つれづれ日記
ぐりのつれづれサッカー日記
TOPすくすく
タイムリーすぎる。
昨日発売されたサッカーマガジンの付録が長谷部のクリアファイル。そして今日の試合。タイムリーすぎる。明日、まだ本屋にサッカーマガジンは残っているだらうか。。。
さてその2007年に行なわれるアジアカップ予選、日本代表対インド代表の試合が横浜国際(日産スタ)でありまして。
メンバーは、
GK:23 川口
DF:21 加地
5 宮本(cap)(→24 茂庭)後半27分
22 中澤
14 三都主
MF:8 小笠原
15 福西
18 小野(→4 遠藤)後半27分
35 長谷部
FW:9 久保
36 巻(→37 佐藤寿)後半31分
で。
って、坪井くんこの前復活したと思ったらもう出番なしですか。坪井くんいないなら、田中誠さんが出場か。どっちも好きなんだよなア。・・・と思ったらどっちも出ないでやんの。4バックだと面子が限定されてしまうので守備陣の争いは厳しいですね。頑張れ。
長谷部はトップ下。小野にいいパスもらってゴール決めましたね。小野えらい!!長谷部も物怖じせず声出したり、ヒールパス出してみたりしてましたね(^^)
得点は、皆が狙っていたであろうジーコ就任以来100点目となるゴールを小野が決めたのをかわぎりに6得点。後半で5点。ちょっとエンジンのかかりが今日は遅かったですね。。。
小野伸二 1 (前32分)
巻誠一郎 2 (後13分)
福西崇史 3 (後23分)
久保竜彦 4 (後34分)
佐藤寿人 5 (後38分)
久保竜彦 6 (後48分)
ってアレ?得点は巻選手になってますね、長谷部のシュート。なんだ…………。
<長谷部のコメント>
(初先発でしたが)僕はFC東京の今野選手の代わりに呼ばれて、こういうチャンスが与えられて、ラストチャンスだと思っていたので、結果を残したいと思っていた。僕は前の試合に出ていないので、ほかの選手よりも動いてアピールしないとと思って飛ばした。ちょっと疲れましたね。
(手ごたえは)攻撃的な部分では多少いいところもあったけど、まだまだミスも多いし、精度を上げていかないと、最後にメンバーには残れない。自分に厳しくやっていきたい。
(巻のゴールとなってしまった2点目について)あの得点は加地さんや伸二さんが8割方取ってくれたようなもの。僕はコースを狙っただけです。もっともっと得点に絡むプレーをしたかった。
次はどういう形で選ばれていくか分からないけど、チームに戻ってまた1からアピールして、ドイツに行けるように頑張りたい。

頑張れ長谷部。

ついでにインドの画像ひっぱってきました。
試合見ながら、そういやインドって何語だっけ?宮本キャプテン、インドの選手とはコミュニケーション取れないのかな?などとアホ丸出しの会話をしてしまったので、何語が公用語か調べたかったのです。答えはヒンディー語でした。全然思い出せませんでした…。
ちなみに人口は10億人を超えております。インド恐るべし。

今ごろ、フィンランドについて。
土曜の晩のキリンチャレンジカップ、日本代表対フィンランド代表は2−0で日本勝利に終わりましたね。
オーストラリアはともかく、どこらへんが仮想クロアチアだったのかイマイチ解せないですが。
クロアチアといや、昨晩はすぽるとでの江川卓さん対デルピエロの対談を見ながらウタタ寝してしまいました。気づいた時には、やべっちFCとかすべてすっ飛ばして朝になっていました。
で、デルピエロはクロアチアを「気分にムラがある」とか申しておりましたが、そりゃ強豪イタリアには全力でぶつかるわな。で、その次の試合にはへろへろになってしまったとそういうことでは・・・?まあ、いつでもどこでも強いのがイタリアたるイタリアな所以なんでしょうけど。
まあ、それはともかく、今回のトリノオリンピックではデルピエロもずいぶんトリノ観光親善大使のように活躍してますね。お疲れ様です。おかげさまで、冬のユベントス本拠地観戦は絶対やめようと思いました(笑)。
で、えーと話を巻き戻しまして、小笠原選手の57メートル弾はすごかったですね。面白すぎ。川口が「あれをやられたら夜眠れない」とかコメントしてましたが、気持ちはGKでなくてもわかるわ(笑)。で、ゴールが決まったあとのジーコの嬉しそうなこと!思わずこっちまで「ジーコよかったね」とおじいちゃんを見るような眼で嬉しくなってしまいました(笑)。
ジーコのアドバイスがあったとはいえ、小笠原選手の洞察力、判断力におそれ入谷の鬼子母神。

さて今さらながらフィンランドの勉強なぞしてみちゃいます。
だってトリノオリンピックでフィンランド活躍してるしね。
今が旬、旬。
とりあえず場所はわかる。ヨーロッパの上のあの縦長の北欧3カ国のどれかでしょ?(笑)画像見たら、一番右の国でしたね。
面積は日本の少し小さいくらいだそうで。ずいぶん小さいと思い込んでたな。首都はヘルシンキ。共和国制だそうで。
言語はフィンランド語が主。そ、そうか、フィンランド語ってのもあるのか。世界は広いな。EUに加盟しているから通貨はユーロでOK(^^)
フィンランドといや、ムーミンですね、私の中では。アニメはもちろん、原作のおどろおどろ暗い世界も好きです。
あとはオーロラ、サンタクロース、白夜ってとこでしょうか。うーん、一度は旅行してみたいなあ。

そうそう、サイトのほうは宣言していた相馬さんページもできあがったことだし、なかなか更新もできないので今月末に閉めさせていただきます。
まあ、2月28日きっかりに閉められれば閉めますけど、忙しかったりしたら3月にずれこむかもしれないですけど(笑)。
これまでいらして下さった方どうもありがとうございます。
あ、ブログはこのまま継続すると思います。
ぐだぐだサッカーつれづれしたいので。。。

ネクタイを大きく巻いてお洒落なノイビルさんをば。
トリノ冬季オリンピック、新種目のスノーボードクロス面白いですね。見ていると、ああいう風に格好良く滑りたくなりますねえ。
って、年に1,2回しかスキー場に行かないへなちょこなので、ろくにスノボできませんけど。
3月に行く時は頑張って滑りまくろうっと。毎度毎度スネが痛いのを我慢できず、数時間しか滑れない。1日のうちの大半をコーヒー飲みながら、他人の滑りを眺めています…orz それはそれで楽しいんですがもったいないよな。

今日の画像は意味もなく、ノイビルさん。
(ノイヴィル、ヌビル、とも表記されますね)
いや、意味なくはないんですけど。ドイツW杯に向けて、ドイツ気分を日常的に高めていこうかな、と。ってスミマセン、単にノイビルさんが好きなだけです。
ドイツ代表に初めて通訳付けて代表入りした選手ってんで、話題になったんじゃなかったでしたっけ、ノイビルさんは。
ドイツとイタリアのハーフで、スイス出身でしたっけ。あれ?スイスってドイツ語圏だろ?と思って調べたら、イタリア語、フランス語、ロマンシュ語の地域もあるんですってさ。ロマンシュ語って、一体…。
フォワードですね。私が好きなくらいですので、アメリカW杯やフランスW杯あたりも出場していたと思い込んでいたら、意外にも日韓W杯だけ。ドイツW杯もチームが若返りを狙っているだけに出場は難しい(W杯時には33歳)。。。
99年からレバークーゼン所属でレバークーゼン躍進の立役者に(現在はボルシア・メンヘングラッドバッハ所属)。小柄な猫背選手で有名ですが、身長公表では171センチ。うーん、実際目の前でサインもらったりしましたが、そんなにあったかな?って感じでした。顔に威圧感ないせいかも。向こうから笑顔で寄ってきてくださり、良い雰囲気のかたでしたよ(^^)
顔に威圧感ないとはいえ、プレーはすごい瞬発力で、世界には凄い選手がいるもんなんだなー、と感嘆させられる選手ですけど。あの一瞬の動きはすごい。。。

あ、まだドイツのホテル予約しきってない。
W杯中はべらぼうに宿泊料金が高額になるのでツライですね。
あとフランクフルトとベルリンのホテル押さえればいいだけなんですけど、あとちょっとを面倒くさがるへなちょこ。
夜中に電車で中距離移動するのが怖いので(というより夜中の駅からホテルの道のりが怖い)、各地を転々とする予定です、W杯中は。ロンリー観戦のツライところですな、頼れる同行者と冒険できないのが。
転々とするなんて非効率かしらん?

