つれづれ日記
ぐりのつれづれサッカー日記
TOPRSSすくすく
憂鬱な日曜の夜は何にでもボヤく。
クロアチア代表が韓国代表に負けたからって、何さ。
クロアチア代表が日本代表にW杯で負けたら、そりゃ大喜びだけどさ。
カールスバーグ杯で主力を欠くクロアチアに韓国が勝った模様ですが。
韓国代表は同じアジアだけど日本代表ではない、ってことを自覚しないとね…。ホント。やたら厭世的なのは明日が月曜日だからです。ギャフン。

それよかヴィッセル神戸の三木谷社長が選手全員の車を神戸ナンバーにしろ、と命じたというニュースのほうがよほど面白いんですけど。
大賛成ですがな。
その昔学生時代、レッズの練習場に遊びに行きまくっていた頃、よく友人と「誰それは県外ナンバーでやんの、チェッ」とか郷土愛丸出しのチェックを入れていたもんで。移籍してきたばかりの選手は別としてさ。
ファンは結構そういうとこも見てるんですよ、各チームフロント様。さすが、たたきあげ社長なだけあるな、三木谷社長。まあ、神戸ナンバー限定は選手には厳しいかもしれないけどさ。せめて県内ナンバーにしてほしいよね、心の狭いファンとしては。

ところで先日行なわれたW杯チケット日本サッカー協会配布分販売が、抽選に外れた人を対象に再抽選を行なうというニュースがありましたけど、その抽選結果っていつ知らされるんでしょうか?もう当選者のみに発表あったんですかね??詳細発表がないのでヤキモキしてるんですけど。

今日の画像は本文とは何ら関連しておりません。たまたま今朝の新聞で某時計屋の広告に出ていたシェフチェンコを見、思わず写メールしちゃっただけです。

どんだけドイツ行きたいのさ皆も私も。
日本サッカー協会から抽選販売された2006FIFAワールドカップドイツ大会日本代表戦のチケットですが、昨日抽選結果発表が行なわれましたね。

いかがでしたか。

私は、私は、私は・・・全滅でした。
1試合くらい当たったっていいじゃないか。

1次リーグ3試合の申し込みは20万2333枚分だったそうで。販売枚数約2300枚に20万ですか。どんな数字だよ。倍率87倍って、偏差値至上主義世代でもそんな関門抜けてないよ、今まで(っていうか避けてきたヨ)。

そんな時はドイツの勉強でもするに限る。
いつだったかもそんな勉強したような気がするけど。
ドイツの首都はベルリン。緯度的には日本の北海道と同じような感じだそうで。どうりで寒かったわけだ。だから夏は南日本のような暑さにはならないので、W杯中も安心。
ドイツでは1974年にW杯が行なわれている。
って、たかだか30年前じゃん。そんな短間隔でやるのってアリ?と思ってはいけない。ドイツ開催が決まった時、私もそう思ったクチですが(笑)。W杯は今や政治がものをいう。組み合わせだってものをいう(笑)。どうしてアルゼンチンがいつもいつも強豪組に入るのか、組み合わせが操作されているとしか思えない。どうして今回の開催国ドイツは楽勝組に配置されているんだ。って、私情をぐちりすぎた。
えーと、今回開催国がドイツな理由はベルリンの壁です。ベルリンの壁が崩壊されて統一ドイツになってから初の開催ということで、人々の記憶にベルリンの壁が残っているうちにやっちゃえ、とそういうことです、多分。ちなみにベルリンの壁ができたのは1945年第二次世界大戦敗戦後、東西の対立(各戦勝国の統治)によって。ベルリンの壁が崩壊されたのは1989年、東西統一されたのは1990年。うわー、もしかしてベルリンの壁崩壊のニュースを見ていなかったサッカーファンって、ごっそりいる?
だからW杯はサッカーの世界普及を狙って各大陸を順番に回っているはずだから、今回2006年W杯は本来はアフリカ大陸の番だったんですが、政治力で急遽ヨーロッパ大陸のドイツに。
ハイ、勉強終わり。
社会人になったら勉強は好きな方面をちょこっとやればいいので、気楽なもんだな。だから仕事に関連する資格試験に受からないって話になっちゃうんだけどさ。

おお、エメルソン、空港で逮捕って大物だな。
ヤフーニュースで見ただけなので、詳しいことはまだわからないのですが、カタールにおいきなさったエメルソンがブラジルで逮捕されたそうで。

