一撃必中
らーちんの仕事は実にあざやかである。

まあ仕事=イタズラ(含 盗み食い)なのだが…
今晩はテーブルの上に置かれていたリンゴがターゲット。

いつもは“モグラ叩き”状態で色々な場所からポコポコと顔を出し、ここぞという場所から器用な手さばきでブツを引き寄せるのだが、今晩は一味違った方法で触手を伸ばしてきた。

オフ会ではテーブル番長の度量を余すことなく発揮。 これはありふれた風景になりつつあるのだが…
気を抜いたら家でもやってくれた。 以前一度だけあったけどその後はなかったのにな…

その時は私はテーブルにいたし、テーブル上での確保はすでに手馴れたものになっているので素早く確保。
  ↑ 食後はふとんでまったり〜

次は、隙をうかがっていたみたいにテーブルに背を向けていた時に行動に出た!

ふと足音が消えたので嫌な予感で振り返ると… リンゴを口に含んだ瞬間だった。
足場はないからダイレクトに飛んだな!!
こうなるともう打つ手なし。ヒラリと飛び降り追いついた時には一切れ丸呑み状態。
鵜飼の鵜も真っ青〜 苦笑  首に紐をくくっとこうかな

リンゴ丸ごと一切れは消化が良いのか? いいや、きっと吐くな。 吐くに違いない。 
手探りで“ばったもん”
巷で話題(?)のロンパース

らーちんにも買ってあげたいよぉぉぉ〜 でもねお財布が風邪を引きそうだから“ばったもん”で我慢してね 笑

とりあえず手探り状態で作り始めてみた。度重なる試着にらーちんにはうんざりされまくり…
ミシン相手に格闘すること数時間、なんとかそれなりに形になった。

でも着せてみると改善しなくてはならない所ばかりが目に付く。上半身は良しとしても下半身部分は着心地悪そだわ〜  過ぎたるは及ばざるが如しで、生地を切り過ぎ状態の内股はしゃがむとまくれて脱げそうになってしまう始末。

家庭科が大嫌いだった私にしたら立派なもんさと苦し紛れの自画自賛 苦笑
涼しい秋となり頭から布団にズッポリくるまっている事が多くなってきたから早く改善し完成形に近づけたいのだが、果たして違和感なく着られるものとなるかどうかは…
そのご 東照宮は〜
2日目一番に行ったのは東照宮。

驚いたのは日光東照宮は犬連れOKということ!!
数箇所立ち入りNGの場所はあったけど、さすが犬公方が存在した徳川家 懐深いの〜♪ 

ここでも修学旅行生がわんさか。注目浴びまくりのらーちんはお疲れ顔。
生徒のみならず、先生までが声を掛けてくる。

      ↑ 僕も奥の院まで歩いたよ

“初めて見ました!! 珍しいだろう〜 なかなか会えないぞ!!みんな見てごらん”はしゃいで生徒に話し始める始末 苦笑  聞きたくもない陰口を耳にするよりはいいけど 笑
それにしても先生はしゃぎすぎですよ〜
狂犬らーちん
雨が振る前にお散歩〜 のつもりが途中で通り雨にやられた…
しかも屋根がまったくない場所で振り出した。

電話かけようにも携帯不携帯。こんな時の為にとらーちんの首輪に小銭入れをぶら下げていたのだが、少し前にお散歩バッグに吊るし変えたのに…

よりにもよって数日前におとっちゃんが取り外してたんだっけ… 涙  意味ないぢゃん!!!

