ジブリの名作って言われる映画ですねぇ〜♪でも、この映画の製作ってジブリじゃないんですよね・・・この映画作られたときには、スタジオジブリなかったはず・・・でも、宮崎駿の作品の中でトップクラスの完成度を持っているって事実は、覆せないでしょう〜♪

実は、完全に最後から最後までちゃんと観たのは初めてです!(汗)何度もテレビで放送されてるので、部分的に観てるので、いちおう全部ストーリーは知ってますが・・・僕の中では、ナウシカというとあの人間の歌とは言えない安○成○の歌が一番に連想され、映画をうんぬんいう前にあの呪いの歌が思い出されて、とても観る気になれませんでした・・・彼女から「DVDではあの歌は流れないよ〜♪」って聞き、ようやく最初から最後まで1度に観ました!

凄い・・・ これだけ完成度の高い映画だとは思わなかったです。自然と人間の関わり、人間同士の醜い争い・・・かなりストレートにメッセージが伝わってきますね・・・

ナウシカ、イイね〜♪でも、完全無欠のいい娘過ぎるかな?個人的にはトルメキアのクシャナがお気に入り〜♪完全なヒールかと思ってたけど、ヒールに徹する訳じゃないのがエエ感じ。あの身体ゆえの苦悩もあるんでしょうね・・・それと、クシャナの参謀のオッサン、彼もエエ味だしてまんなぁ〜♪クシャナが行方不明になった瞬間、燃え出した野心の炎、クシャナが帰ってきたらすっ!って鎮火させてしまって、「お帰りなさいませ〜♪」ですから!(笑)サラリーマンの世渡りの見本です!!

凄い映画でした!ちゃんと最初から最後まで観てよかった!(笑)いろんな事が伝わってくるしねぇ・・・20年以上前の映画ですよね?コレと「ゲド戦記」比べたらアカンのかな・・・(汗)吾朗、頑張らないとアカンでぇ!って次無いかも知れないけど・・・

呪いの歌から開放された〜♪(爆)

人気Blogランキング
    ↑
こっちでも「観たよ〜ん〜」爆裂更新中〜♪
ランキング2位です!