クリント・イーストウッド監督の作品です。役者は
揃ってるし、脚本もエエし、カメラアングルとか
独特の世界があってなかなかGoodなんですが、
感動の名作!ってタイプの映画じゃないかな?
なんか見終わった後、ちょっと重いモノが、心に
のしかかる映画でした。

誰が、ジミーの娘を殺したのか!?というのが、
物語のメインの進行になってますが、そこに
幼馴染3人の現在の境遇が織り込まれなかなか
ヘビィー仕上がりです。

なかなかイイ映画ですが、精神的に弱ってる
時には、ちょっとお薦めできないかもしれません。
今回の採点は、☆4つ半です!脚本も、役者も
監督もGoodです。見終わって、ちょっとブルー
になった事以外は、満点のできたと思います〜♪

                     2004.01.11