ここ数日、らーちん・もーちんは意外と聞き分け良く過ごしてくれている。

病人・ケガ人がいるという空気を敏感に察知してくれているのだと信じている。

かまってあげられない日中なども、ビーキャー騒ぐ事無くサークルで大人しくしてくれている。それでも一旦野に放つと悪さは健在だけど、絶好調の時よりは大人しめなので静止し易い。

母上の顔面ヘルペス。目の周辺のプチプチは終息したものの、まだまだ顔は真っ赤で鼻周りにプチプチ健在。

父上の筋肉断裂。こりゃあまあどうでもいいかっ 爆
自己責任だし日柄ものだしね〜  階段は辛そうだけど這いずって移動までの醜態はさらしてないし。

むしろ、ぎっくり腰を悪化させて、動けなくなった時の私の這いずりぶりの方が醜態でした〜
これもぎっくり腰をして、ちょっと痛みがピークを過ぎたらすぐにスキーに行った自業自得の賜物ですが。あの頃は無茶を無茶とも思わないおいらは若かった 爆