     ↑ 目薬さされて暴れてグッタリ

幸いにも少し先の橋の下で帰ったら絶対に文句を言うのだと固く心に誓いながら雨の通り過ぎるのを待つ。しばらくして見るとらーちんの右目に2粒ほど雑草の穂みたいなのが入っている。

目の前に草が!! 目頭部分だったので何とか取り出しに成功。帰ったら目薬だな… 気が重い…

案の定帰宅後の目薬タイムで狂犬と化したらーちん…
初めてその狂犬ぶりを目の当たりにしたおとっちゃんの驚き。

“雨宿りを余儀なくされて、こんな事態になったのは誰のたいだと思っているのさぁぁぁ”
理不尽な内容の声が響くのであった 笑
そのよん 日光だ〜
動物王国の後に日光へ向かう。

ずーっと前に行った時はあいにくの天候で見られなかった華厳の滝を見る!!
これは今回の大きなテーマでした。

車内の地獄絵図とは無関係の今回だったので、無駄な体力消耗はないので、運転もさしたる苦にならない。
主役であるらーちんはコテッと横になってるし♪

    ↑ 僕は駐車場脇から見たの〜 

日光に入りいろは坂に入った時。らーちんはそれまでと違う揺れに何かを感じたのか突如目を覚まし立ち上がる。どんなに促しても立ったまま前を見ており危ないので抱っこと相成った。

華厳の滝はといえば〜 おお〜♪エレベーターが動いている!! 見られるのね♪ そんな風に喜んでいた時にふとらーちんに目をやると口元に泡!! もしかして初の車酔いか?! 

元気は充分そうだしエレベーターはワンコNGの為らーちんはお供の者と残る事に。
小学生の修学旅行団体とかち合い騒々しい中、念願の景色を堪能出来ました。
茹で落花生〜
生の落花生のおすそ分けを頂いたので、茹で落花生に変身〜させた。

落花生を茹でて食べるのは別に珍しい事ではないのだが、どうもこの食し方はかなり限られた地域の話らしい。

実際に民宿を営む友人は、お客さんの“すいません…落花生が湿気ています”という言葉を耳にしているというのだから間違いないだろう。

こんなに美味しいのにもったいない事だと、茹で落花生を食べるたびに思い出す。

で〜 しみじみ眺めていて思った。 らーちんに似ている!!
これまた独り言の世界なので自分ひとりのツボネタではあるけど 爆


      ↑ 我が家の落花生
そのさん 那須どうぶつ王国
那須サファリから次は? りんどう湖へ行くもプチ遊園地みたいなので那須どうぶつ王国へ行ってみることにした。

もちろんワン連れOK! DRも有り!
ランで出会ったダックス・コーギーとも仲良く出来ました◎
リードを離すと走り出す!! テーブル以外のランではしゃぐ姿はやっぱりいい!!

風は気持ちよいが日差しはきついので、さすがに舌を出しているので途中からほっかむり!!
おつむと体をクールダウンさせながら遊んでいた。

ペットOKエリアと別にあるペット不可のエリアへ行く為にらーちんは一時預かりへ行くのだが…
空気を察してか切ない鼻声を出す。ゲージには入ってくれないし、大好きなアキレスにも目をくれない…
でも決まりですから我慢してね。 ピーピー声に後ろ髪引かれまくってしまった。

園内でワンたちのショーなどを見たりで1時間ほど楽しい時間を過ごした後にお迎えへ。
なんと結局アキレスを食べていない!! きっとかなり不安で落ち着かなかったんだろうな。

もう次の場所へ移動するからこことはさよならだよ〜
ゲージから出て来た時のはしゃぎっぷりは言うまでもなく…
目が語る
らーちんは疲れからだろう良く寝ている。

声を掛けても目がボーッとしている。走らずともらーちんなりに楽しくて嬉しくてで昨日の疲れが出たんだろうな。

それでもご飯の時間近くなるとソワソワしている。さすが食べ物大好き!!
ご飯を期待しているのは目が物語っている。

目が物語っているといえば… 昨日も感じた事があった。 
お手洗いなどでサイトを一旦離れる時にピッタリとくっついて来るらーちん。その時は、困った顔で不安を感じている目をしている。