つながらなくても疲れる。
W杯チケット、第4次販売が先ほど20時から先着順で始まりましたが、ダメですね、まるでつながらない。
チケットぴあみたいに、電話がつながったと思ったらもうとっくのとうに売り切れていて「ソールドアウト宣言」テープを聴くはめになる、というパターンではなかろうか、これは。

思わず現実逃避にセルビア・モンテネグロの勉強し始めました。
画像はセルビア・モンテネグロのサッカー協会会長、ドラガン・ストイコビッチ氏の現役時代の姿。
いわゆるグランパスで活躍したピクシーでがんすね。
W杯ではここの試合観戦しますんで、勉強勉強。

って、まず場所がわからぬ・・・。
地図で見てみると、欧州の東の下のほう。イタリアのいわゆるブーツのかかとのお向かいあたり。
国の面積は日本の4分の1ですってさ。北海道と東北地方を合わせたくらい?首都はベオグラードというところ。
ここといえば、1914年オーストリア皇太子暗殺事件をきっかけにオーストリアがセルビアに宣戦布告し第1次世界大戦が勃発したことが世界史では有名でしたね。キッカケ作っちゃったよ!と強烈な印象を学生時代授業で受けた覚えが。
もともと「セルビア」「クロアチア」「スロベニア」とそれぞれに国内で分裂していたが、第2次世界大戦後は「ユーゴスラビア社会主義連邦人民共和国」として出発。
1992年のユーゴ解体後は「セルビア・モンテネグロ」「ユーゴスラビア」に分裂。紛争を経て、2003年に「セルビア」「モンテネグロ」から成る「セルビア・モンテネグロ」という連合国家に。

このセルビア・モンテネグロになった時にピクシーはサッカー協会会長に就任したような気がします。確か。
ちなみに、ここの言語はセルビア語。初めて聞いた言語名だな。

それよかピクシーですよ。
グランパスに来た頃はまだお若かったし、衝撃的でしたねー。華麗な技に敵チームとはいえ、うっとりしたものです(笑)。

大雑把戦略にはまる。
この2ヶ月ほどで3人位辞めるらしいです、うちの会社(よその部署だけど)。
思わず「ドイツに行く同志か!?」とか思いましたが、黙っときました。
サッカーバカっぷりを必要以上にさらけ出すのも控えるお年頃ですもの。
世間では会社でも責任ある立場に就きつつあるお年頃ですもの。
・・・なんか新卒の頃に時を巻き戻したくなってきた。
なんでこんな人生歩んでいるんだろう、自分。
人生を謳歌するって、こういう意味じゃないよな(新年の目標)。
でももういいや。一度W杯ナマ観戦を経験すると、もう抜け出せませんな。
このドイツW杯が終わったら、まっとうな社会人になるよ、今度こそ(4年前も同じこと誓ったような気が)。

土曜日のアメリカ代表対日本代表の親善試合。
なんかアメリカの大雑把な攻めにうまく日本がハマってしまっていたような気がします。
大雑把とはいえ、スピードがあるからハマってしまったというか何というか。若手主体だからこそアメリカらしいチームでしたね。
あと水溜りでプレーしているかのようなグラウンド・・・見ているほうが怪我しないかヒヤヒヤしましたがな。
まあ、長谷部が代表デビューしたし。で、頑張ってたし。
遠征だしね。
後半に続々投入された面々が奮起して頑張っていたのが収穫。
あまり深く考えないで次いきましょ、次。

って、今日の画像はアルゼンチンのいつのまにか中堅どころアイドル(違)プラセンテのスーツバージョン。
現在の時点ではこの人は招集されなさそうな雰囲気ですが、この人の招集されるべき(笑)チームの試合をドイツW杯では見てきます(3次販売でチケット当たったんで)。
でもホテルとかまだ押さえてない。。。
早く予約入れないとヤバいのはわかってはいるんですが、面倒くさい。
だいたい、少々離れた都市のホテルでも試合後ICE(新幹線)で帰れる、みたいな目測たててはみたけど、夜中の2時3時にホテルの最寄り駅に到着しても駅から1人で外出歩く勇気ないですがな。タクシーもうまくつかまるんか!?果たして、そのタクシーも安全なのか?って感じで。
だからこそ、早くスタジアム最寄りのホテル押さえろって感じですね。すみません、明日あさってにでも調べて予約入れます。
試合後ICEで移動する方々はどのような対策たてているのでしょうか?
ご教授願います。。。

以前宣告していた相馬さん引退特設ページがサイトのほうによーうやく(笑)できあがりました。ダラダラしてるのを厭わないご興味のある方だけどうぞ(笑)

go for germany!!
この1週間、ぐでぐで仕事したりして過ごしておりました。
サッカーのニュースがあまり目に入ってきておりません。
今さら数日分のニュースを見るのも面倒くさい、とサッカーファンらしからぬことを考えています。
試合も昨日久々にバルサ対Aマドリードの試合中継のビデオを見たくらいで。ああいうの(ホームのバルサが負けているのでスタンド中からすごいブーイングが)見ちゃうと、つくづくJリーグって安全なリーグだと思います。ゴール裏に女性子供が安心して居られるもんね。

っていうか、時折このブログが物凄いアクセス数たたき出すのが怖いんですけど。
皆さん、何で検索してくるんですか。
検索ヒットしやすい流行語でも書いてますか、私。
こっそり「私は○○で来たよ」と教えてください。ヒロシです、ヒロシです、ヒロシです……(違)。

さて昨年10月に日本サッカー協会が募集していた日本代表キャッチフレーズ。
「SAMURAI BLUE 2006」に決まりましたね、そういや。
・第1位「SAMURAI BLUE 2006」 10,111票
・第2位「Make the HISTORY」  4,542票
・第3位「世界を驚かせよう。」  4,248票
・第4位「頂点へ、全員で。」   3,108票
・第5位「WIN NOW!」      2,199票
おいおい、サムライブルーってば桁違いに票集めてますが。何があったんですか。
っていうかユニフォームに刀をあしらった時点で「SAMURAI BLUE 2006」に決まったような気が。
私の一押し「世界を驚かせよう。」は微妙な3位だし。

あ、そうそう日本サッカー協会W杯チケット発売分は全滅でしたが、FIFA申し込みのほうがいくつか当たりました。土曜の朝、何気なくメールチェックしてたら当選メールが来ていてびっくらしました。思わず早朝に「うそーッ!」と絶叫。つくづく信用のない自分のくじ運の無さ。
もちろんグループリーグの日本戦は当たりませんでしたけど。どんだけすごい倍率だったんだ。当たった方々、おめでとうございます。
今日の画像はそのチケット代金を銀行で昨日振り込んできた時の用紙。
英語を普段書きなれていないのがバレバレ、ローマ字がへろへろです(^^;)
きちんと振り込まれ、そして手元にチケットが無事届くことを祈ります。
W杯のチケット騒動は風物詩とはいえ、もう振り回されたくないです(^^;)

そういや、昨シーズンで引退した相馬さん、先週末にスーパーサッカーに出たりしてますね。すごい緊張されてましたネ。
あと今日発売のサッカーダイジェストにも登場されているそうで。買っただけでまだ読んでないけど。明日会社で昼休みにでも読みマス。

憂鬱な日曜の夜は何にでもボヤく。
クロアチア代表が韓国代表に負けたからって、何さ。
クロアチア代表が日本代表にW杯で負けたら、そりゃ大喜びだけどさ。
カールスバーグ杯で主力を欠くクロアチアに韓国が勝った模様ですが。
韓国代表は同じアジアだけど日本代表ではない、ってことを自覚しないとね…。ホント。やたら厭世的なのは明日が月曜日だからです。ギャフン。

