ぐらべる・ろぉど でぃ・ばぃ・でぃ
JW-CAD の土木向け外部変形(機能拡張)とインターネットの CGI の作成をしています。 ここは、開発の状況や思い付きなどをメモする場所です。

2005年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

プロフィール
名前うしわたり ひろし
URLhttp://www61.tok2.com/home2/gravelroad/
血液型A型
星座水瓶座

カテゴリー
JW-CAD(62)
Web Design / CGI(26)
BLOG(25)
[測量外変] SuUP(6)
Programing(7)
PC(4)
Ruby外部変形スクリプト集(4)
[配筋外変] rBend(2)
[求積外変] gHeron(13)
[作表外変] eTable(7)
[拾出し外変] LP_COUNT(2)
[外変部品] uDialog(4)
ミーハーネタ(15)
[区画割外変] sDiv(4)
[寸法外変] sDim(1)

最新記事
2005年10月21日  お引越し
2005年10月10日  HTML_Template_Flexy(8)
2005年10月10日  HTML_Template_Flexy(7)
2005年10月09日  php 4.40
2005年10月08日  HTML_Template_Flexy(6)

過去記事
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月



2005年08月30日  色のお話
最近やった内装現場で、配色をめぐって色々とトラブルがあって、まあ、この辺はデザイナーサイドの問題だとは思うんですが、自分なりに思うところもあって、配色の基礎みたいなものを考えています。

で、知らなかったんですが、日本流行色協会という団体があるそうです。服飾中心ですが、リビングのコーナーもあります。2005-2006 年のリビング色のトレンドは結構明るめで濃い目の色のようです。スロークッキングという組み合わせが、どこかでパクれそうです。

AM 09:38:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | [BLOG]

2005年08月27日  DL数
久々にアクセスログをみてみたら、うちの外変のDL数はやっぱり eTable が多く、次いで gHeron → sDiv → gAxis ... の順でした。 まあ、ここ3週間くらいのログなので、リリースしたばかりの sDiv が入っていますが、やはり需要としては eTable / gHeron が高いという事なんでしょうね。

gHeron のデバッグは、ビルドしなおしたらフリーズが収まったので、とりあえず移植作業を続けています。 結構、道のりは遠そうです。 表の定義ファイルが DOS版ヘロンちゃんからの継承なんですが、そろそろ変えてしまおうかと考えてます。

AM 11:37:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | [JW-CAD]

2005年08月26日  ハマリモードです
マルチスレッドがらみなのかデバッグ中にフリーズするようになってしまいました。
ちょっと頭を冷やして立て直さなきゃ...。

PM 12:48:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | [[求積外変] gHeron]

2005年08月24日  労力かけついでに...
色々、懸案あってなかなかリリースできない gHeron ですが、もう労力をかけついでに、全て VC 化(一部 Excel VBA 化)でいくことにしました。 前に Delphi には8割がた移植しているので、このコードを移植しようと思います。(ruby → VC は結構移植の手間がかかるので...。)
まあ、エクセルがらみの部分で実行時間がかかる部分があるので、eTable のように経過バーをつけようと思って、スレッドの操作の部分のたたき台だけは出来たので、あとは本来の外部変形動作部分の移植のみです。

PM 12:45:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [[求積外変] gHeron]

2005年08月22日  ソリッド着色
a-naga さん の外変ソリッド系と連動して、切った区画にソリッドで着色する機能を実装してみました。 いまさらですが、ソリッド図形に曲線属性をつけるとグループ化のように使えるんですね。 とても便利。

実装中、ちょっと手間取ったのは、直線のデータの判定を行先頭のスペースでやっているところと、作業ディレクトリの設定でした。親プロセスの作業ディレクトリにファイルが出力されるようで、今回はソリッド系の実行ファイル位置にあわせて作業フォルダを設定しました。
もう少しテストしてから公開します。

AM 11:29:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | [[区画割外変] sDiv]

2005年08月20日  3DXF読込(2)
Chi さん の 3DXF読込がバージョンアップされたので期待感をもって試してみました。新機能の目玉は、ポリゴンマージでデータ量が軽くなるのが狙いだと思うんですが、この機能をいれると手持ちのデータのほとんどが、[setVct()->頂点が3個未満です] のエラーが繰り返し表示されて、安定して動作しません。 オプションをきるときちんと動作するし、極小データにならないようにスケーリングされる機能も抜群です。 できれば、ポリゴンマージのスイッチを切ったときに、この状態が次に使うときに保存されていれば大変便利だと思います。 こんなブログを作者様が見ているとも思えませんが、次期バージョンで対応していただければ大変うれしいです。

PM 05:43:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | [JW-CAD]

