なおコラム
            楽器屋・電気屋・ソフト屋混合店スタッフのつぶやき(ボヤキ?)

2005年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

わたし
なまえにゃおこ
すみか北海道

新作
2008/03/02  引越しま〜す
2008/02/29  いちばんがんばった
2008/02/24  すごかったねぇ〜
2008/02/06  楽器ケース
2008/02/03  節分です〜

あーかいぶ
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月


カウンター

 



2005年10月31日  指輪物語
仕事柄いろいろな展示(販売)会に呼ばれることが多いのですが、
宝飾品など見るだけも楽しいしてなことで一応見に行って
超いやな客になってしまうことが多々・・・・

素敵なものをいろいろ勧めてくれる販売員の皆さん。
身に着けては違和感を感じて
「似合わないから・・・普段つけなれてないし・・・」と置いてしまう私。
なにしに来てんだよぉ!と怒られてしまいそう。
だってきれいなもの見るだけでも楽しいんだもん。
来てくれるだけでいいからって言ってたじゃーん。
と心で思いながらお愛想笑顔でかわしてかわして・・・

風水学的にはきらきらしたものを身に着けるほどお金が入ってくるらしい。
だからといって私がびかびかしてるの・・・?きもちわるーい・・・
やはり一生金持ちにはなれないのだろうか。まいっか。

そんなわけでほとんどアクセサリーなど身につけない私ですが
ちょっと気合を入れたいとき身に着ける指輪があります。
一番最初のお給料で買った誕生石の指輪。
「よーし、がんばろう」って気持ちになるのでした。
決して高価なものではないし、20歳くらいのコが選んだにしては地味なシンプルなリング。
なんでそのとき買ったのかさえわすれちゃったけどいまだに大事なたからものです。
そのリングが気合のしるし。

流されそうになるときに、サボりたくなるときに、煮詰まってきたときに・・・
リングに宿っている何者かがフォローしてくれるらしい。
モノに宿っている思い?暗示?おまじない?なんだかそんな感じ。
霊感商法とかに近いかも・・・・・お守りだよなー。
要はモノに宿っている魂かなんかは、誰かが入れてくれるんじゃなくて自分が入れるんだということ。
そう思えば霊感商法にはだまされないよねぇ。


もうひとつ大事に身に着けている「がんばろうの印」もあるけれど、その話はいつかまた。

AM 11:23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年10月25日  あかり
あー・・・阪神がぁ・・・・だめじゃーん・・・とほほほほ・・・
今日こそきっと・・・・!


気を取り直して、といっても今日はあまり軽い気分ではないのですが。
小樽と苫小牧の丸井今井が一昨日閉店したそうで。
特に思い入れの深い店だということはありませんが、どちらも好きな街なので
そこの景色が変わるんだなー・・・と思うとちょっと寂しいなぁ。

私にとって小樽は学生のころよく友達と遊びに行っていた、思い出タップリの街で
商店街付近の小路をうろうろして小さなお店を見たりするのが楽しくって、
あっちこっち猫みたいにスルスル歩きまわったり、偶然の発見にわくわくしたり
とにかく好きなところです。
そんな商店街のなかに当たり前のように存在していた大きな建物の灯りが消えてしまった。

そして苫小牧は私にとってちょっとしたコンプレックスと憧れの街。
千歳より人が多くて少し街が大きい。
ずっと威張った感じがしていた街が、少しずつ小さくなっていく感じ。

寂しい・・・。

どちらの街にも尊敬する楽器屋さんがいて、私は苫小牧や小樽のような音楽環境がひとつの目標でした。
もちろん今もやっぱり目標だけど。
そしてどちらの街も「このままじゃダメだ」ともがいている街。
大きな灯が消えても、まだまだ小さな灯を守る人がいるからきっと魅力的に輝くでしょう。

映画”ネバーエンディングストーリー”のエンディングで、小さな灯が残ってまだ希望はあるんだっていう
あのシーンをたびたび思い出すことがあります。
どんな絶望的な場面に出会ったとしてもその”小さな灯”が消えなければ、可能性はあるってことだなぁと。

ま、それほど絶望的な場面に出会ったことないし、今回の丸井今井の件も私には何のダメージもないのですが
ちょっと物思いにふけってしまう秋なのでした・・・・



AM 11:05:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]