ずっと入り口で待っていてくれたらしく、サイトに戻ると必ずそこにらーちんの姿があった。
家の中での奔放ぶりからは想像出来ないが、“あっ☆”という目をしてくれる。
そんな姿を見ると思いっきりギュッと抱きしめてあげたい気持ちになる。

頼りない私だけど少しは信頼してくれているのかな?
そういえば背後から抱いても抵抗しなくなったな。
お誘い受けて秋の一日
お誘い頂いた朝霧でのイタグレ祭り〜
屋台ありカフェあり仮装・ファッションコンテストありという充実ぶり!! 担当して下さった皆様、お疲れ様でした。

らーちんはといえば、テーブル番長ぶりは健在
口をこじ開け格闘の末に未遂に終わった盗み食い数件
成功したメロンの盗み食い一件
恥ずかしいよぉぉぉ 涙
救いは盗み食い騒動を勃発させたのはらーちんだけではなかった事かな 爆

仮装・ファッション大会も楽しかった。 みかりんご家の仮装はピカ☆いちさんでさすが〜
みんなみんな本当に可愛かった。 
らーちんは本当は女装させたかった… メイドカフェ風とか赤ずきんちゃん風とか


↑ やっぱお坊ちゃまスタイルよりほっかむり!!

実際はそこまで作れなかった… 結局お坊ちゃま仕様に仕立てたのだが、テーブルランでのはしゃぎを考えると偽お坊ちゃま〜 爆
何枚か記念に写真をと撮ったが、暑さでへたり気味なのか偽お坊ちゃまのまともな写真はなく…

秋の晴天の一日はあれよあれよと時間が過ぎて行った。
日差しを甘く見すぎて無防備だった首元は真っ赤
顔も体もピリピリしてるぅぅぅ
私も一緒にほっかむりをすべきだった!!

被ってみたら…
あおくんやれっくんがフルーツのネットを被っていた写真は可愛かった。

らーちんにも試す機会が訪れた〜 と勇んで挑戦したものの…
その姿は頭部裂傷の患者さん。 首に付けたらムチ打ち患者さん。

可愛いと言うよりも… またしてもお笑い犬ぢゃん
ネットが小さい? いやいや桃のネットだから違うよな〜

帽子を被ればキャディーさん。(これは帽子そのものに問題が有りなので仕方なし) 
ほっかむりもネット被ればお笑い路線。

らーちんがビシッとバシッと決まる被り物はないんだろうかね…
そのに  那須のさふぁりぱーく  
出発は早朝4時過ぎ 夏場の夜明けよりも遅くなってきたのかまだ暗い。

いつもと違った空気を察知してらーちんは落ち着かずピーピー騒ぎっぱなし… 
おいてきぼりにはしません。ご近所迷惑になりますからお静かに… 汗

休憩しながらのんびりでも那須に着いたのは9時前  まずはサファリパークへ
園内に入ったとたんに吠える吠える!! 怖さの現われだったのかな?

さすがに猛獣は鉄柵があったけど、草食獣は鉄柵なし。
これは良いやら悪いやらで… マイカーでも餌あげOK故に、期待して草食獣集団で集まる 汗
らーちんが一緒なので窓を開けない方がと餌は買いませ〜ん。

観光客は直接餌をあげられて楽しさを得る
餌は有料なので、園は餌代節約になる (びびたるものだろうが)
動物は上手く振舞えば餌を食べられる 

一石何丁?合理的と言えるようなシステムの様な気がするのは私だけ?

らーちんの興奮を考慮して係員に窓を開けない様に注意されていたので園の財政に協力はしなかったのだが、
この判断は実に微妙だったかも… 餌目当てに寄って来た奴らめ!! ドアミラーを!!! 

ここでは歯でかじられた跡を右ドアミラーにお土産として頂いた 苦笑
お出掛け そのいち
那須〜日光そして軽井沢  遅い夏休みは過ぎ去った〜

今回の旅行で大活躍したのが、ドライブキャリーボックス
クレートはどんなに根気良く努力を重ねても入ってくれないらーちん…

車内で暴れる地獄絵図を覚悟したものの、寸前に見つけたキャリーボックスに一縷の望みを掛け購入。
広げてドライブボックス・たたんでキャリーバッグというナイスなヤツ〜

自分のスペースが確保されているのは良い事らしく、大人しく中でくつろいでくれたおかげで修羅場なし!!
無駄な出費にならない幸せも合わせて言うことなし♪

       ↑ ぼくの座席♪

車に乗る度に不思議に思う。
らーちんは目的地に到着するとパキッと目を覚ます。同じ車の停車でも信号ストップでは目覚めない。
そんな鋭い勘?にはいつも驚かされる。

旅行記はポツポツBlogにしていこうと思う。
なんてこった…
ぽつぽつ歩く散歩道

本日らーちんはとんでもない事をしてくれた。 私はいわば二次災害の被害者である…

突然、道端のビニール袋を咥えたので“出しなさい”と言っても出しゃあしねえ!! 
こうなりゃ武力行使とビニールを掴んだはいいが、そのビニール袋が問題!!

嫌な感触とニオイにたじろいだ。 確証はないけれど間違いなく誰かが落とした?捨てた? ワンちゃんのウンさん。
しかも確実に数日は経過しているであろうと推察される代物 

口を開かせ取り出したけど、手にはキッチリと残臭。 
これまたよせばいいのに何度も嗅いでしまう… その度に…
らーちんの口周りからもほんわか漂い…

自分のウンさんを包んだ紙はそっぽ向くくせに、何を好き好んでご乱心行為に及んだやら。
帰宅後はらーちんの口・己の手と徹底洗浄に励む羽目に陥りました。


さてさて、遅い夏休みがやって来た!! 旅行荷物は最小限と支度OK
なのにらーちんの荷物はがさばることこの上なし!!
車での移動である事がせめてもの救いです。

いってきま〜す♪
楽しかった
金曜日、舞台のビデオ撮影を頼まれた。

前日、焼津から帰宅した深夜の突然のお願いでした。

姐御の様な存在の知人からのお願いは絶対である 
ダメでも文句をたれるなと約束を取りつけ出向いてやったさ 爆

その知人の娘さんが所属する劇団
南青山Show-Biz.com 
その知人の知人である歌手
都丸 悠さん

二日続けて演劇というものを鑑賞するチャンスを得たのだが、ビデオが気になって集中できず…
歌はすごく骨太な歌で好きな感じ。 でもこれまた集中できず… 
共にメジャーではないけれど是非また目に耳にしたいと思った。
どうだか不安なビデオを受け渡しさっさと帰ろうと思ったら“次は打ち上げ”とこれまた召集。

どんな形であれ舞台に立つ人たちと接する機会を得た。
ジャンルを超えた話で盛り上がり瞬く間に時間は過ぎる。
眠気忘れて深夜まで話した笑った。

また機会があったら今度は鑑賞だけに行きたいな〜
THE WINDS OF GOD
今晩は焼津まで出向いて舞台鑑賞

思い起こせば演劇の舞台なんぞは小学生の時に劇団○○というものしか見た事がなく…

念願叶って生で見ることが出来た舞台だけに、公演を知りチケットを手にした時は本当に嬉しかった。
原作の本は何度も何度も読んだ。 その度に考えさせられた。 

なぜか分からないけど、昔から特攻隊というものに興味があった。 興味と言ったら語弊があるかな? 
数年前には鹿児島の知覧へも行った。 色々な思いが交錯して目が腫れるほど泣いた。
 
考えた所で実感の沸かない戦時中の事を、どう受け止めたらいいのか分からないのが本音ではあるけれど…
でもこの話に触れる度に強く思えるのは、“今ある幸せ”いう事。

見終わっても重苦しい気分にはならなかったけど、帰宅した時に熱烈にお帰り〜と
はしゃいでくれるらーちんに今ある幸せを実感させてもらえた。
計測結果
ビロロ〜ンと寝ているらーちんを見て、ついついメジャーを取り出した。

