「レディ・ウェポン」を観てきました〜♪

世界で同時期に40名の少女が誘拐された、誘拐事件の
黒幕は、マダムM(アルメン・ウォン)と呼ばれる犯罪者で、
少女たちを一流の殺し屋に仕立て、暗殺団組織を作ろうと
していた。厳しい訓練に生き残ったのはシャーリーン
(マギー・Q)、キャット(アンヤ)、ジン(ジュエル・
リー)の3人だけだった・・・

B級って言われるタイプの映画ですか? 「HERO」、
「LOVERS」で武術監督を務めたチン・シウトンが本作の
監督をしてます。そんな訳で、ワイヤーアクションてんこ
盛りっす〜♪(笑)

主役は、シャーリーンとキャットの二人かな?個人的に、
シャーリーンより、キャットの方が好みのタイプでした〜♪
日本のタレントで言えば、吉岡美穂みたいな感じの美人で、
アクションも頑張ってました〜♪ 日本でもブレイクする
かも!?

B級なので、突っ込みどころ満載なんです〜♪日本で言えば、
Vシネマみたいな感じ?アクションを撮るために、ストーリー
を考えたみたいな・・・ 男の僕には、ちょっとエッチな
サービスシーンもあったし、まあ楽しめたかな!?

今回の採点は、☆3つです〜♪ B級と割り切って観るには
満足がいくかな!? マイナーな映画館だったので、入場料
が1,600円と200円安かったのも満足に加味されてる!?