2005年08月19日  区画割(3)
面取り他の実装も終了して、他の部分もほぼ安定して動作するようになったので、明日あたりには公開する予定です。

公開前なのに、もう次版の話も変ですが、次は ソリッド系と連携して、塗り潰しまで出来るといいなと思っています。これができると、そのまま gHeron の区画対応版にかけて求積表の作成までがスムーズになります。

gHeron の区画対応版も8割位は出来ているんですが、一応レイヤ分けとかのオプション関係の実装をしてから公開する予定です。

PM 06:50:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | [[区画割外変] sDiv]

2005年08月16日  区画割 (2)
盆休み中にコーディングを進めて、大分動作するようになって来ました。 現在、面寸法によるすみ切りの実装をしています。 プレビューウインドウをつけてみました。 また、微小面積側の収束と、自己交差のアルゴリズムの調整で手間取っています。

AM 09:14:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | [[区画割外変] sDiv]

2005年08月12日  区画割
以前に、宅造の区画割でちょっと苦しんだので、指定面積の外形を検出する外部変形を作成中です。固定した外形線に対して最後の一辺または二辺を平行移動させて、指定面積になる辺の位置を探索します。
可動辺と固定辺に隅切りが必要な場合には、平行移動した後に隅切り(面取)を行う必要があるので、これも可動辺のどちら側もしくは両側を隅切りするか指定できるようにしたいと思っています。
現在、隅切りなしで可動辺が1つの場合のみでは動作しています。あとは、敷地外形線同士の交差のチェック、複数可動辺の平行移動方向の検証、隅切り機能、坪換算、入力欄の簡易計算機能などの実装を考えています。

PM 12:51:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | [[区画割外変] sDiv]

2005年08月10日  3DXF読込
siegle さんの掲示板からの情報です。

建築設計に役立つプログラム集

これを使うと 3D の DXF データが自在に読み込めます。
透視図のアングルを変えられたり、正面図、側面図へも変えられますので、広く応用が利きそうです。

私の環境はちょっと、フォルダ構成が特殊なので、バッチファイルを変更しました。 一応、任意フォルダで動作するように、#cd オプションを追加して、実行結果ファイルをカレントフォルダにコピーしています。

@REM ***** 3dxf読込.bat *****
@echo off
REM #jw
REM #cd
REM #h0
REM #hc 2P_Solid
REM #0 基準点を指示してください
REM #e
start /wait jwGcon.exe /read3DXF
del jwc_temp.txt
copy c:\jww\jwc_temp.txt .

PM 01:04:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | [JW-CAD]

2005年08月09日  音響設計
流れるかもしれませんが、ライブハウスの話が来てます。

ということで、防音工事について調べてみました。
通常、防音工事の主体になるのは遮音で、内部から外部へ漏れる音を減衰、反射させて、小さくするもので、鉛製のシートなどを造作壁の中に貼りこんで音を遮ります。
ただし、この状態だと、遮音壁からの反射がきつくて部屋の中がひどくライブな状態(反響時間が長く大きい)になります。ライブなどのサウンドメイキングでは、機械的に反響を加えることができますので、一般的にはデッドな部屋(反響が短く小さい)のほうが音質調整が容易になります。 そこで遮音した内部に吸音素材を配置したり、定在波反射がおきない様に壁の向きをランダムにしたりといった工夫が必要になります。
一般に吸音素材というと、有孔ボードやジプトーンなどが浮かびますが、こういった材料は、背面に空気層を確保する必要があったり、非常に限られた周波数帯のみで減衰を起こす場合があるので使用には注意が必要だそうです。

世の中には自分で防音室を作ってしまったツワモノもいて、こういうコマーシャル抜きの情報は非常に役に立ちます。
DIYホームシアター

PM 05:03:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | [BLOG]

2005年08月03日  サンメント
最近、データの物色に余念のない牛渡です。
本日は、回り縁のサンメントのデータを見つけました。カウンタ詳細などに、これはうれしいです。

MIHASHI

ちなみに JW に直接読み込ませると、若干データ化けを起こすようなので、久々にJacConvertのお世話になりました。

Shade で読み込ませて、掃引すると 3D でも活用できそうです。

PM 08:05:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | [JW-CAD]

2005年08月01日  トイレの立面図
立面図を描いていてふと思ったんですが、トイレの機器の立面データって標準では入ってなかったんですねー。平面図形は結構豊富に入っているので、なんだか標準であったような気がしていたんですが...。
まあ、TOTO の 3D データから持ってくるとか、手があると思いますが、ちょうど siegle さんの掲示板でも話題に上っていたので試してみようかと思っています。

PM 05:00:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | [JW-CAD]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp