「メゾン・ド・ヒミコ」を観に行きました〜♪

しがない事務員の沙織(柴咲コウ)の元に父の愛人である岸本(オダギリ・ジョー)が訪ねてくる。父は、幼い頃母と沙織を棄てて、ゲイバーのママへと転身したのだった。岸本は父が癌に侵されていて、余命いくばくもない事を告げ、父が経営するゲイ専用の老人ホームを手伝って欲しいと頼む・・・

変わった設定ですね、ゲイ専用の老人ホーム。ありそうで、無さそうなこの世界、初めてこの世界に踏み入れた時は、沙織同様ちょっと気持悪かった。でも、その世界に通うにつれて、そこに住む住人たちが、見かけほど気持悪くない事が気づいた。そして、だんだん魅力的な世界に見えてくるから不思議でした〜♪最後はまるで遊園地に見えた!

出演者は、みんな良かったねぇ〜♪オダギリ・ジョーは、綺麗だねぇ!ゲイって言われても、納得の美しさでした。劇の中で、ノンケの専務を誘うシーンがあるんですが、僕があの立場だったらクラっていってたかも!?(笑)柴咲コウは、スッピンですか?口の悪い、ヒミコの住人には、ブス!って言われてましたが、やっぱり綺麗だねぇ〜♪沙織の父卑弥呼役の田中泯さんは、ほとんど寝たきりの演技でしたが、存在感抜群でした。オダギリ・ジョーと違って、美しいとは言いがたい風貌ですが、ジワジワ心に入ってきます!

好きなシーンは、沙織がヒミコの住人を連れて、遊びに出かけるシーンです。クラブ(?)みたいなところで、みんなでダンスするんです。別になんという事ないシーンですが、僕はこのシーンを観てて自然と涙があふれてきました。

一番気になったのは、岸本と沙織の恋の行方ですねぇ〜♪

今回の採点は☆3つ半です〜♪ムチャクチャ感動した訳じゃないんだけど、心に染み込む何かを残してくれた映画だと思います。