それよかヴィッセル神戸の三木谷社長が選手全員の車を神戸ナンバーにしろ、と命じたというニュースのほうがよほど面白いんですけど。
大賛成ですがな。
その昔学生時代、レッズの練習場に遊びに行きまくっていた頃、よく友人と「誰それは県外ナンバーでやんの、チェッ」とか郷土愛丸出しのチェックを入れていたもんで。移籍してきたばかりの選手は別としてさ。
ファンは結構そういうとこも見てるんですよ、各チームフロント様。さすが、たたきあげ社長なだけあるな、三木谷社長。まあ、神戸ナンバー限定は選手には厳しいかもしれないけどさ。せめて県内ナンバーにしてほしいよね、心の狭いファンとしては。

ところで先日行なわれたW杯チケット日本サッカー協会配布分販売が、抽選に外れた人を対象に再抽選を行なうというニュースがありましたけど、その抽選結果っていつ知らされるんでしょうか?もう当選者のみに発表あったんですかね??詳細発表がないのでヤキモキしてるんですけど。

今日の画像は本文とは何ら関連しておりません。たまたま今朝の新聞で某時計屋の広告に出ていたシェフチェンコを見、思わず写メールしちゃっただけです。

どんだけドイツ行きたいのさ皆も私も。
日本サッカー協会から抽選販売された2006FIFAワールドカップドイツ大会日本代表戦のチケットですが、昨日抽選結果発表が行なわれましたね。

いかがでしたか。

私は、私は、私は・・・全滅でした。
1試合くらい当たったっていいじゃないか。

1次リーグ3試合の申し込みは20万2333枚分だったそうで。販売枚数約2300枚に20万ですか。どんな数字だよ。倍率87倍って、偏差値至上主義世代でもそんな関門抜けてないよ、今まで(っていうか避けてきたヨ)。

そんな時はドイツの勉強でもするに限る。
いつだったかもそんな勉強したような気がするけど。
ドイツの首都はベルリン。緯度的には日本の北海道と同じような感じだそうで。どうりで寒かったわけだ。だから夏は南日本のような暑さにはならないので、W杯中も安心。
ドイツでは1974年にW杯が行なわれている。
って、たかだか30年前じゃん。そんな短間隔でやるのってアリ?と思ってはいけない。ドイツ開催が決まった時、私もそう思ったクチですが(笑)。W杯は今や政治がものをいう。組み合わせだってものをいう(笑)。どうしてアルゼンチンがいつもいつも強豪組に入るのか、組み合わせが操作されているとしか思えない。どうして今回の開催国ドイツは楽勝組に配置されているんだ。って、私情をぐちりすぎた。
えーと、今回開催国がドイツな理由はベルリンの壁です。ベルリンの壁が崩壊されて統一ドイツになってから初の開催ということで、人々の記憶にベルリンの壁が残っているうちにやっちゃえ、とそういうことです、多分。ちなみにベルリンの壁ができたのは1945年第二次世界大戦敗戦後、東西の対立(各戦勝国の統治)によって。ベルリンの壁が崩壊されたのは1989年、東西統一されたのは1990年。うわー、もしかしてベルリンの壁崩壊のニュースを見ていなかったサッカーファンって、ごっそりいる?
だからW杯はサッカーの世界普及を狙って各大陸を順番に回っているはずだから、今回2006年W杯は本来はアフリカ大陸の番だったんですが、政治力で急遽ヨーロッパ大陸のドイツに。
ハイ、勉強終わり。
社会人になったら勉強は好きな方面をちょこっとやればいいので、気楽なもんだな。だから仕事に関連する資格試験に受からないって話になっちゃうんだけどさ。

おお、エメルソン、空港で逮捕って大物だな。
ヤフーニュースで見ただけなので、詳しいことはまだわからないのですが、カタールにおいきなさったエメルソンがブラジルで逮捕されたそうで。

どうやら年齢詐称の罪のようで。
昨年7月に浦和を電撃退団し現在、カタールリーグのアルサードでプレーするFWエメルソン(24)が、ブラジル・リオデジャネイロのトム・ジョビン国際空港で逮捕された。容疑は氏名、生年月日などが異なる2つの出生証明書を持っていたためで、禁固1〜5年の刑に処される可能性も出てきた。
 エメルソンは本名を「マルシオ・エメルソン・パッソフ」、生年月日を「1978年9月6日」としていた。だが母カルメン・ルシアさんが出した2回目の出生届によると名前は「マルシオ・バッソ・デ・アルバカーキ」で生年月日は「1981年9月6日」。つまり「2重登録」の状態だった。浦和でプレーした際、名前は最初に出した方を使い、生年月日は2回目に出した出生届のものだった。
 どちらが「本物」かは、捜査の行方を見守るしかないが、普通に考えれば3歳も年齢を「若返らせた」ことになる。現に99年のワールドユース選手権ナイジェリア大会の南米予選に、最初の出生届なら資格なしの「21歳」で、バルセロナMFロナウジーニョらとともにU−19(19歳以下)の選手として出場した。


一般人なら問題になっても大した事はないような気もしますが、エメルソンはプロサッカー選手。
しかも19歳以下の選手しか出場できないワールドユースに出ていないか・・・?
3歳もサバよんでいたとなると、こりゃ素晴らしい。
毎度毎度、オリンピックだのユースだのの大会関連はあちこちの国の選手の年齢が怪しいだの、数年後のその選手の年齢見てアレ?となることがあるんですけどね。
どうなることやら、エメルソン。かつてレッズに所属した選手として気になります。

って、年齢詐称なんて、どんとこい超常現象(すみません、何かのTVドラマの見すぎです)。
画像の「反逆児たちのフットボール」なる本(ムック)を読めば、エメルソンなんてどんとこいと思ってしまいます。世界のあちこちの(しかも有名な)選手たちの悪事がつづられている雑誌なわけですが。だいぶ前から発売されてますね、発売された頃に本屋で見かけて即買いしてしまいました(笑)
あ、プラセンテも極々小さいですが、扱われてます(笑)。プレーがアルゼンチン人らしくドギツイってだけですが。
この本は選手たちの豪快な悪事にアッパレってだけの本ではなく、辛らつに非難もしているものでして。『サッカーの面で優れているんだからいいんだよ、アッパレ』ってな記事や本はよく見かけてきましたが、この本は心理学、行動学的にも追求している点が面白かったです。
かくいう私も「おお、やっちまったな、オイ」と選手の豪快な行動に笑っちゃう、サッカー選手にストレス発散を見出すタイプでして。でも悪事は悪事、猛省をうながさなくてはいけないとは思っておりまして。そこらへんのファンの微妙な葛藤をこの雑誌は論理的に少し救いとってくれました。

で、やっぱりエメルソン、あっぱれ。なんちゃって。

スペインでは華麗にやらなくちゃ。
なんか年が明けても仕事が忙しいんですけど、なぜ?
そのくせ、売り上げはどんどん落ちているんですけど。。。
仕事のやり甲斐がなくなるパターンだな(笑)。
もうどうでもいいんですけど。
W杯チケット、何枚か当たるといいなあ。
日本サッカー協会からの追加申し込み分は枚数を見たら、超プレミアな感じでしたけど。まあ、一応申し込んでおきました。

で、今日久しぶりにヤフーでサッカーニュース見ていたら、、、ワシントンやら相馬やら黒部やらが浦和くるんですね。
ふーん・・・・・・・・・・
って、マリッチ帰ってんじゃん!!(^^;)
これはビックリ。
お疲れ様でした、マリッチ。

そういや数日前に本屋に立ち寄った際に、「リベンジ」とかいうどっかのサッカー雑誌の増刊版みたいなのをペラペラめくったんですが、・・・一気に仕事の疲れが出ました。
サネッティ兄貴のページがあったので読んでいたら、片隅にベッケルマン・アルゼンチン代表監督のW杯構想メンバー予想とやらコーナーが。
プラセンテは『微妙』という召集がほぼ無い枠組に入っておりました。
や、やややっぱ、そう思う?
セルタに移籍した時からそんな感じはしてたんですが。
そして最近よくあるW杯特集でのアルゼンチンページを見るたびに、そう思っていたんですが(プラセンテの顔写真や名前が皆無)。
やっぱプラセンテ、今回のW杯はいないですかね??(^^;)
つまんねー。
アイマールの話し相手としてメンバーに入れてやってくださいよ、ベッケルマン。アイマール、足や肩だけでなく、腸も壊すナイーブな選手だしさ。ほんと、頼みますよベッケルマン。
っていうかプラセンテ、今から猛アピールしろおおお!!セルタで地味にやっている場合じゃない!バルサ戦やらレアル戦やらで削って削って削りまくれ!!

あいや、待たれい!!
小野、フェイエから浦和復帰だとお!?

ちょっと待てい!!

ってな感じです。
怪我続きだからしょうがないのかな。
残念。
小野には海外にいてもらいたいよ。
ってニュース見出しを見ただけの雑感でした。

高校サッカー選手権決勝
元気ですか!!
ンなこと言われたら、即座に「元気じゃねーよ」と答えてしまいそうなほど、遊び倒してしまいました、この3連休。
そんな3連休ももう終わり。
なんだかまた、社会復帰の練習をせねばならない、ってな気分です。
先週5日の仕事始めの日はもう、なかなか会社員モードになれず、社会復帰にてこずったばかりなんですが、

さて、今日は高校サッカー選手権の決勝がありましたね。
連覇を狙う鹿児島の鹿児島実業と初優勝を狙う滋賀の野洲高校。
野洲のサッカーは今大会、見ていて楽しいと評判でしたが、決勝もいやー盛り上がりましたね。
後半はもう守り一辺倒で見ているほうもぜえぜえ言い始めてしまいそうなほど、鹿実の猛攻に押され苦しかったですけど、よく守りましたね(ま、1点返されちゃったけどさ)。
全員守備のような守備をしていても、いざ攻撃のチャンスとなったら、持ち込んだ選手1人でもシュートを狙えちゃうというのが楽しかったですね。チャンスの時の選手のあがりもスゴイ速かったし(必ず後ろからも選手が走ってきてフォローに入れる状態にしていたのが、見ていて面白かった秘訣ですかね!?)。
鹿実の猛攻撃は本当すごかった・・・。野洲を応援していたけれど、あの猛攻には敬服すら。
滋賀県勢初の優勝ということで、野洲。
おめでとうございました!!


画像は高校サッカーにはなんら関係しておりません。
昨年チョロっと書いていた相馬直樹選手の引退に触れたページをサイトのほうに少しずつ作り始めまして、その画像の1つです。
このブログのようなだらだらしたページになりつつあるので、ご興味のある方だけどうぞ(^^;)
まだまだ初動段階ですが。。。
この年末年始に作りきってしまおうかと思っていたんですが、予想以上に年末が忙しく、そして年始は予想以上にダラダラ生活をしてしまったので、今頃。まあ、今なら冷静に振り返れるし(^^;)。
冷静というか、タラタラというか・・・。

やったぜ父ちゃん明日は休みだ!今日も明後日も。
あけましておめでとうございます(ぎりぎり松の内にご挨拶できた、ホッ)。
元旦から年賀状を書き始めたへなちょこです、お久しぶりです。
会社が嫌だからと自殺してませんから、辞職してませんから(^^;)まだへなちょこ会社員でいます。
ってな感じで今年もよろしくお願いします。
今年の目標は・・・ハテ何にしようか。
初詣も仕事始めの日に外回り中に通りかかった神社で済ませちゃったしな。でも毘沙門天を祀っているとこなのでヨシ。今調べたら毘沙門天って、財宝を施す神なんだってさ。オオ、それはよろしよろし。財宝よ、この身に雨あられのように降れ。この身のみに。ってそんなこと書いている場合じゃないな。
えーと、今年の目標は・・・人生をもっと謳歌したいと思います。その手始めにドイツにW杯を見に行こうと。

さてレッズ、天皇杯優勝しましたね!!
キャー、今季が怖い!
いや違った。
おめでとうー!!!!!!
「25年ぶり」とかいう数字があちこちで見えたような気がしますが、それは置いといて、イヤーよかったよかった。準決勝と決勝しか見ていないので物足りないけれど、それも置いといて。

本日の画像はレッズ天皇杯優勝を祝して、レッズの10番を背負っているポンテをば。
2004年2月26日、まだドイツ・ブンデスリーガのレバークーゼンにいた頃のポンテです。真ん中あたりで1人走っているのがポンテ。って画像が悪くて見えないか。
レバークーゼンの練習場にて。
ちなみに奥に見える白いのは雪です。この前日あたり降雪が素晴らしく、この日は雪こそ降っていないものの極寒でした。一軍は雪を完全にかき除いたグラウンドで練習していましたが、奥の雪のグラウンドでは若手(ユース?練習生あたり?)が練習していました。
ポンテの後ろあたりのロン毛選手はアルゼンチンの輝けるアイドル(違う)プラセンテです。
この翌年、このレバークーゼンメンバーはずいぶん様変わりしてしまいました(^^;)

ではではこんな感じで今年も宜しくお願いします。
今年も感想や共感一言などお寄せいただけたら嬉しいです。精神的にへなちょこなんで(^^;)>

よいお年を!
携帯電話からこんばんわ。
仕事が納まった(なんだかんだいって今年も忘年会ではやけくそのようにビール注ぎまくりました)翌日から見事に風邪ひきました。
し、しんどい。
けどライブや天皇杯は待ってくれないので栄養ドリンク飲みながらしのいでいる最近であります。
60周年記念賞を狙って購入した年末ジャンボ宝くじバラ10枚は3,300円に化けました。ちっともジャンボじゃないや、「微妙宝くじ」だよ。

何はともあれ今年ブログやサイトを覗きに来て下さった方、どうもありがとうございました。
来年もよろしくです、はいm(_ _)m

さて泣きはらした目をどうするかが問題だ。
お久しぶりのブログです。
おなまけしていました。
って、怠けて書かかなかったわけではないんですけど。
先月もすごかったですけど、今月の残業時間も素晴らしいです。
今冬もボーナスがビックリするような金額だったんで(夏よりもビックリしたな実際)、一瞬今後自分頑張れるかナと思ったんですが、目の前の仕事がボーナスの少額に吹き飛ぶわけもなく。とりあえず無心で目の前の仕事片付けてました。
色々と他にも問題はあったんですが、それでも「仕事をしていれば色々あるからナ」とひたすら無心で、数々の友人との約束をドタキャンしながらも、トヨタカップも天皇杯も見に行かれないながらも仕事をしておりました(他にも年賀状書いてないとか布団干してないとか家の事を全くできていないという事実があるんだが、私の最優先事項は上記の通り(笑))

が、昨日とうとう、誰もいなくなったフロアで泣きながら仕事してしまいました。
いやー、ビックリしたね実際。
もう涙が止まらない、止まらない。
相馬さんの公式戦最後の試合(12/24の天皇杯準々決勝)をビデオに撮り損ねた時より、悔しい思いしました。って当たり前か(笑)。(でも誰か録画ビデオ貸してください)
今朝も起きて出社準備しようとしたら涙がドドーッと止まらないでやんの。
会社の事でビックリしすぎて一晩たっても気持ちの整理がつかないなんて、私もとうとう会社人間になってしまったな。ってそんな事を悲しんでいる場合じゃない。
この一年なんだったんだろう、と悔しくてたまりません。
一年の終わりに信頼関係を疑うようなことをされ、私は今日の忘年会をどう催せばいいのかわかりましぇん。忙しい合間に今日もまだまだ忘年会のための準備をしなきゃいけないんですけど。
信頼関係というより、一緒に仕事をしてきた人間としてやってはいけない事を、うちの営業部の人間たちはしてしまいました。ビックリしちゃって、私はもう営業部にはいられんよ。
他の部署の人たちもビックリしてたよ?(笑)そういう事をしたことを彼ら自身は気づいているんかいな、まったく。
仕事をしていくうえで脂ののっていく年頃にこの会社で仕事をしていたことが悔しくてたまりません。もっと他の会社でキャリアを磨けばよかったと。

とか書きつつ、仕事納めの日だというのに今日も早出するつもりなんですけどね(^^;) ついでに退職を切り出していい最短期限の日を調べてこようと思います、イヒ。

長年の積み重ねでできることなんだろうな。
必死こいて外出先から帰路を急いだのですが、やべっちFCに間に合わず。
残り10分くらいだけ見られたんですが、G大阪遠藤選手を招いて皆さん、タキシード姿。
な、何かあったんですか。
ついでに遠藤選手の垂れ幕に「SPLASH遠藤保仁」というのがあるんですが、あれはどんな感じの意味なんでしょうか。響きは『スプラッシュ遠藤』なんてカッコいい感じなんですけど。

さて今日は12月19日か。あとちょっと頑張れば年末だ、なんて思ったらまだ12月12日でやんの。一気にすっごい憂鬱になってしまいました、ギャフン。
今年は天皇杯見に行かれないことにも気づいてしまったし。
12/24の準々決勝見に行こうと思っていたら、覆しようのない予定が入ってました。嗚呼。
あ、いやいや。12/29の準決勝というのがあったな。
そうそう相馬さん、昨日の準々決勝の試合でラフプレーの警告受けてますけど。引退セレモニーやった後によくそんな頑張ってプレーできるな。糸とぎれちゃうと思うんですけど、普通。やっぱりプロは違いますね。
お願いだからフロンターレ様、準決勝まで勝ちあがってくださいまし。
あ、でも優勝すると来季が大変なので、そこらへんも考慮してくださいまし。天皇杯、最近の優勝チーム見ていると翌シーズン調子悪いこと多くないですか?今年のヴェルディ、3年前のサンガなんて一気にJ2降格ですよ。
しまった、準々決勝はレッズ対フロンターレでやんの。・・・結果は神のみぞ知るという境地で試合結果を待ちたいと思います(^^;)

本日の画像は相馬さんに敬意を表しながら、相馬さんの直筆サイン入りカードです。
何日か前の最終節の時の画像(フロンターレマッチデープログラム表紙)も相馬さんの直筆サイン入りでがんした。
よし、明日からもとりあえず仕事頑張るか。
頑張らなきゃ年が越せないしね。少数精鋭の会社(単に弱小会社なだけですが)はそういう所がしんどいんだナと最近気づきました。ま、自分なんかいなくても会社は年を越せるんですが、そういう気持ちがないと頑張れましぇん(^^;)

って頑張りはしないかな。へなちょこだし。
やっぱりサクサク淡々と目の前の仕事片付けてきます。
相馬さんのプロ意識が大好きで尊敬してるんですけどね。自分の場合は頑張りすぎると心の奥底の眠れる獅子がくびをもたげてくるので。もしくは寝れない程の頭痛に見舞われるので。や、やっかい体質だ(笑)。
そういや今年はまだ重い風邪引いてないなあ。鼻うがいオススメですよ。本来は塩水とかでやるのがいいらしいですが、ただのぬるま湯で大量にやってます。

あなたが最高でしたよ!!
のっけから(タイトル)すみません、昨晩のTVK(神奈川テレビ)の川崎フロンターレ番組の録画ビデオを見たところなのです。
先日のJ最終節のあと、セレモニーやら何やら終わった後にフロンターレの引退する選手(相馬、久野、アウグスト(引退じゃないや帰国))がもう一度スタンドに来て、相馬さんが
「このゾーン(川崎サポのいるスタンド)最高でした!!」
とトラメガで言った言葉なんですが。
いやいや、その前に相馬さんが最高でしたから。選手あってのサポーターですから。魅力のない選手、チームにサポーターはついていきません…。
やべ、朝っぱらから涙ちょちょぎれてる場合じゃなかった。
(人が感動しながらビデオ見ている横で母が「相馬さんは年とって痩せていくタイプなのね。水沼さんと一緒ね。いいなア。うちのお父さんもそういう体質だったら良かったのに」とか何とかウルサイんですけど…。感動のしどころが違いすぎるヨ)

昨日は「今晩はゆっくりネットできるなあ」と楽しみにしながら仕事していたら、昼前に営業フロアで「大変だ!!」と叫びがあがったと思ったら気づいたら現場の大失態に当方まで出先に駆り出される始末。
ちょ、ちょっと待って。何事もなくても私は今日はフロンターレのTV番組が始まる前に(22:30)帰れたらナというスケジュールだったんですけど。
まア、適度に仕事が忙しいのはいい事なのでいいんですけどね。ミスはいけませんけど。友人らとの忘年会に参加しそこねたような気もしますけど。

さて、W杯抽選が行なわれ、日本はF組となりましたね。
Fか。
FOOTBALLのFってことで!
F組はブラジル、クロアチア、オーストラリア、日本。
日程は
6/12(月)オーストラリア対日本 カイザースラウテルン
6/18(日)日本対クロアチア   ニュルンベルク
6/22(木)日本対ブラジル    ドルトムント
ここでグループ1位突破はブラジルに譲るとして(笑)、2位と想定すると。
決勝トーナメント1回戦
6/26(月)E組1位対F組2位  カイザースラウテルン
準々決勝
6/30(金)5組勝者対6組勝者   ハンブルク
準決勝
7/4(火)(A)の勝者対(B)の勝者  ドルトムント
で、ここらへんで負けてみて次は
3位決定戦
7/8(土)(1)の敗者対(2)の敗者  シュツットガルト
という日程になりますね。あ、もちろん
決勝
7/9(日)(1)の勝者対(2)の勝者  ベルリン
の可能性もお忘れなく。イヒ。

頑張ってチケットGETするぞー。「へなちょこ会社員が祝日のない6月にドイツまでW杯なんて見にいけるか!」とか言ってましたが、へなちょこだからこそ行くことにしました。上長の都合で夏休みをろくにもらえなかった時に上長に散々「じゃあ、今度折を見て夏季休暇消化できなかった分をもらいますのでよろしく」と恩を売っておいたので(^^)v っていうかその頃会社にいるのかどうかも怪しくなってきました最近。せっかくのW杯だもんね(おいおい)。同志の皆様、チケットGET頑張りましょう。
っていうか誰かください(笑)。

W杯前合宿はボンになったそうで。
なーんだ。レバークーゼンだったら行ったことあるから、と楽しみにしていたのに。
ボンといえば、…ベートーベン?くらいな連想しかできないや。

ゴン、肋骨骨折のなかお疲れ様でした。
肋骨折ったことある身としては、折った直後に長時間飛行機に乗る行動自体が信じられません。お疲れ様でした(^^;)

本日の画像はW杯組み合わせ決定に関連しまして、2002FIFAワールドカップ公式プログラム表紙。
パンフを眺めるのが好きなのでもうボロボロ。
もう一冊買っておくんだったなあ。

トヨタカップどころではない。
そういやトヨタカップはトヨタカップではなくなったんですよね。
何カップになったんでしたっけ。
「地球一」というキャッチコピーだけ脳に残ってしまい、肝心の大会名が印象に残ってません(^^;)
今年は観に行かれるかしらん。15日とか狙ってたんですが平日の横浜なんて無理な気がしてきました。
去年はこの時期に日本代表対ドイツ代表なんて横浜まで観に行ってたような(そういや誰にもバレないようにコッソリ定時退勤して行ったな…)。

今晩はゆっくりブログ書き込めそうです。早く今日終らないかな〜。まだ始業前ですが。

お疲れ様でした、お疲れ様でした。
昨晩で今季のリーグ戦終了。
選手はもちろん、サポーターの皆さんもお疲れ様でした。

最終節でドッと疲れました、わたしゃ。
ガンバおめでとうございました。
ひそかにJ初年に発売されたガンバの応援歌CDを持ってる私としては(詳しい理由はあえて書かないです)、何度でも言いたい。
選手やチーム、OB、関係者、サポーターを含めて皆様本当に本当におめでとうございます、と。
そして松波選手お疲れ様でした。チームが初優勝して引退とは幸せな選手だ…。

とりあえず今季は昨晩で終わり。
つかのまの休息にしっかりと仕事頑張って、そしてまた天皇杯やら何やらの観戦を楽しみたいと思います。
最終節で疲れたので、もう今は何も考えたくない。いや手前は考えなくていいんですが。レッズは今季は勝ち点1差で2位だったとか、勝ち試合にできたはずの引き分け試合をきっちり勝っていかなくては優勝はできないんだな、とかそういう事はまた来年。
サイトのほうも今晩中に或るコーナーを作ってアップしようと思っていたのですが、やべっちFCも見忘れるほど長電話してしまったので断念、という裏方もまた今度(サイトは多分今年一杯で閉鎖という考えの結論もまた今度)。




相馬選手、本当にこれまでありがとうございました。
今はただただ寂しい気持ちで一杯だけれど、選手側からとは違った相馬節を聞ける日を楽しみにしています。

(そのくせ、引退セレモニーでの相馬さんのスピーチは色々な思いで胸がいっぱいすぎてあまりよく覚えていないんだよな、私(^^;))

11月最後の日記はH系トラバを削除しようとして間違えて記事自体を削除してしまいました(笑)。あーあ。でもH系トラバは鬱陶しいので削除したい(^^;)

泣いても笑っても今日で決着。
去る11月25日に北アイルランドの英雄、ジョージ・ベスト氏がとうとう多臓器不全でお亡くなりになりましたね。
59歳の若さで本当に酒にやられてお亡くなりになってしまったわけで…。
どっかのニュース記事で画像の左がジョージ・ベストだと紹介されていたんですが、ええ?ベストってこんな顔だったっけ?っていうか、これで59歳って老けすぎだろ!
酒って怖いな、と思いました。
若くしての成功、家族の飲酒環境、若さゆえの悩み、個人の嗜好、奔放な行動から生まれる才能、周囲の環境、、、色んな要素がからみあって、酒におぼれていったんでしょうけれど、プロリーグが生まれたばかりの日本から眺めるとちょっと切ない気持ちになります。
本人は幸せだったのかもしれないけれど。


さて、年末モードに入り仕事に勤しんで(時折プライベートにも勤しんで)帰宅すれば撃沈している間にもJの混戦ぶりは着々と…。
5チームが最終節で優勝できる可能性がある混戦なんて凄いな。
楽しくてしょうがないよ、観る側としては。
でもさ、よーく考えると、セレッソが勝ったらそれで終わり。セレッソの優勝で終わり。
セレッソが負けたら混戦なわけで。。。
今日のセレッソの対戦相手がレッズじゃなくて良かったよ。レッズだったら気が気じゃなかったですよ、きっと。FC東京ということで。混戦を楽しむためにも、FC東京様ぜひ頑張って下さい。せめて引き分けに。
かといって、またセレッソイレブンの泣き崩れる姿は見たくないなあ。数年前の同じパターンの優勝戦線での敗戦の時は、セレッソサポでなくてもちょっとかわいそうになりましたもんね。
ま、泣いても笑っても今日で終わり。
どこのチームが笑うやら。

とりあえず本日わたくしは等々力にフロンターレ対ガンバを観に行ってまいります。

目をそらしても現実は現実。
ちょちょちょちょっと待って、セレッソ大阪様...。
気づいたら1位と同じ勝ち点で2位にいらっしゃるんですけど(かろうじて勝ち点はだいぶ違うんですが)。
レッズは...本日敗戦により、4位。ガンバも負けるしねえ。

FIFAプラッター会長はつい先ごろのプレーオフ、スイス対トルコ戦での暴動を憂慮し、国際試合前の国歌斉唱をやめようかと言い出す始末。
まあね、確かにあれで一体感とか生まれますしね。
まあ、牽制発言だと思いますけど。

おっと、つい優勝争いの現実から目をそらしてしまいました。
えーと、FIFAランキング、日本は15位だそうで。おいおい。
で、ドイツは16位。おいおいおいおいおいおいおい。

いけないいけない、また目をそらしてしまった。
もうどうでもいいや。次節、次節。
本日はまたもや川崎フロンターレ対ジュビロ磐田を観に、等々力へ行ってまいりました。
ゴン中山、フル出場しておりました。
きょ、脅威やでー。
年下の清水エスパルス・沢登選手まで今季限りでの引退を本日発表したというのに。お疲れ様でした、沢登選手。
画像はフロンターレの垂れ幕なんですが、語間にあるこの人の姿が妙に好きです。まるで試合ほっぽりだして逃げ出した選手のよう。

咀嚼したら日程がゆるくなるんかい。
ぎゃあ、玉田選手疲労骨折!!

W杯前になると、これまでの過密日程とそれからの濃厚日程で、今度は選手の疲労による怪我が心配な時期に入ったな、と思ったら。
特にその名も疲労骨折とか被害は想定内。部活に勤しんだだけで疲労骨折しますからね(^^;)しかもボール蹴らない競技で。
アンゴラ戦前、合宿から帰しておいて正解でしたよ、ジーコ。でなけりゃ、疲労骨折を通り越してどんな怪我になっていたやら。

年末に向けて仕事が忙しくなり始め、サッカー界の寂しい憂さも(ってまだ相馬さんしか聞いてないけど)仕事でまぎらわせている時に玉田選手のショッキングなニュース。びっくらこきました。ついでにPCもおちました。猛速攻で再びデータ入れなおしました、トホホ。仕事で憂さを晴らすあたり、典型的なネクラ日本人だな、我ながら。へなちょこですけど。
昇給は完全になくなりましたしね。先週末の資格試験中に魂は抜けでていく一方。後ろの席のかわいい外人の子がカツカツと順調にシャーペンを滑らせていたのが脅威でした。日本育ち、とかではなく大学から日本に来ている、とか言ってたんですけど(ちなみに試験は英文とかではなく)。

そこで、ハイ、お出ましになりました我らがキャプテン川淵!!(68歳にもなってキャプテンって恥ずかしくないのかな)
玉田選手の怪我から自説を朗々と。
「昔に比べて疲労骨折が増えた気がする。僕の時はよく咀嚼して食べたものだ。今の時代は、偏食なども理由なのかもしれない」
Jも過密日程、代表も昔に比べて強豪との試合など増えたし遠征もちょくちょくやってるし、両方にメンツを立てなきゃいけない選手たちにそれはないんじゃないでしょうか、キャプテン...(まあ、昔は代表試合で3日連続試合なんてのもあったようですけど)。
極端な偏食の人なんてのも、少数派だと思いますし。
まあ、川渕キャプテンはどこの会社や組織にもいる、嫌味を言って部下を奮起させるタイプの上に立つ人なんだと思いますけど。

怪我した玉田選手に関連しまして、今日の画像は2006ドイツW杯アジア地区第一次予選の第一戦目のパンフ表紙より。
こういうセンス大好きです。選手もサポーターもスーツケース持ってドイツ行くぞってなね。
これは2004年2月18日に埼玉スタで行なわれた日本代表対オマーン代表のもの。玉田選手は翌試合の3月31日のシンガポール対日本の試合で代表デビューを果たしています。このパンフには顔も載っていないんですけど...。
怪我をきっちり治してから勇姿を見せて欲しいものです、玉田選手。焦りは禁物ですもんね、選手にとってもファンにとっても(^^;)

やったぜ父ちゃん明日は1部だ!
ここ数日、フロンターレの練習見に行こうかとか言ってましたが、明日仕事関係の試験があるのでした。
本日、慌ててファミレスに一日中缶詰になって試験勉強に励んでみたりなどしたのですが、今さら合格など無理な話ってことに気づいて先ほど帰宅しました。1日で合格できるほど甘い試験ではありませんでした。
おとなしく、しばらくは今の給料でやっていこうと思います。給料アップを狙って試験申し込みをしたのを前日に思い出すあたり、そんな計画性のない人間にキャリアアップはどだい無理でした。イヒ。

さて本日、早稲田大学ア式蹴球部が2部リーグ優勝をし、9年ぶりに関東大学サッカーリーグ1部に復帰を決めたそうで。
大学サッカーをご存知ない方には何が喜ばしいのかサッパリだと思われますが、大学サッカーをご存知でさらに早大ファンの方には感慨深いものと思われます。いや、早大ファンでなくても「おお、ようやく復活したか」と感慨深いのでは。私も感慨深いですよ。走る土臭い早大ファンでしたので(すみません、今は大学サッカーそのものから離れてしまっているので...)。

関東の大学出身のJリーガーでよく見かけるのが、筑波、中央、順天堂、早稲田、東海、明治...等々の出身だと思うのですが、たいてい関東大学リーグ1部所属の時に在籍していると思います。Jリーグに入れるような選手は関東大学リーグ1部(もしくは2部)の大学所属のことが多いので。ここ数年はJの特別待遇制度などにより、だいぶその様子が変わってきていますが。

早稲田大学などは確かリーグ創設以来、1部から転落したことがなかった気がします。
ところが9年前、まさかの2部落ち。
そしてあれよあれよという間に東京都大学リーグまで転落(東京都の大学の場合、関東大学リーグの下が東京都大学リーグ)。
私の記憶が確かならば、新聞で「早稲田大学、スポーツ特待生の枠を縮小」という記事が出たあとにこの転落劇が始まったような気がします。
まあ、早稲田大学が珍しいケースというわけではなく、東海大学なども県リーグ所属になったり、としているわけですが、早大の海老茶色のユニフォームが万年西が丘サッカー場で見られないのは大学サッカーファンとしては寂しいものがありました。

そしてそこへ昨年春から早大出身の元エスパルスの大榎克己さんが監督就任。
目標の脅威の最短2年で1部復活を見事果たしちゃいまして。
すごすぎる・・・。
その就任直後の雑誌記事にはこうあります。
「早稲田でサッカーをやった思い出は同じように持ってもらいたい。」
プロ志向の部員、普通に就職する部員、色々いるけれど、という話の中での言葉なんですが。
いやはやおめでとうございます。
名門の復活、本当に嬉しいです。


その記事の見出しより。

ア式蹴球部という独特の部名が示すように、早大サッカーの歴史は古く、創部は1924年。
これまでに、数々のタイトルを獲得し、多くの名選手を輩出してきた。
それが、いまや東京都大学リーグで戦う身。かつての強豪の姿はそこにはない。そんな部を任されることになった元スタープレーヤーの指導者としての挑戦。

この文で、今回の昇格がどんな感じかおわかりいただけるのではないでしょうか(^^)
ちなみに早大出身といや川淵三郎、釜本邦茂、加藤久、岡田武史、西野朗、松山吉之、相馬直樹、斉藤俊秀(順不同、敬称略)などの方々がおられまする。

蛇足ですがこの記事アップ実際の日時は11/19の23:58頃です(^^;)

また日本の車窓から
携帯からブログアップは字数制限との戦いなので、だらだら書きたい身としてはスリル満点な朝。
仕事にかまけているうちにW杯予選プレーオフは終ってしまったそうで。
スペイン、チェコ、スイス等が無事歓喜の出場を決めたそうで。お〜、ヨカッタヨカッタ。ネドベド復帰した甲斐ありましたね。

それよか全日空、俊輔と契約したそうで。
うわ、元フリエファンの人や選手はどう思うだろう。複雑だなあ。

明日は意気揚々、フロンターレの練習見に行きたいと申しておりましたが誰も賛同してくれません。誰ーかー連れてって下さい〜。

朝もやの車窓から
おはようございます。昨晩の国立組の方々お疲れ様でした。
た、多分、勝ったそうで。

昨晩は営業スマイルとトークをいつも以上に振り撒いてひと仕事を終えて帰宅しようとしたら、試合を終えてホクホク顔の青い観戦者達とはちあってしまい、耳と目をひたすら閉ざして帰路を急ぎました。
ビデオを見るまでは結果を知るまいぞ、と。

と苦労したにもかかわらず、ビデオを見ながら寝てしまい(後半に向けて円陣組んだ瞬間までは覚えてるんだが。宮本さんが険しい顔だな、俊輔の髪が前半以上にサラサラだなと)今朝ニュース見てしまい。

今冬の歳末決戦で!!
だあ、またもや昨晩のやべっちFC、見損ねました。
(というより、もはや見ていない週のほうが多いような気がしてきました)
相馬さんの引退会見の模様って放送してました?
どなたかその旨教えてくださいませ!!m(_ _)m
どうか何卒情報のほどよろしくお願い申しあげます。なにとぞ、なにとぞ。。。

今朝やっと決意しました。
来月、HDD内蔵DVDレコーダー買う。
ここ2年ほど買い渋っていましたが、ようやく決意。
物忘れと睡魔がもう、寄る年波には克てない。
(民放でやっていたイングランド対アルゼンチン戦も録画しそこねたし)

今日の画像は1996年7月3日号のサ○カーマ○ジンより相馬選手の単独ページ。
押入れをあさるまでもなく本棚から切り抜きが出てきたので。
軽く著○権法違反ですので(嘘。本当は「重く違反」。つーかこのブログはどっからどこまでも違反ばかりですが)、こっそりこっそり。
「France98へのキーマン」というお題でロングインタビュー受けてます。当時アントラーズで25歳。
ちょっと待て。96年の雑誌でしょ、これ。それでもう98年の話をしてたのか。最終予選の話とかすっ飛んで…。まあね、94米W杯をすんでの所で逃して日本中が雪辱に燃えていましたからね、98仏W杯に向けては。
色々と相馬節をかたむけています。
「ワールドカップは頂点です。でも出場することじゃない、優勝することが頂点。カッコいいことを言うけれど、夢は簡単に実現できないものだからこそ夢。でも実現不可能なわけじゃない。だって、日本以外の全部の国が棄権するかもしれないじゃないですか(笑)」
冗談にしたって、スケールのでかいジョークだな。30ヶ国近い国が全部棄権、だなんて。
画像は相馬さん云々より、隣でうつろな目で万歳している岡野選手のほうが気になるんですが(笑)。

今度の土曜、フロンターレの練習場に行っちゃおうかな。
とか友人に言ったら「1人で行っておいで」とあちこちに顔を出す無節操さを軽くスルーされました。
どこのチームの選手であろうと素晴らしい選手は素晴らしい選手なわけですが、無節操と秩序と熱狂の兼ね合いが難しいですね。こうして「ミーハー」と呼ばれて幾年月・・・。



相馬選手の引退会見全文がフロンターレサイトにアップされましたね。
すごい長いんですけど。。。
引退会見って案外長いんですね。
今までの方々のを見てもこんなに長いとは思いませんでした。
みんな、結構はしょられてしまってるんですね。
備忘録にここへコピペしちゃいたかったんですが、あまりの長文ぶりにさすがに気が引けました(^^;)
それにしても、またちょっとナーバスになってきてしまいました。
本当、お疲れ様でした相馬選手。
長い間、楽しませてもらいましたファンは。

川崎×神戸
行ってきました、川崎まで。
川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸。

川崎を1時間程さまよいました。。。。。

等々力って渋谷のほうからバスや車でしか行ったことなかったんですよね、これまで。
今回友人に同行を拒否られたので、大人しく電車で乗り継いで行ったんです。
武蔵中原駅から歩いていくつもりで。
駅から15分ほどだな、と歩き始めたわけですが、気づいたら川崎市高津区におりまして。
等々力競技場は中原区にあるハズ。

嫌な予感が。

中原街道を歩いていけば着くと思っていたけれど、もしかして逆方向に歩いている・・・・?

そもそもね、駅に着いた時にサッカー観戦者らしい人々があまりいなかったんですよ(試合前にイベントがあったので皆さん早めに行ったんだと思います)。
駅に着けばそれらしい一団がゾロゾロ競技場に向かって歩いているだろう、と地図とか持たずに来ていたんです。
駅にも「競技場はこっち方面」みたいな看板が見当たらなかったし。
町を歩いていてもそれらしい指示看板はとうとう無かったし。
もしかして武蔵中原駅から行く人って少ないのか??
でもそれにしても多少は色(看板)を匂わせて欲しかったな・・・。

ま、そんな方向音痴ぶりを大発揮して、競技場の中に入ったのは前半終了間際。
もう2−0と面白いヒト山は越えてしまっちゃってました。
ちょっと寂しい。

まあ、色々と詳しい内容はフロンターレ公式サイトやJ公式サイトでどうぞ。
すみません、まだ気持ちが落ち着いていないのです。
気持ちが落ち着いたら画像とかアップしたいと思ってるんですが。フ、フロンターレサポでもないくせに何が気持ちの整理だ、とか言わないでくださいナ(^^;)
引退に対してネガティブな気持ちになっているわけではないんですが、「もうあんなプレーやこんなプレー、そして新たなプレーはもう見られないのか」と気持ちが雑然として文章にする気が起きないんです。精神的にへなちょこなので11月から2月くらいまでの人事期間は毎年一回はこんな感じ(^^;)


でも今日、久しぶりにナマで(すみません!!(笑))目の前で相馬さんを見て、趣味ばかりでなく仕事ももっともっと頑張ってもう少しものになる社会人になろうと思いました。

相馬選手引退。
川崎フロンターレの
相馬直樹選手が
今季限りで引退することが
本日発表されました。


「ええーっ!」
そんなヤフーニュースにパソコンの前で深夜に絶叫。
久々にベタな絶叫したな。
あ、昨日職場でアンゴラ戦行けないのが判明してベタな絶叫したばかりだな、そういや。
今日は平穏な1日で、無事平穏に眠りにつこうとした所だったんですけど…。
で、とりあえずフロンターレサイトに行かねば、と行ってみたら、嗚呼。
もう、心穏やかには眠れないですよ、こんなの見たら。


―経験は受け継がれる―


ごめん、ちょっと涙でてきた。

今夜の画像は相馬選手のデビューシーズンの写真記事(雑誌「STRIKER」より)。
押入れの奥にもっと色々あるんですけどね、もう探す気力がないのでこれで。STRIKERさんごめんなさい。10年前のだから許してちょ。
相馬さんといや、日本初出場のフランスW杯メンバーですが、早稲田大学主将の肩書きをひっさげて、颯爽と1994年にJデビューしたのが印象深いです。
取材やテレビに対して、とにかくしゃべるしゃべる。
高卒選手のような「フレッシュな坊やです!Jリーグはどうかな?やっぱり凄い?」ってな扱われ方はされず、どちらかといえば大卒の理論派としての登場を期待されての扱われ方なのに、まあ、あっけらかんと明るい明るい、軽くしゃべるしゃべる。
ってな感じだったのが印象深いです。
まあ、プレーは大学リーグ観戦に通っていたんで、今さらビックリすることもなく「さすが相馬さんだナ」と(笑)。
この記事写真見て、10年前なのにあまり変わっていないなあ。などと思っていたのですが、フロンターレサイトのトップの相馬さん特集画像見たら、とたんに歴史と経験を感じてしまいました。そりゃ涙もでるよ。

でも相馬さんの語っているのに軽い感じの語り口調を思い出したら、なんか明日も仕事頑張ろうとか思い始めました。
J2年目に相馬さんプロ入りしているので、Jリーグの色んなことも思い出してしまいますね。

相馬選手、これまでたくさんの夢と頑張る勇気をありがとうございました。お疲れ様でした。



12/3、リーグ最終戦後ちょうどホーム等々力で、セレモニーがあるそうで。行かねば。。。今からチケット取れるかしらん。等々力久しぶりだな。フロンターレサポの皆様、よそ者ですがこの日ばかりはどうぞよろしくお願いしますです、ハイ。

3年前なら上司にごねてキャンセルしてたな。
昨日、松井選手見たさにすっごい行く気になっていた16日のアンゴラ戦。

・・・行けませんでした。

まあね、年末近いですしね。忙しいのは合点承知のすけ。でもね、そこまで毎日毎晩忙しい会社じゃないし。
と安心しきって朝、何の気なしに職場でマイスケジュール表を眺めたら、目が飛び出ました。
よりによって16日のみに仕事の予定が確実に21時頃まで入ってました。
あまりにもタイミングがよすぎやしませんか、マイ上司様。

つまらんので、アンゴラについて勉強してみまちた。
アフリカの西海岸に位置しているんですね、アンゴラ共和国。
面積は日本の3.3倍あるんだそうで。
首都はルアンダ。
あ、アンゴラは聞いたことなかったけど、ルアンダは聞いたことあるな。
っていうかアンゴラって、カシミヤ、レーヨンみたいな生地の種類にあるあのアンゴラ??違うか。
公用語はポルトガル語。1975年に独立宣言するまでポルトガルの領地だったそうですから、ハイ勉強おしまい。

それぞれの戦闘服。
H系のトラバを削除しようとしたら書いたばかりの自分の記事を間違って削除してしまいました...orz
そのままフテ寝してしまおうかとも思ったのですが、H系トラバごときにふてくされるのもアホくさいので、適当にはしょって再アップ。ちょっとむなしい夜。でもまだ今は火曜日の夜。平日はまだまだあるんだな、これが。早く金曜の夜にならないかな。
(なので今は9日だけれど日付は書いた時の8日のまま)


16日のキリンチャレンジカップ・アンゴラ戦のメンバーが発表されましたね。
見に行かないつもりでしたが、久しぶりにナマで松井選手のプレー見たくなったかも。
平日夜、会社帰りの観戦はしんどいけれど好きです。もはや帰り道じゃないような気もしますが。開放感に浸りきれないせつなさが好きです。得点や失点に雄たけびをあげた瞬間、自分のスーツ姿を見てせつなくなるのが好き(笑)。

GK:土肥(FC東京)、川口(磐田)、楢崎(名古屋)
DF:田中誠(磐田)、宮本(G大阪)、坪井、三都主(浦和)、駒野(広島)、中澤(横浜FM)、加地、茂庭(FC東京)
MF:遠藤(G大阪)、小笠原(鹿島)、村井(磐田)、阿部(千葉)、中田(ボルトン)、中村(セルティック)、稲本(WBA)、松井(ル・マン)
FW:大黒(G大阪)、玉田(柏)、高原(ハンブルガー)、柳沢(メッシーナ)

メンバー発表と同時にアンゴラ戦でお披露目となる来年ドイツW杯用ユニフォームも発表されましたが。
日本刀がモチーフだそうで。
最初見た瞬間は流線型模様が涼しげだな、と思ったら、日本刀でしたか。
あ、日本を売り出すなら、流線型を寺の石庭でよく見かける枯山水の砂で描いた川の流れに見立てるのはいかがでせう。
「日本刀」と「枯山水」ということで。
・・・海外にアピールするには、ちょっとコアすぎるか。

ところでこういうお披露目時のモデルはどうやって決まるんでしょう?今回は何故、土肥、今野、中田各選手だったんだろう?って、単に東京での会見に出てきやすい代表選手ってだけか(^^;)

日本刀ユニに関連しまして、今日の画像は98フランスW杯時のユニフォームの様子をフランスW杯公式ガイドブックより。
もはやユニより面子のほうが興味ありますが、今夜は我慢我慢。
袖のあたりに炎がメラメラしているバージョン。
派手だな。
体格良く見えるし、結構好きだったな。
そう考えると今回の日本刀はスマートに見えるような気がしますが、気のせいでしょうか?日本人はただでさえ骨格が細く見えるのに。って見せかけで勝負している場合じゃないですね、もはや。

≪ 前の30件| 次の30件
2019 - August
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Profile
名前ぐり
地域埼玉
スポーツ、中でもサッカー観戦が趣味な管理人の書く日記なので、サッカーに対する感想日記が多いと思われます。
お気軽にコメントなぞ寄せて下さると嬉しいかもです。
カテゴリー
サカ日記(114)
最新記事
  • タイムリーすぎる。
  • 今ごろ、フィンランドについて。
  • ネクタイを大きく巻いてお洒落なノイビルさんをば。
  • つながらなくても疲れる。
  • 大雑把戦略にはまる。
  • 過去記事
  • 2006年02月
  • 2006年01月
  • 2005年12月
  • 2005年11月
  • 2005年10月
    全件表示 >>
  • リンク
  • ブログ村サッカー