2005年10月23日  **菊花賞**
競馬は詳しくありません。興味もそれほどありません。
でも、大人のたしなみとして(?)馬券の買い方くらい知っておかなければ・・・
と、思い立って10数年前に一人札幌の場外馬券売り場へ乗り込んだ私。
はじめて競馬に投票したのは菊花賞でした。
買い方も分からないし、場外馬券売り場がどんなところかも分からないまま、
「今日札幌で馬券買ってみよう・・・」とその日の朝に思い立ち
勢いだけで”ウィンズ”へ。

行く先々で見かけるのはスポーツ新聞の競馬のページをチェックしている人たち。
わーぁ・・・おまつりみたい。(なんでそんな感想?)
そして”ウィンズ”に到着した私は入り口付近のスタッフのかたに
「馬券の買い方を教えてください!」とお願いしたところ
大変親切におしえてくださいました。
「まずはレースを選びます。菊花賞なら京都の11R・・・・」
マークシートにつぎつぎチェックを入れて完成。
「勝ち馬投票券の発行は3階(だった?)の窓口で行っています。そちらへお持ちください。」
わーーーい!
わーーーーい!
浮かれた私はそのマークシートを大事に握り締め、いざ発行窓口へ!

そしてやっぱりたくさんの人たちが新聞とペンを持ってテレビを見たり
ラジオを聞いたり、しゃがんで新聞チェックしていたり・・・
は〜〜〜・・・運命共同体だわ、私たち・・・(それも変な感想)
なんだか感動しながら、電車の切符でも買うように窓口へ。
「お願いしマース!」
最近買っていないけど今って自動の発券機しかないのかなぁ?
そのときの私は窓口のお姉さんにどう思われたか知りませんが
「がんばってね。」といわれたような気がして、またもやうれしくて・・・
私ががんばるとこではないのですが・・・

さてその馬券が勝ったかどうか?
結局はカチカチの一番人気の馬の単勝が勝っただけで、ほかに馬連も買ったけど全滅でした。
2000円のモトは取れなかったけどすっごく楽しかった〜!

今日はその菊花賞。
ディープインパクトが1.1倍?カタイですねー。
必ず勝つといわれている分、周りのスタッフの努力は大変なものだとか・・・
勝ち負けを競う残酷さ、それに一喜一憂する人たち。
いろんな思いがわずか数分のレースに凝縮されているんだなー・・・。

うーん浪漫。


あっっ!今日日本シリーズ2戦目だった!
昨日のトホホな負け方はゆるせん!!!
がんばれー!阪神タイガースーーーッッッ!!!!!



PM 12:00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年10月21日  プチ贅沢
本日レジスター故障・・・・朝電源を入れても無反応。
修理?・・・・・・・交換?・・・・・・・・ン十万??
・・・・汗、、、・・・・・・・・・・・・・・


貧乏なんてだ一いっっキラーーーーーイ!!!


ふ〜・・・・
そんな私ですが昨日休業日につき、ちょっと昼まっから銭湯にいってまいりました。
本当は「温泉!」と思っていたのですが、手近なところで温泉のお湯を満喫できる
露天風呂もあるそんな恵庭の銭湯「ラ・フォーレ」へ。手近すぎ?
天気のいい日中に露天風呂。うーん贅沢。

平日の昼だというのに結構混んでおりまして日本人の風呂好きを改めて感じたわけです。
ポカポカにあったまって湯上りにロビーで鹿の剥製を見ながら冷たいフルーツ牛乳飲んで
極楽、極楽。
頭も完全に乾く前に、真っ赤な顔してノーメイクのまんま一路札幌へ。

着いたところは私の心のオアシス「コーチャンフォー」文具コーナー。
今日はここで衝動買いをしよう。うん。
そう思い立ちボールペンを3本とちりめんの招き猫を購入。
衝動買いというのは金額どうこうじゃなくときめく瞬間。

そんな”プチ贅沢”をして心の洗濯を。

日々の暮らしの中でささやかなうれしいことの積み重ね、単純な毎日を楽しめる豊かさ。
はー・・・「貧乏キライ!」って叫んでおいて説得力がないけれど、私は幸せなのでした。


でもぶぃんぶぉうはもういやーーーーーぁぁぁぁ・・・・・


PM 04:36:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]

2005年10月17日  HATCH
9月の十五夜お月様は中秋の名月といわれるけど、
10月の十三夜という月も名月と呼ばれているのを私は知りませんでした。
満月二日前・・・・微妙な感じがいろっぽい。
今夜は満月。ほんで部分月食。夜空が華やかです。

