「シャーク・テイル」を観てきました〜♪

リーフシティに住む小魚オスカー(声香取慎吾)は、ナンバー・
ワンになる野望を持ちながらも、平凡な毎日を送っていた。
そんな或る日、海を支配しているボス鮫リノの息子の事故死
の現場に遭遇し、その事故を悪用しリーフシティの人気モノに
なる・・・

「シュレック」を製作した、ドリームワークスの作品ですね。
シュレックでは、モンスターの毛穴の一つ一つがリアルに
描かれていていましたが、「シャーク・テイル」ではごく普通の
CGになってしまってる気がしました。

水中のCGも、「ファインディング・ニモ」では、ホンモノの水
みたいなCGに驚かされましたが、シャーク・テイルは普通
でしたねぇ・・・

ストーリーもお調子者おオスカーとダメダメ鮫のリノの二人の
友情モノなのかな?深みが無かった気がしますねぇ・・・
ところどころ出てくる、ラップもちょっとねぇ・・・吹替版だった
からかもしれないけど、ちょっと浮いてた気がします。

今日から、字幕版は夕方の上映のみってのもどうなんでしょう
かね? 僕は、字幕版を観たかったのですが、時間の都合
っちゅーもんがあるしね・・・ 吹替版って事もあり、子供が
けっこう居たのですが、子供にはちょっと退屈なんと違うの
かな?僕の後ろに居た子供は、顕かに退屈してたぞ!

今回の採点は、☆1つ半です。 僕的には、ストーリーも
CGもイマイチでした(ーー;)