「セルラー」を観てきました〜♪

高校の生物の教師ジェシカ・マーティン(キム・ベイジンガー)は、
平凡だが幸せな生活を送っていた。或る日、ジェシカの家に謎の
男たちが乱入し、そのまま屋根裏部屋に監禁されてしまう・・・
屋根裏部屋には、誘拐犯が壊した電話機の残骸が1台分。
ジェシカは部品を組み立て修理したが、思った番号へはダイヤル
できなかった。当てずっぽうに電話をかけるジェシカ、そのSOS
はライアン(クリス・エバンス)の携帯に着信する・・・

キム・ベイジンガーちょっと顔が衰えすぎ!?もともとセクシー系の
女優さんでしたよね?「ナイン・ハーフ」、「LAコンフィンデンシャル」
なんかでは、エロくて良かったんだけどね〜♪この映画では、普通
のオバサンになってます。映画の内容的には、普通のオバサン
ってのが、とってもマッチしてたのですが、ちょっと複雑な気分。

ライアン役のクリス・エバンスなかなか良かったですね〜♪
ビーチにたむろする、女好きのニイチャンなのですが、突然
かかってきたジェシカからのSOS。マーティン一家を救おうと、
それはもう孤軍奮闘です〜♪ でも、もともとが普通のニイチャン
なので、ジェシカの指示の元必死で息子を、旦那を救おうとする
のですが、今一歩のところで間に合わないのがなかなかエエ感じ
ですね!普通のニイチャンが、いきなり大活躍するより、この方が
リアリティあると思います〜♪ ちなみに、このクリス・エバンス君、
次のトム・クルーズって言われてるらしいです、要チェック!

「トランスポーター」で主演を勤めたジェイソン・スティサムが、
犯人グループのリーダー的な役柄で出てきます〜♪ 独特の
ちょっと高いんだけどハスキーな声が、犯人の緊張感とマッチ
してたと思います。 

異変に気づく、警官役のウィリアム・H・メイシーも良かった!
奥さんの尻に敷かれ、27年間勤めた警察を辞め儲からなさ
そうな、クアハウスを経営しようとしてる。もうダメ警官の典型
的なパターンなのかと思いきや、けっこう頑張るスーパーオジ
サンだったりして、カッコイイです〜♪

いきなり誘拐されてから、ラストまで一気にストーリーが展開して
いきます。95分という最近の映画では、比較的短い上映時間も
幸いしてか、飽きる暇がないのがGoodですね〜♪ そして、
緊張感のある展開の中にもちょっとしたギャグが入ってたりして、
けっこう笑えたりします。エンドロールでの携帯の使い方も、なか
なかおしゃれで良かった〜♪

今回の採点は、☆4つ半です!一つ疑問は、全く赤の他人の
ライアンが、何故あそこまで頑張ったのが疑問・・・