月とはまったく関係のない本題です。

約10日ほどまえに”ゆーき”からメールが届きました。
「"HATCH"のデモテープ入りますか?」
?????HATCH・・・???だれ???疑問メールを返すと
「ハッチっていうグループなんですけどー・・・・」
????はっち???みなしご?????
これだけ情報も、流通もさまざまで、パッケージソフトの世界も
すでに全てを把握するなんて絶対無理(わたしは)。
そんなところでこの質問なので「うちでは取り扱いのない商品だねー。きっと。」
そんな答えしかでなかったのでした。

そしてそんなこともわすれかけてた二日前。
ROAMでの定期ライブで久しぶりにあった不思議系パンク男”あっくん”が話しかけてきた。
あ「明日博信堂にテープもっていきます。おいてくださ。」
な「へー・・・テープなんだぁ。アナログだね〜。」
あ「えぇ、もうCDは古いですよ。いまはテープの時代です。」
・・・・やっぱり不思議な”あっくん”ワールド。

そして昨日”あっくん”が持ってきたテープには「HATCH」の文字が。
えっ??HATCHって!?
HATCHの正体は実によく知っている顔でした。
話によるとどうやら自分のホームページでテープのリリース情報をすでに告知。
「博信堂にて10月16日販売開始」と載せていたらしい。

それにしても予約まで入るとは人気モノになったじゃん。
あ「なんか、ライブのときとか高校生そろいのTシャツとか着てきたり、
おそろいの振り付け決めたりして、若い子のノリには付いていけないです・・・」

そういう彼が一番わけの分からない若者ですが。
それにしても天才ついに開花か????

あっくんに関してはいろいろおもしろエピソードがあるけれど、
ファンのコの気持ちをくんでここでは書かないでおこう。
いや、聞けばもっと好きになるだろうなぁ・・・
ちなみにまじめな大人には嫌われるでしょう。ふふふ・・・

ということで



   HATCH 1st DEMO TAPE

     NOW ON SALE!!!

        2songs ¥150




HATCH HP (携帯対応)


AM 11:25:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年10月16日  だってファザコンだもん
昨夜、スタジオカオンでの初GTライブ。いい雰囲気でした。
私はたくさんクリアしなければいけないこともあって、うーん
しっかりしなくっちゃという感じでしたが。

スタジオ外の灰皿には昨夜そのままにして帰ったので、吸殻がタップリ。
わぁ・・・・・3箱分くらい?約1000円がケムリと灰になっちゃった。
それをかたつけながら思い出すのは父のこと。

高校生のときに
「タバコって無駄じゃないの?やめたら?」となにも考えないで言った私に
「お前だって無駄なこといっぱいしてるだろ!!それやめてみろよ!!!」って。

ガキッッッ!!!!!!

と心で思いながらもそんな子供じみた反論になにも言い返せなかった私。
くやしい・・・だって私無駄が多かったんだもの・・・
でも、それから10年くらいたって病院にお世話になっていたころは
「あんなにすっていたタバコ、ぜーんぜん吸いたくなくなった。
健康だったってことだよなー・・・」
カラダがぜんぜんタバコを欲しくならなくなるらしい。
父がタバコの吸いすぎでカラダを壊していたかどうかは定かじゃないけど、
タバコがなかったらいらいらしてもっとケンカとかして、もっと早く死んでたかもしれないし。
長い目で見ればタバコは無駄じゃなかったってことかもね。

今も通院中の知人はとってもヘビースモーカー。
「タバコあんまり吸うなって言われるんだけどさぁ、吸いたくなくなったらおしまいだなーって。
吸いたいと思ってるうちはまだ大丈夫だって思ってるんだよね。」と笑う。

タバコは健康によくみたいだけど、その人の吸い方で気持ちや健康状態が見えてきたり。
タバコ吸わない私にはそういうのが冷静に見えちゃったりして。
結構おもしろかったりして。
ただね、あまりにもケムリもくもくのところにいると目が痛くなっちゃう。あれは苦手。
まぁみなさん吸いすぎには注意ということで。

今朝、たぶん夢だと思うんだけど私のベッドの横に小さい女の子と
たぶん彼女の父親らしきひとが手をつないで立っていて
「だれ?どうしたの?」と聞いたら
「あ、見られちゃった。」といって壁に消えていった。
夢だったのかなー?ホントだったのかなー??
若いころの父と私か?似ていたような、、、、

とおちゃーん私は元気でがんばってるよーーーー!!!