どうやら年齢詐称の罪のようで。
昨年7月に浦和を電撃退団し現在、カタールリーグのアルサードでプレーするFWエメルソン(24)が、ブラジル・リオデジャネイロのトム・ジョビン国際空港で逮捕された。容疑は氏名、生年月日などが異なる2つの出生証明書を持っていたためで、禁固1〜5年の刑に処される可能性も出てきた。
 エメルソンは本名を「マルシオ・エメルソン・パッソフ」、生年月日を「1978年9月6日」としていた。だが母カルメン・ルシアさんが出した2回目の出生届によると名前は「マルシオ・バッソ・デ・アルバカーキ」で生年月日は「1981年9月6日」。つまり「2重登録」の状態だった。浦和でプレーした際、名前は最初に出した方を使い、生年月日は2回目に出した出生届のものだった。
 どちらが「本物」かは、捜査の行方を見守るしかないが、普通に考えれば3歳も年齢を「若返らせた」ことになる。現に99年のワールドユース選手権ナイジェリア大会の南米予選に、最初の出生届なら資格なしの「21歳」で、バルセロナMFロナウジーニョらとともにU−19(19歳以下)の選手として出場した。


一般人なら問題になっても大した事はないような気もしますが、エメルソンはプロサッカー選手。
しかも19歳以下の選手しか出場できないワールドユースに出ていないか・・・?
3歳もサバよんでいたとなると、こりゃ素晴らしい。
毎度毎度、オリンピックだのユースだのの大会関連はあちこちの国の選手の年齢が怪しいだの、数年後のその選手の年齢見てアレ?となることがあるんですけどね。
どうなることやら、エメルソン。かつてレッズに所属した選手として気になります。

って、年齢詐称なんて、どんとこい超常現象(すみません、何かのTVドラマの見すぎです)。
画像の「反逆児たちのフットボール」なる本(ムック)を読めば、エメルソンなんてどんとこいと思ってしまいます。世界のあちこちの(しかも有名な)選手たちの悪事がつづられている雑誌なわけですが。だいぶ前から発売されてますね、発売された頃に本屋で見かけて即買いしてしまいました(笑)
あ、プラセンテも極々小さいですが、扱われてます(笑)。プレーがアルゼンチン人らしくドギツイってだけですが。
この本は選手たちの豪快な悪事にアッパレってだけの本ではなく、辛らつに非難もしているものでして。『サッカーの面で優れているんだからいいんだよ、アッパレ』ってな記事や本はよく見かけてきましたが、この本は心理学、行動学的にも追求している点が面白かったです。
かくいう私も「おお、やっちまったな、オイ」と選手の豪快な行動に笑っちゃう、サッカー選手にストレス発散を見出すタイプでして。でも悪事は悪事、猛省をうながさなくてはいけないとは思っておりまして。そこらへんのファンの微妙な葛藤をこの雑誌は論理的に少し救いとってくれました。

で、やっぱりエメルソン、あっぱれ。なんちゃって。

スペインでは華麗にやらなくちゃ。
なんか年が明けても仕事が忙しいんですけど、なぜ?
そのくせ、売り上げはどんどん落ちているんですけど。。。
仕事のやり甲斐がなくなるパターンだな(笑)。
もうどうでもいいんですけど。
W杯チケット、何枚か当たるといいなあ。
日本サッカー協会からの追加申し込み分は枚数を見たら、超プレミアな感じでしたけど。まあ、一応申し込んでおきました。

で、今日久しぶりにヤフーでサッカーニュース見ていたら、、、ワシントンやら相馬やら黒部やらが浦和くるんですね。
ふーん・・・・・・・・・・
って、マリッチ帰ってんじゃん!!(^^;)
これはビックリ。
お疲れ様でした、マリッチ。

そういや数日前に本屋に立ち寄った際に、「リベンジ」とかいうどっかのサッカー雑誌の増刊版みたいなのをペラペラめくったんですが、・・・一気に仕事の疲れが出ました。
サネッティ兄貴のページがあったので読んでいたら、片隅にベッケルマン・アルゼンチン代表監督のW杯構想メンバー予想とやらコーナーが。
プラセンテは『微妙』という召集がほぼ無い枠組に入っておりました。
や、やややっぱ、そう思う?
セルタに移籍した時からそんな感じはしてたんですが。
そして最近よくあるW杯特集でのアルゼンチンページを見るたびに、そう思っていたんですが(プラセンテの顔写真や名前が皆無)。
やっぱプラセンテ、今回のW杯はいないですかね??(^^;)
つまんねー。
アイマールの話し相手としてメンバーに入れてやってくださいよ、ベッケルマン。アイマール、足や肩だけでなく、腸も壊すナイーブな選手だしさ。ほんと、頼みますよベッケルマン。
っていうかプラセンテ、今から猛アピールしろおおお!!セルタで地味にやっている場合じゃない!バルサ戦やらレアル戦やらで削って削って削りまくれ!!

あいや、待たれい!!
小野、フェイエから浦和復帰だとお!?

ちょっと待てい!!

