花火だ〜
8月最後の土曜日は海岸にて花火大会がある。

夏祭りと称した河川敷での花火なんぞよりも数段でかい尺の玉が打ち上げられる。もちろん約束済みなので見物に出かけるのだ〜。

花火を見るたびに、花火職人の仕事に興味津々で、職人をしてみたい〜と夢見ていた自分がいるのを思い出す。その気があれば職人になれば〜てな話だが、もし万が一その道に踏み込んだとして…

たぶんすぐに“辞めて下さい”と言われるであろう。何しろ静電気体質ですもの。きっとすぐに静電気爆破を起こすような気がしてならないのだ 爆  一応夏場はさほど乾燥していないので大丈夫だろうが… でもやっぱり花火は観客として堪能するのが一番かな〜

河川敷よりも大きな爆音に、らーちん・もーちんは大慌てしていたそうな。らーちんは分かるけど、結構肝の据わったもーちんまでとはね〜 もーちんには初めての花火シーズンだから仕方なし? でも長い事もーちんとも生活を共にしている気がする。本当はまだ同居1周年にも至っていないのに 笑
妙なおばさん
バニクレちゃんちパパさんの日記に、よく道を聞かれるという話があった。

そう言う私も実によく道を尋ねられる。前だけを見て必死に歩いているので、見かけても声を掛けるタイミングが…と友人から言われる早足な私なのに不思議で仕方がない。

先日も歩いていたら前方から来た妙なおばさんが近寄って来たので、てっきり道を聞かれるのかと思ったら…おばさんの言葉に一瞬言葉に詰まってしどろもどろになってしまった。

だってぇぇぇ〜いきなり“100円恵んで”なんだもの!! 言葉に詰まりながらも恵むお金はありませんと丁寧に拒絶させて頂きました。昔話だとこれが神様だったりして良い事あるんだろうけどね 笑

帰宅してこの一件を話すと、母上は既に遭遇済みだった。何て言って断ったのか聞き忘れたが、母上のことだからキッパリ拒否して立ち去った事だろう。間違っても私のようなしどろもどろは無かった気がする。

一度ご縁が出来ると拍車が掛かるのか、そのおばさんを見かける事がとても多くなった。もちろん声を掛けられる前にさりげなく逃げちゃいます。もしかして今度お願いされたら恵みなさいという啓示でしょうかね???

でも恵んで欲しいのは貧乏な私の方ですよ〜 だっておばさんは見かける度に、買い物したであろう袋を持っているんだもの!!!

ぼくにはオヤツを恵んで〜 Byらーちん
ごちそうさま
ラン氏のママさんhamaさんが信州の香りが届けてくれました。

お蕎麦と美味しいとお薦めのドレッシング。お蕎麦は大好物♪ サラダにはドレッシングは欠かせないし♪ 嬉しいな♪  優しい心遣いで、らー氏・もー氏にも大好物のアキレスを同梱してくれました。

ちゃんと小僧たちのサイズに合わせてくれたアキレスさん。ちゃんと感謝して頂くんだよと伝え渡すと、各々所定の位置で幸せな顔してクッチャクチャしてました。

今回は残念ながら悪党顔の写真が撮れませんでした。hamaたんごめんね〜 笑いをお届けしたかったのにぃぃぃ… カメラが夏バテなのかご機嫌斜めでね 涙  折角のお届け物の写真も撮れずじまいで 涙

こんな風に心遣いをして頂けると、本当にありがたく嬉しいものです。出先でも考えていたくれたんだなと感謝☆
なのに大した心遣いが出来ない私って… ごめんなさいね… 

たくさんの共通点を持つラン氏とらー氏のおかげで、またお会いした事がないのにすごく親近感を(かなり一方的でしょうが)感じています。

本当にありがとうございました。 大好物のアキレスさんを堪能したらー氏が兄弟を代表してお礼を述べます。 
まゆげ犬
本日は、西方にて楽しげなお誕生ぱーちーがあったというに…

残念ながらお仕事で参加出来ず 涙  落ち込む気分を復活させるにはもーちんをイタズラするに限る?!

