珍事勃発

なにやら様子が怪しいので覗いて見ると… あっ… やってしまわれたのですね…

らーちんも立派な青年期に突入している訳だし、本能を叱っても仕方なし。初めて見た時の衝撃ほどの衝撃はないけど、
それでも元に戻るまでは、気の毒と言ったらいいのか…

青年期は恥じらいも生まれるものなのでしょうか?
又は叱られてしまうと必死に隠し立てしているのではないかと思える姿。
珍事を隠蔽するかの如く、背を向けてその時が来るのをじっと待っているその後ろ姿にいじらしさを感じてしまう 笑

終息して安心したのか、大好きな隅っこで丸くなり始める。 じきに“ぐごっ”といびき(?)一発
苦しくないの? まあどうぞお好きな体勢でお休み下さいな