久しぶりのブログになります。
何を書こうか迷いましたが私の打撃理論について書いてみます。

わが母校の埼玉県立大宮高校の野球部員に見てもらえるば幸甚です。

まず、ヒットとは何でしょう。野手に取られないところにボールが落ちるからヒットになります。ホームランも人のいないフェンスの向こう側ですからヒットになるわけです。

私の打撃論は大きく分けて3点です。

1、スイングスピードの速さ。

2、投球を読む力。

3、打撃フォーム。

まず、スイングスピードは勿論振込みによって得られるものですが、闇雲に振り込んでもダメです。
大切なことは打撃練習で自分が一番良いあたりのするミートポイント。人によっては前、後ろと異なることでしょう。

そのミートポイントに向かってどうすれば一番早くバットが出るのかという事を考えながらスイングをしスイングスピードを増すことです。

次に投球を読む力ですが、試合中でも投手の投球、球種配分をよく見て頭を働かせることです。

ノーアウトの先頭打者への配球、1塁にランナーがいる場合、得点圏にランナーがいる場合、接戦の場合、その投手の決め球その他色々考えられるでしょう。

よく監督から変化球を捨てろとか、ストレートを捨てろ、高めに手をだすな、低めの変化球を捨てろとか言われると思います。

良い投手に向かってバッターボックスに入ったときそんな事が出来ますか。まず無理でしょう。
仮にそんな事が可能であれば10割打者です。
あのイチローですら4割も打てないわけです。

ですから投球、配球を読む力が重要なのです。野球は馬鹿では出来ません。考える力が技術を向上させるのです。
野球は確立です。自分の得意なボール、コースを読むことが求められます。これで確率を上げるのです。

読みが外れて追い込まれたときどうするのか。
ストライクゾーンを広げて振るだけです。このとき重要なことが普段の振込みによって得られたスイングスピードが物を言うわけです。詰まっても間に落ちるテキサスヒットです。

よく良い投手に向かってその投手の決め球を狙えといわれます。
これはヒットを打つことが目的ではなく、その投手がその球を狙われていると感じさせる心理戦なのです。
これも2打席で十分です。
甲子園の1流投手を見ていてもウイニングボールは大体外に流れるスライダーです。

これは打てません。何故打てないのか。ボールになってバットが届かないからです。
ですから配球を読むことが重要なのです。ウイニングボールが来る前に甘いボールを狙うことです。

1流投手でも毎球最高なボールは投げられません。145キロのストレートでも1試合のうち多くても7〜10球がせいぜいでしょう。あとの100球は甘い球なのです。
それでも打てないのは甘い球を見逃すからです。
狙い球は積極的に打つべきです。
自分に自信を持って投手に向かっていきましょう。

3番目の打撃フォームです。
これは特に気をつけて普段の練習に取り組むべきです。
グリップを持ちテークバックにはいります。
テークバックからバットを振り出すわけですが、振り出すときにグリップの位置が上下することが最悪なことです。

テークバックしたグリップからミートポイントまで直線的に、まっすぐにミートポイントに向かわなければ空振り、詰まる、凡フライに直結するわけです。
特に変化球にはまず対応できません。

テークバックのグリップの位置から直線的にミートポイントにバットを振りぬくこと。これが打撃の奥義です。

思いつくままに書いてみました。是非参考にして頑張ってください。
大宮高校の名門復活、先輩、全国の大宮高校ファンが待っています。
甲子園でお会いいたしましょう。