もーちんにお願いして(←もちろんウソです 強行です 笑)最近TVの映画CMで目にして気になって仕方がなかった、眉毛を描かれたワンちゃんの真似をして頂いた。

さすがにマジックで描くわけにもいかないので、キッチンペーパーで作った眉毛を装着して頂きました。

もーちんにガッチリとハートを鷲掴みされている母上からは、又そんなおバカな事をして!!と非難の声が上がったが、いざ装着したもーちんを見ると吹き出して笑っていたのだ〜 

オヤツをちらつかせてもピシッと静止してくれないもーちん相手の撮影はなかなか難しく、目で見るほどに笑える写真は少なくて心残り…

眉毛の角度を変えてツーパターン ちょっと笑いのおすそ分け
きた〜!!災難リレーのバトン
母上・父上に続き、とうとう災難連鎖の犠牲者が出ました!!

私の予感はビッチリ・バッチリ的中したのだ!! 言霊に違いないな。

今回バトンを受け取ったのは私… これも父上同様自業自得? それとも足元おぼつかないDNAのせい?

7時を回りらーちん・もーちん引き連れてお散歩へ出掛けた。橋に差し掛かった時に粒の大きな雨が落ちて来たので、このまま進むと屋根がないから大変と引き返す事にした。この判断が誤っていたとすぐに思い知るのだが…

パラパラと雨は落ち続けるので、足取りもだんだんと速くなり小走りに。小走りはやめておけばよかった… 元気メーター満タンの小僧たちは、何を勘違いしたのかウキャキャ〜で駆け足体勢。

いつもは小走りしても歩調を合わせてくれるのに、両者の間のライバル心が触発された模様。やばい、止まろうと思った時にもーちんの進路が蛇行して足元にやってきた。このままでは踏んでしまう!!思った瞬間に嫌な予感 私は転ぶ!! そう思った途端に転びました。歩道橋のど真ん中、ざらざらした舗装の道にドーン。

その瞬間、らーちんのリードが手からすり抜けたので焦りは深まってしまった。叫びながらとっさに前方を見ると振り返ってこちらを見ているらーちん。同時に目の端に入っていた人影を思い出して振り返ると女性3人組。らーちんがぁぁぁ・痛い・恥ずかしい 最優先の感情はもちろん、らーちんがぁぁぁ です。

気を取り直して近寄るとスタタタタ〜 おいおい 滝汗  少し行っては振り返りまたスタタタタ〜  その子を捕まえて!!と言おうにも前方に人影無し。幸いだったのは真っ直ぐ家に向かって立ち止まりながら小走りしてくれた事・信号のない横断歩道に車が来なかった事でした。大汗ながしながら微妙な間合いを保つ事150〜200m あと少しで家という時に立ち止まったままでいてくれたのでリードを取り戻す事が出来ました。

家に辿り着いて痛みを感じる場所を見たら、恐ろしいまでにえぐれた擦過傷と青タンの山。運悪く消毒薬が切れていた。誰もいないからどうしようもなく、とりあえず止血だけして薬局へ。入れ違いに帰宅していた父上・母上は慌てていた。そりゃあそうでしょう…ウンさん入りのお散歩バッグと血だらけの紙が投げ出されていたんだから 苦笑

その後、地獄の様な痛みに悲鳴を上げながら消毒。 それでも、らーちん・もーちんに何の被害も及ばなかった事に安堵しています。

災難の連鎖反応はもうここでストップして欲しいものです。
暑さで食欲減退
毎日よく汗をかくものだ。

夏場の酷暑になるとどうしても食欲が減退する。と言ってもこれは人間の話で、食欲王子らーちん・もーちんには無縁の話。

良くないと知りつつも朝ご飯を食べず、その上昼食までいい加減になってしまうとこれもまた考え物… なので毎年、秋口になるとそのツケが回ってくるのだ 苦笑

今日、誘われて夕涼みがてら川沿いにある、お洒落なカフェへ行きました。なかなか開放的で良い感じなのだが、ドッグカフェでないのが残念。

冷たいアイスの乗った温かいアップルパイ 正反対の組み合わせだが、とても美味しくてお薦めだよと言うので賞味。出先から直行したので、写真を撮れなかったけど、本当にボリュームがあり美味しかったです♪

かなり満腹中枢を刺激されてしまったので、当然本日の夕飯もいい加減になってしまった 苦笑  なのに夜な夜なポテトチップを食べてしまう。特にお腹が減って仕方がないという状態ではないのに… 単に目が欲しくなるのだが、こりゃあ一種の病気だな 爆

暑さでうだうだしているけど、らーちん・もーちんは食欲旺盛で元気印!!
屋根付き一戸建て
もーちんのサークルに屋根が付いた。

日々の努力が実り、垂直飛びの高さの記録更新 今では完全に体が柵の縁よりも上!!高さ120cmのサークルのはずなのに 汗

着地時に衝撃もあるだろうしジャンプを続けていたら、足腰に負担が掛かるのは明白で心配。結局、屋根を付ける事にした。

全部に屋根が付くと息苦しいし、なぜだかジャンプポイントは入り口付近と決まっているので幅約30cm程度。まあ早い話が屋根というよりは蓋だけど 笑

最初はいつもの調子で飛んで頭をぶつけていた。が、さすがに学習能力を持ち合わせているので、すぐにジャンプは踏み止まる様になりました。

らーちんの部屋は青空天井。もーちんみたいにジャンプしなくても簡単に縁に手が届くから 爆

↑ 最高到達点に達したもー選手の記録更新時の写真です!!
シルエット
また何かをイタズラしたくなって、久しぶりにらーちん・もーちんのシルエットを起こしてみた。

どの写真にしようかな〜と一人ちまちま作業。出来上がったシルエットを見て、“う〜ん、らーちん・もーちんて分かるな〜”とポツリ

でも、自分で作成しているのだから分かって当然か?!ちなみに家族に聞いてみると、しっかりどちらがどちらか分かった。ということは〜

各オーナーさんは、シルエットだけで愛する我が子が分かるものかな?だったらシルエットクイズが出来る? オーナーさんにお写真を提供してもらってそれから …ん?待てよ オーナーさんの提供写真なら分かって当然かも?! だったらオフ会で撮った写真を活用して

なんて一人でぶつくさ考えていた。 企画立案は出来たとしても、実行に移すのが大変か… これまた机上の空論で終わりだな 笑

ちなみに、↑のシルエットはどちらの小僧でしょうか〜
最近は
ここ数日、らーちん・もーちんは意外と聞き分け良く過ごしてくれている。

病人・ケガ人がいるという空気を敏感に察知してくれているのだと信じている。

かまってあげられない日中なども、ビーキャー騒ぐ事無くサークルで大人しくしてくれている。それでも一旦野に放つと悪さは健在だけど、絶好調の時よりは大人しめなので静止し易い。

母上の顔面ヘルペス。目の周辺のプチプチは終息したものの、まだまだ顔は真っ赤で鼻周りにプチプチ健在。

父上の筋肉断裂。こりゃあまあどうでもいいかっ 爆
自己責任だし日柄ものだしね〜  階段は辛そうだけど這いずって移動までの醜態はさらしてないし。

むしろ、ぎっくり腰を悪化させて、動けなくなった時の私の這いずりぶりの方が醜態でした〜
これもぎっくり腰をして、ちょっと痛みがピークを過ぎたらすぐにスキーに行った自業自得の賜物ですが。あの頃は無茶を無茶とも思わないおいらは若かった 爆  
日記を書いてUPしたら、すくすくに繋がらずなくなって消えた〜

ショック… また明日書き直そう… 凹
父上も 災難!!
今度は、父上に災いが降りかかった。

と言っても、己の粗相が招いた結果なので仕方ないのだが…

早朝、座敷に上がる上り框につまづいて大転倒をしたそうな。その瞬間、抱いていたもーちんが飛ばされたらしい。

“もーちゃんを抱っこしていて転んだ”と聞いた時に、まずは父上でなくもーちんの心配をしてしまった。何事もなかったもーちんは、けろろ〜んとした表情でサークル内に 苦笑  

只今、苦痛に歪んでいる母上の目撃談によると、もーちんはあっけに取られていたらしいが、父上の足は見る間に腫れ上がったと。

状況が分からないので心配ではあったが、何とか歩けると言うし骨折はしていないだろうと思いつつ仕事へ。帰宅するまで気が気ではなかった。だったら途中で確認電話でも入れればいいのにね 笑

帰宅して様子を聞くと、足の筋肉断裂という重症でした。 重症にも関わらず、母上のヘルペス程に心配してもらえない父上って一体…   父上の毎日の楽しみのお散歩は当分お預け。当分は妹さんと協力して毎日お散歩をこなさなくては。

母上→父上と繋がった災難。次の犠牲者は誰かしら?

らーちんもその瞬間は、けろろ〜んとした表情であっけに取られていたんだろうな
母上 災難!!
とにかく我が家は暑い!!

構造上の理由かはたまた骨組みが鉄骨のせいかは知らないが、冬は寒くて夏は暑い。特にここ数日は外の方が一瞬涼しく感じるのだから相当なものだと思う。

暑い→エアコン→頭痛→暑い… ネガティブスパイラルもいいところ 涙  幸いにも夜間は過ごしやすいと感じられるので瀕死ながら生命を保っております 笑

暑さのせいか何かは知らないが、母上に病魔のお見舞いが!! 鼻の横が痛い!!これはめんちょだ何のだ騒ぐ。姿はないけど痛みはある。そんな吹き出物もある!!と一笑に付していたのだが、あまりにも騒ぐのでふと顔を見ると…

あれれ!!下瞼に何かが出来ている。様子を見るつもりが徐々にじわじわと顔面に広がるあまりの痛みに耐えかねて救急当番医へ。結果はヘルペス。ありゃりゃ…

もーちんの深夜徘徊で睡眠を妨げられたせいだと、もーちんに賠償請求をしておりました 苦笑

思い起こせば数日前から右側の頬・目の周辺がじりじりしてたのを、日焼けだと勘違いしていたらしい。片側だけの日焼けなんておかしいと思いなさいよ!!自分で悪化させたんじゃん!!
楽団ひとり
度重なる責め苦に、何個のおもちゃたちが消えて行ったやら…

大抵は、おもちゃ内部のプピプピなる肝心なヤツがペカッ・プショッと妙な音になりお役御免。

前に100均で買って来たおもちゃはなかなかに素晴らしいブツで、外側の縫い目がパンクしても内部のブツは壊れなかった!! 折角なのでリサイクルで再生〜

2個あったので、らーちん用・もーちん用と作り、マジックで名前まで書いてあげた。このお手製おもちゃ、歴代の鳴り物の中でもかなり上位に食い込む気に入られよう。これもひとえに弟たちを思う姉の気持ちの綿加減が、絶妙な噛み応えを生んだのだろう。(小さく、自画自賛 爆)

らーちんは興味薄のくせにもーちんだけが遊んでいると気に入らずに、わざわざもーちんのを奪いにかかる。もーちんは、らーちんがおもちゃを持つ事が気に入らないのか、独占欲丸出しで奪いに掛かる。
争奪戦の結果は言うまでもなく、もーちんの圧勝 爆

最後は一人で2個を抱え込み“もこ”改め“楽団ひとり”の独壇場となりリサイタルが延々と続く…
2006 - August
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
最新記事
過去記事
リンク