バニクレちゃんちパパさんの日記に、よく道を聞かれるという話があった。

そう言う私も実によく道を尋ねられる。前だけを見て必死に歩いているので、見かけても声を掛けるタイミングが…と友人から言われる早足な私なのに不思議で仕方がない。

先日も歩いていたら前方から来た妙なおばさんが近寄って来たので、てっきり道を聞かれるのかと思ったら…おばさんの言葉に一瞬言葉に詰まってしどろもどろになってしまった。

だってぇぇぇ〜いきなり“100円恵んで”なんだもの!! 言葉に詰まりながらも恵むお金はありませんと丁寧に拒絶させて頂きました。昔話だとこれが神様だったりして良い事あるんだろうけどね 笑

帰宅してこの一件を話すと、母上は既に遭遇済みだった。何て言って断ったのか聞き忘れたが、母上のことだからキッパリ拒否して立ち去った事だろう。間違っても私のようなしどろもどろは無かった気がする。

一度ご縁が出来ると拍車が掛かるのか、そのおばさんを見かける事がとても多くなった。もちろん声を掛けられる前にさりげなく逃げちゃいます。もしかして今度お願いされたら恵みなさいという啓示でしょうかね???

でも恵んで欲しいのは貧乏な私の方ですよ〜 だっておばさんは見かける度に、買い物したであろう袋を持っているんだもの!!!

ぼくにはオヤツを恵んで〜 Byらーちん