AM 11:52:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年10月14日  村上ファンド
そうです。私は阪神ファンです。
阪神優勝の日記にコメントが入っているの気づきませんで・・・
赤い腹まきさん(なんてチャーミングなネーミング)そのとおりです。

まーそれにまつわることが最近世の中を騒がしているようで。
阪神株上場するのか???って毎日やっていて、いろんな人がコメントしていて
というものに興味がなくてもちょっとした知識が付きそうな今日この頃。
私は実は上場賛成なのでした。
で、自分が買えるものなら買いたいとおもうわけです。

上場するメリットもデメリットもそれなりにあるかもしれないけど、
球場に直接応援に行けないファンが少しでも球団に関われるなんて・・・・
そのわずかな資金が球団の役に立つなんて・・・うーん結構うれしいと思うんだけど。

さてさてそれに近いかどうか分かりませんが、私昔結構馬券買いに行っておりました。
で、まぁ勝てばそれなりにうれしかったりするんだけど、勝てなくってもまぁよし。
好きな馬に投票できるだけで楽しかった。で、ちょっと真剣にその馬に関わっている気分がうれしかった。
ちょっと前にはやったウララちゃんの馬券を買っていた人と同じかも。

あと、昔から夢なのがどこかのスポーツチームのスポンサーになること。
できれば王子製紙のアイスホッケーチームのスポンサー。
ユニホームじゃなくってリンクの壁面に”博信堂”って印刷するのが夢だった。
うーん大いなる野望?いや小さな欲望?
ようはアイスホッケーがもっとメジャーになってほしいとか、
応援していることを形にしたいそんな気持ちがあってのことですが
私がスポンサリングできるようになるまでリーグの存続も危ういけど・・・

そう、とにかくがんばってほしい。そこへひとつ投資したくなる。
そんな気持ちはたぶんファンなら必ず持っているし、その表現や関わり方はさまざまだとは思うけど。
村上世彰氏だって阪神タイガースのファンだし、悪いようにはしないでしょう。
賢い人だし。

そこに愛情が存在するかぎり、きっと変な方向に進んでも立ち直る
お金や世情だけではどうにもできない芯があると思うのでした。
アマちゃんかしら・・・?

PM 12:18:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]

2005年10月10日  こんな日には
今日は秋の雨ですね〜。
”しっとり”という形容詞がぴったりだなーなんて思いながら、本日の気分はまたもやノラ・ジョーンズ。
さて、そのノラ・ジョーンズのライナーノーツの一説。

〜昨年(2001年)9月11日以降、音楽への向き合い方や、欲する音楽が変わったと、そんないう風に言う人は少なくない。
筆者もその一人で、あれ以降、自分に必要な音楽と必要じゃない音楽が明確になった気がしている。
まずは情報量がやたら多い音楽や一方的なメッセージばかりが強調された音楽は、それだけで退いてしまうし、いかにも癒してあげますよといわんばかりのものも、むしろ鬱陶しい。
要するに聴き手に何かを強いるような音楽には、あまり鳴っていてほしくないし、そういうものにリアリティを感じることなどなくなっているのだ。
そうじゃなくて、音楽はただ音楽として、そこにあってほしいと思う。
歌はただ歌として、そこにあってほしいと思う。

ノラ・ジョーンズの歌は、まさにそのように、なにも強いることなく、スッと入ってきた。
静かに入ってきて、そしてジワジワと心に染み入ってきた。
静かだけれど、カラダと心を、とても心地よく躍らせた。
僕は、これが自然な音楽のあり方というか、音楽の力というものなんだろうなと、そんなふうに思ったのだった。〜
(内本順一 ・・・ノラ・ジョーンズ/Come away with meライナーノーツより)


秋の夜に(今は昼だけど・・・)チョコレートとホットの赤ワイン(今はコーヒーだけど)とノラ・ジョーンズと。
ただボケーーーっといろんなことに思いをはせる。
ただそばにそっといてくれるだけでほっとする、たとえばうちの犬や猫とか音楽とか
そんな存在があることが平和だなぁと思うのでありました。


PM 01:28:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]

2005年10月07日  ストーブを・・・
寒い。
今日店のストーブをつけた。なんとなく敗北感。
灯油も値上がりして、今年は厚着してがんばるつもりがぁ・・・
たかだか最高気温20度を下ったくらいでとっても寒い。
これからまた最高気温0度未満の季節がやってくるというのに、
心の準備も体の準備も追いつきませーん!
こんなときがカゼひきやすかったりするので、どうぞ皆さんお体に気をつけて。

さて、今年の春”音楽見本箱”なるコンサートを企画しました。
いろんなジャンルの音楽を千歳で聞くことができるということを
知っていただきたくって開催したコンサートです。
続けていきたいなーと思ってあえて「VOL.1」とつけておりました。
そろそろVOL.2開催しようかてなことで11月12日開催決定いたしました。
どちらかというと勢いに任せて行動した一回目に対し、二回目はいろんなしがらみ(言葉が悪い?)
が出てくるかもと思っておりましたがすでにいろいろ・・・・・・・・・

ただ、心の中のコンセプトは変わらなくって「街にモット音楽を」
そして「千歳のどこかで、いつも、だれかが」音楽を楽しめるように。
今回のサブタイトルに〜anytime anywhere anyone〜とつけて
その願いを自分自身が忘れてしまわないように。

ストーブの前で縮こまっていたいものですが、どんどん北風にむかって行かなくちゃー!