丸まっていると分からないけど、伸びていると良く分かるその長さ。
なんとなんと1m6cm!! もっときっちり体が伸びていたらもっと長身なんだろうな。

出来る事なら標準的身長の私に分けて欲しい… “わたしゃもすこし背が欲しい〜♪” 

遅い夏休みを計画中の今、予約を取るのに伝える“ワンコ一匹・小型犬です。”
果たして実際のらーちんを見たら、小型犬で通用するのか? そんな心配も…
中型犬じゃないの〜? らーちんを見た人の顔にそんな文字が浮かびません様に 笑

一応小型犬の部類ですので、そんな目で見な〜いで♪ 爆  
辛抱の時間
食事前に“待〜て”は、らーちんにとったら辛抱の時間。

“なぜ待つ?理不尽な〜”そんな風に感じているかな? 

それはね、時折君が垂らすよだれさんを見たいから〜
なんていったら怒られそう 笑  多い時は何垂れも垂らす。

でも立派に進歩してるよね。
時々惑わされるけど“待〜て”と言った人が“いいよ〜”と言うまで待てるものね☆ 

食事が目の前に置かれているのにおあずけされるのは、特に食いしん坊らーちんにしてみたらこの上ない試練かも知れないね。
“待つ”という事は他の方法で教えた方がいいのかな?と思ったりする。

超空腹の時は待てずにフライングでガブリついてるけど… 笑

食事前の“待て” 必要なのか不要なのか、ちょっと悩みながらも… 本日も“待〜て”
恥ずかしい?
珍事勃発

なにやら様子が怪しいので覗いて見ると… あっ… やってしまわれたのですね…

らーちんも立派な青年期に突入している訳だし、本能を叱っても仕方なし。初めて見た時の衝撃ほどの衝撃はないけど、
それでも元に戻るまでは、気の毒と言ったらいいのか…

青年期は恥じらいも生まれるものなのでしょうか?
又は叱られてしまうと必死に隠し立てしているのではないかと思える姿。
珍事を隠蔽するかの如く、背を向けてその時が来るのをじっと待っているその後ろ姿にいじらしさを感じてしまう 笑

終息して安心したのか、大好きな隅っこで丸くなり始める。 じきに“ぐごっ”といびき(?)一発
苦しくないの? まあどうぞお好きな体勢でお休み下さいな
今頃何を言いますか…
昨日らーちん連れて病院へ。 
修理に出そうとすると不具合が姿を潜める家電品みたいに、診察台に乗ったらーちんの背中にはブツブツが見当たらず 笑

必死で探して“ここです”と伝えると“教科書通りの湿疹ですよ”だと 笑

この季節は湿気やお天気などの影響が皮膚に出てしまう子が多いらしい。
IGだから短毛だからというものではなく、この季節は特に一番多い疾患だそうです。 やっぱり聞いておけば安心だ。

季節の影響は水槽にも発生した。愛すべき巨大金魚悪魔ちんの体にも斑点が…
水換えして大量のあら塩と少量のお薬を投入して薬浴開始と相成った。

そんな様子を見ていた父上がすっとんきょうな発言。
“こいつは獅子頭みたいな頭した奴だな〜” と自信たっぷりに…

ここで返す言葉に手ぬるさは微塵もなく、きっちりとはっきりと強く
“これはオランダ獅子頭です!!今頃何をおっしゃいますか!!”

プクプクと膨れて成長している頭頂部を“大きくなったね〜♪”と喜んでいた私を
ご覧になった記憶があるでしょうに…

らーちんや悪魔くんと同様に、記憶に斑点いやいや斑な部分がございますのでしょうか?
2005 - September
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
過去記事
リンク