ってな感じです。
怪我続きだからしょうがないのかな。
残念。
小野には海外にいてもらいたいよ。
ってニュース見出しを見ただけの雑感でした。

高校サッカー選手権決勝
元気ですか!!
ンなこと言われたら、即座に「元気じゃねーよ」と答えてしまいそうなほど、遊び倒してしまいました、この3連休。
そんな3連休ももう終わり。
なんだかまた、社会復帰の練習をせねばならない、ってな気分です。
先週5日の仕事始めの日はもう、なかなか会社員モードになれず、社会復帰にてこずったばかりなんですが、

さて、今日は高校サッカー選手権の決勝がありましたね。
連覇を狙う鹿児島の鹿児島実業と初優勝を狙う滋賀の野洲高校。
野洲のサッカーは今大会、見ていて楽しいと評判でしたが、決勝もいやー盛り上がりましたね。
後半はもう守り一辺倒で見ているほうもぜえぜえ言い始めてしまいそうなほど、鹿実の猛攻に押され苦しかったですけど、よく守りましたね(ま、1点返されちゃったけどさ)。
全員守備のような守備をしていても、いざ攻撃のチャンスとなったら、持ち込んだ選手1人でもシュートを狙えちゃうというのが楽しかったですね。チャンスの時の選手のあがりもスゴイ速かったし(必ず後ろからも選手が走ってきてフォローに入れる状態にしていたのが、見ていて面白かった秘訣ですかね!?)。
鹿実の猛攻撃は本当すごかった・・・。野洲を応援していたけれど、あの猛攻には敬服すら。
滋賀県勢初の優勝ということで、野洲。
おめでとうございました!!


画像は高校サッカーにはなんら関係しておりません。
昨年チョロっと書いていた相馬直樹選手の引退に触れたページをサイトのほうに少しずつ作り始めまして、その画像の1つです。
このブログのようなだらだらしたページになりつつあるので、ご興味のある方だけどうぞ(^^;)
まだまだ初動段階ですが。。。
この年末年始に作りきってしまおうかと思っていたんですが、予想以上に年末が忙しく、そして年始は予想以上にダラダラ生活をしてしまったので、今頃。まあ、今なら冷静に振り返れるし(^^;)。
冷静というか、タラタラというか・・・。

やったぜ父ちゃん明日は休みだ!今日も明後日も。
あけましておめでとうございます(ぎりぎり松の内にご挨拶できた、ホッ)。
元旦から年賀状を書き始めたへなちょこです、お久しぶりです。
会社が嫌だからと自殺してませんから、辞職してませんから(^^;)まだへなちょこ会社員でいます。
ってな感じで今年もよろしくお願いします。
今年の目標は・・・ハテ何にしようか。
初詣も仕事始めの日に外回り中に通りかかった神社で済ませちゃったしな。でも毘沙門天を祀っているとこなのでヨシ。今調べたら毘沙門天って、財宝を施す神なんだってさ。オオ、それはよろしよろし。財宝よ、この身に雨あられのように降れ。この身のみに。ってそんなこと書いている場合じゃないな。
えーと、今年の目標は・・・人生をもっと謳歌したいと思います。その手始めにドイツにW杯を見に行こうと。

さてレッズ、天皇杯優勝しましたね!!
キャー、今季が怖い!
いや違った。
おめでとうー!!!!!!
「25年ぶり」とかいう数字があちこちで見えたような気がしますが、それは置いといて、イヤーよかったよかった。準決勝と決勝しか見ていないので物足りないけれど、それも置いといて。

本日の画像はレッズ天皇杯優勝を祝して、レッズの10番を背負っているポンテをば。
2004年2月26日、まだドイツ・ブンデスリーガのレバークーゼンにいた頃のポンテです。真ん中あたりで1人走っているのがポンテ。って画像が悪くて見えないか。
レバークーゼンの練習場にて。
ちなみに奥に見える白いのは雪です。この前日あたり降雪が素晴らしく、この日は雪こそ降っていないものの極寒でした。一軍は雪を完全にかき除いたグラウンドで練習していましたが、奥の雪のグラウンドでは若手(ユース?練習生あたり?)が練習していました。
ポンテの後ろあたりのロン毛選手はアルゼンチンの輝けるアイドル(違う)プラセンテです。
この翌年、このレバークーゼンメンバーはずいぶん様変わりしてしまいました(^^;)

ではではこんな感じで今年も宜しくお願いします。
今年も感想や共感一言などお寄せいただけたら嬉しいです。精神的にへなちょこなんで(^^;)>

2006 - January
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
Profile
名前ぐり
地域埼玉
スポーツ、中でもサッカー観戦が趣味な管理人の書く日記なので、サッカーに対する感想日記が多いと思われます。
お気軽にコメントなぞ寄せて下さると嬉しいかもです。
カテゴリー
サカ日記(114)
最新記事
  • タイムリーすぎる。
  • 今ごろ、フィンランドについて。
  • ネクタイを大きく巻いてお洒落なノイビルさんをば。
  • つながらなくても疲れる。
  • 大雑把戦略にはまる。
  • 過去記事
  • 2006年02月
  • 2006年01月
  • 2005年12月
  • 2005年11月
  • 2005年10月
    全件表示 >>
  • リンク
  • ブログ村サッカー