「シン・シティ」を観てきました〜♪

っと、いつもは荒筋を書くんですが、この映画荒筋を書くのはちょっと不可能ですか!?3つエピソードが描かれているのですが、文字にするのはちょっと難しい・・・

出演者が凄い!「ダイ・ハード」のブルース・ウィルス、「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」のミッキー・ローク、「キング・アーサー」のクライヴ・オーウェン、「ダーク・エンジェル」のジェシカ・アルバ、「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ、「ロード・オブ・ザ・リング」のイライジャ・ウッド、「ブラック・ホーク・ダウン」のジョシュ・ハートネット、「グリーマイル」のマイケル・クラーク・ダンカン・・・主な人だけでコレだけです。

ブルース・ウィルスが、久しぶりに存在感の在る演技してたかな?けっこう好きな俳優さんなので、早く「ダイ・ハード」の呪縛から解き放たれて欲しい〜♪原型をとどめてない!って言っても過言じゃないくらいの特殊メイクを施したミッキー・ローク、もう過去の俳優さんだと思ってましたが、最近復活しつつあるみたいですね。昔は、セクシー俳優さんだったんだけど、憶えてる人いる?

そんな文字通りスターが輝く中、僕の注目はデヴォン・アオキですねぇ〜♪「ワイルド・スピード×2」にも出演してましたがイマイチでした。しかし、本作では存在感抜群でした!オールドタウンの美しき殺し屋なんですが、無言で日本刀を振り、手裏剣を投げます。たぶん、台詞が一言も無いのと思うのですが、この無言の殺し屋ってのが凄く神秘的で良かったです。

もう一人、裏切り者ベッキーを演じた、アレクシス・ブレデル!可愛いでぇすぅ〜♪モノクロの画面のなか、青く輝く彼女の瞳は、神秘的でしたねぇ!僕は、この映画で初めて観たんですが、ちょっと注目の女優さんかも!?

残酷なシーンが多いです、白黒の映像だった事、殺戮シーンの返り血の色も漫画の中の血の色のようだったり、赤い色じゃなかったりして、それほど残酷なイメージ受けませんでした。でも、冷静に振り返ると、そのほとんどが何らかの暴力シーンだった気が・・・R-15指定も仕方ないのか?

どうなんでしょうか?アメコミの世界が、そのままスクリーン上で展開するような映画です。好みが分かれるかもしれませんね、僕はあまり違和感無く見る事ができたと思います。3部作の1作目らしいですが、次作が公開されてもまた観に行くでしょうね。スクリーンに惹きつけてくれる、魅力があったと思います〜♪しかし、あのエンディングで次作作れるのか・・・

一つ疑問なんですが、ジョシュ・ハートネット演じる、ザ・マンなんですが、アイツは何者なんですか?最初に殺したお姉ちゃんは、どうも小切手帳を持ち歩くようなお金持ちっぽいのですが、ラストに殺そうとする女性は、お金もって無いですよね?たぶん・・・金目当ての犯行じゃないんだよね???

また、ドワイトが整形する前って、誰だったんでしょうかね?次回作では、彼の正体が解る??

今回の採点は、☆4つです〜♪3つのエピソードが組み合って、1本の映画になってるのですが、ちょっと解り難かったです。 映画のテンポ、独特の映像の世界は満足でした!