PM 02:11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年10月03日  悪い癖
朝仕事始め。シャッター開けて、掃除終わって、開店準備終わって
パソコン立ち上げてメールチェック。
「なおコラム」と「GT LIVEの掲示板」をチェック。
ふ〜・・・あったかいコーヒー飲んで一気にまったり・・・・

あぁー・・・また今朝もまったりしてしまった・・・。反省。
朝の一杯のコーヒーは至福のひと時だけど、これがだめだなーと感じております。
そう、朝っぱらからまず一服ってどうだよ?と。

昨日テレビでなんだかムチムチした35歳のおねえさんがいっていた。
「男性が私に求めているのは”エロス”なんです!女はかざってナンボです!!」
・・・・ぉぉぉぉおおお〜〜〜〜ぅ・・・すげぇ。私もきめ台詞でそれ使おうかなぁー・・・
ちょーミニスカート、胸のぐぁばっとあいた服を着てばっちり大人化粧(?)して。
彼女の仕事は水商売ではないらしい。
自分が見られていることを意識して努力を惜しまない。
似合っているかどうかは別として、あー・・・まったりしている場合ではないのか?
着飾るとか言う次元じゃなくって、その姿勢。
「女がオンナを売って何が悪い!?」
緊張感、大人のオンナとしての自覚、仕事人としてのプライド。
いやー・・・こんな性別あいまい、年齢不詳な生活はだめだなーと思う
キシダナオコ、♀、3じゅう○さい。

とか書いてる先から、ただ今コーヒー飲みながら「なおコラム」まったり更新中。
ほーっほっほっほ・・・悪い癖はそう簡単にやめられないよ〜。

AM 11:19:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]

2005年10月02日  人間好き
根本的に私は人間好きらしい。人の話を聞くのが好きらしい。
だから人見知りなんだけど、知らない人と会うのは嫌いじゃないみたい。
ところで「人見知り」って私は自分のことを思っているのですが、
わたしは人見知りじゃぁないのかなぁ〜???

ま、それはいいとしてその「人間好き」なはなし。

話を聞くことが小さいときから大好きで、できることならいろんな人の話を聞いてみたいものだと。
以前書いたように文字が苦手なので”ナマ”で話を聞くのがいい。
でもなかなか直接会って話をしたいと思ってもそうそうできることじゃないけど。
で、結構歴史上の人物とかも魅力的な人がたくさんいるけど会って話すのはぜーーーったい無理なんだ・・・。

話を聞いてみたい歴史上の人物の一人は「アドルフ・ヒットラー」
どうしてそんなことになっちゃったの?って聞きたいなぁ。
近くにいた人たちが彼のことを語ったりして、素顔や真実と言われることはあるけど
「実際本当のところは?」直接会って聞いてみたい。
そう、明らかに人の道を外れたような、端から見たらどう考えても「悪行」をおおっぴらにやってのけた人の話は興味がある。
だってみんなそれが”よかれと思ってやっている”と私は思うから。
”いい”と思うことは人それぞれだけど、どうしてそこまでずれちゃうのかなぁーとか。
あれだけ人を支配できた人ならすごーく魅力的な人だったんだろうなーー・・・
などと思いをはせたりしているわけです。

まぁ死んじゃって会えない人はしょうがないとして、今生きている人で会いたいと思う一人は「桑田圭祐」
ちょうどサザンのニューアルバムも数日後に控えて、たびたびメディアでも見る
機会が増えそうですが直接いろいろ聞いてみたいなー。
徹底的に音楽バカなんだろうなーと。
人間らしいような、らしくないような、つかみどころのないような感じ。
つらら〜〜〜ぁっと世の中を泳いで生きているような・・・
うーん興味がある。話したい。わたしも泳ぐように生きて行きたい。

さぁそんな夢見がちな話をしてばかりいてもしょうがない。
また本日もいろいろな人と出会うのでしょう。


AM 11:34:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp