際見てたら面白かったんですけど・・・
文章にするって難しいなぁ・・・


2005 - December
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Profile
名前ひっきー
性別オンナ
地域東京
血液型O型
星座射手座
カテゴリー
最新記事
過去記事
リンク