度重なる責め苦に、何個のおもちゃたちが消えて行ったやら…

大抵は、おもちゃ内部のプピプピなる肝心なヤツがペカッ・プショッと妙な音になりお役御免。

前に100均で買って来たおもちゃはなかなかに素晴らしいブツで、外側の縫い目がパンクしても内部のブツは壊れなかった!! 折角なのでリサイクルで再生〜

2個あったので、らーちん用・もーちん用と作り、マジックで名前まで書いてあげた。このお手製おもちゃ、歴代の鳴り物の中でもかなり上位に食い込む気に入られよう。これもひとえに弟たちを思う姉の気持ちの綿加減が、絶妙な噛み応えを生んだのだろう。(小さく、自画自賛 爆)

らーちんは興味薄のくせにもーちんだけが遊んでいると気に入らずに、わざわざもーちんのを奪いにかかる。もーちんは、らーちんがおもちゃを持つ事が気に入らないのか、独占欲丸出しで奪いに掛かる。
争奪戦の結果は言うまでもなく、もーちんの圧勝 爆

最後は一人で2個を抱え込み“もこ”改め“楽団ひとり”の独壇場となりリサイタルが延々と続く…