♪ Diary Of Takako ♪
その日、印象に残った出来事、特に音楽を中心に書いていきたいと思ってます〜♪

☆最新記事☆
2011年04月01日  桜 さくら サクラ SAKURA
2010年12月31日  よいお年を
2010年12月31日  GODIEGO再結成後に演ってない曲リスト
2010年12月29日  No lookin' back
2010年11月30日  「Walking On」来年2月9日発売

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

過去記事
2011年04月
2010年12月
2010年11月
2010年08月
2009年09月

カテゴリー
日記(167)
音楽(234)
本(15)
映画(5)
手作り石鹸&コスメ(27)
10/26ゴダイゴLive(6)
ゴダイゴディナーショウ(8)
NHKオヤジバトル(8)
TOKYO新創世紀(8)
GODIEGO(44)
SkoopOnSomebody(2)
英語・TOEIC(3)
海外ドラマ・洋画(0)
KenHirai(2)


プロフィール
名前Takako-hime(貴子姫)
URLhttp://music.geocities.jp/tpo_takako_godiego/
地域熊本
血液型B型
星座射手座
趣味は音楽♪
最近は、音楽鑑賞が中心で、大のライヴ好きです!

3歳頃に、おばあちゃんの真似して三味線で黒田節を弾いたのが、はじめての楽器で、6歳の時に、はじめて作詞作曲をしました。
べース・ピアノ・ギター・ウクレレ等をかじっています。
2004年になって、DTM(コンピューターミュージック)をはじめて、MIDI検定で3級のライセンスを取得しました。
好きな曲の着メロ作ったり、オリジナル曲を作ったりしています。
2005年に、ドラムを習い始めました。

音楽の他に、大のコスメ(化粧品)好きでもあります。
特に、手作り石鹸とルースパウダーフリークです。
石鹸は、モチロン、化粧水も自分で作りますし、洗顔料・リップクリーム・乳液や、ヘアワックスも作ります。
アロマオイル、インドハーブにも詳しいです。

2009年09月11日  女とバッグ
私は、無類のバッグ好きだ。
バッグ売り場に行ったら、いくらでも時間がつぶせる。
とはいえ、一度に使うバッグの数なんて、大体1個。
沢山持ったとしても、2〜3個である。
きっと、興味の無い方、特に男性の方には、
どうしてこんなに色々なバッグを所有しているのか、
きっと理解できないだろうと思う。
結婚して引越しした時に、夫に言われた。
「どうしてこんなにバッグがあるんだ?」
その時、私は、こう言った。
「7年働いて、好きなバッグをボーナスごとに1個買ったら、
こうなったのよ。」
その言い訳に、納得したようだったが、
20個は、きっとあっただろう。
計算があわない(笑)
それから、17年の時が過ぎ、
少なくとも、年数だけのバッグは、増えている。
お気に入りのバッグがあったとしても、
どうしても、目移りし、新作を見るとワクワクする。
どうしてなのかわからない。。。。
出かけるときに、服を決め、バッグを選ぶ時も、
楽しくてワクワクする。
雨の日は、オイルクロス加工の花柄のバッグ。
サッカーの応援の時は、軽いナイロンの斜め掛けのバッグ。
フォーマルな場所には、黒い牛革のハンドバッグ。
近所に買い物に行く時は、雑誌の付録のエコバッグ。
晴れた暑い日には、水筒が縦に入るトートバッグ。
・・・・こんな風である。
それにしても、20個以上なくても、事足りるではないか(^^;)
そこで、思った、
女好きの男の人が目移りするように、
私もバッグに目移りするのだよ(爆)

PM 10:28:32 | [日記]

2009年09月09日  大型化するもの、小型化するもの
私は、本屋で働いている。
毎日毎日、山のように新しい雑誌や書籍が届き、
それと引き換えに、死に筋の物は、返品する。

最近の傾向として、
雑誌の付録の大型化、競争が凄い。
子供が付録目当てにコミック買っていたのは、昔の話で、
今は、付録目当てに大人が雑誌を大人買いする。
ポーチやハンカチ、タオル、バッグは、もちろんの事、
CD、DVD、折りたたみ傘、Tシャツ、キャミソール、ワンピース、
USB、ミニスピーカー・・・などなど。
本の厚さが1センチ無いのに対し、付録の箱が5センチもあったりする。
付録戦争といった感じだ。

それと、真逆をいくように、小型化している書籍がある。
お料理本である。
「おつまみ横丁」という新書版の書籍が大ヒットしてから、
だんだんと、増えてきている。
お料理本というのは、A4サイズ程度の大きさで、
写真が載っているもの、5ミリ程度の厚さの気軽に読めるものと、
2〜3センチ厚さのものが、多かったように思う。
働く女性が増えてるせいなのか、
バッグに入れていて気軽に手にすることができる、
新書版、文庫版の大きさの料理本が人気でよく売れている。
「おとなのねこまんま」という本が、
女性にかぎらず、男性にも人気のようだ。

AM 12:51:59 | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp