女の芳香
人形コレクション。スイス・ローザンヌ在住のアーティスト・ビリーボーイ&ララ両氏による「ミドヴァニィ mdvanii」の、フェルナンド所有作品を紹介。

2005年05月31日  Strapless Gown
別売りのストラップレス・ドレス。
裏地には、シャネル・マークが織り込まれてる!!
ビリーボーイは、オートクチュール・ドレスのコレクターでもあるので、恐らく古いシャネルのドレスからリメイクしたものと思う。

AM 01:26:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | [Dress]

2005年05月25日  インド
サイキック・インディアン・ドールのパッケージ。箱の中では、大きく盛り上げたビーハイブ・ヘアのスタイルなので、横を向いている。92年春発表。中で着ているワンピースは別のミドヴァニィのもの。

AM 12:29:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | [Girlfriend]

2005年05月18日  手縫い
ロフィシェルの襟なしコートは、横から見ると、ちょっと異常なほどボリュームがある。もしも人間サイズだったら、重力できれいなフレアが現れるかもしれないが…。背中のプリーツとリボンがキュート。紫のストローハットも付属。長袖のシースドレスは、袖も含めて、すべて赤いシルクの裏地がついている。かなりタイトなドレスが、スルッとひっかかりなく着せられるのも、この裏地のおかげ。つま先の底を厚くして、かかとを高くしたスーパー・ハイヒールのシルエットが最高に格好いい!
シースドレスもコートも、サイズが人間の6分の1以下なら(ミドヴァニィの身長は約25センチ)、縫い代の折り返しにかけたプレスも、まるで6倍の強さで押しつけたかのように、しっかりとプレスされている。いったい、どこから縫いはじめてどこが縫い終わりなのかわからないほど、完璧に縫いあとが隠されていて、触っていると、フランス(当時)の工房で一針一針手作業で制作されていた様子に思いが飛び、優しい気持ちになれる。同時に背筋が伸び、雑で適当で品のない生活ぶりを反省する心が湧いてくる……

AM 01:43:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | [mdvanii92]

2005年05月15日  MODELE EXCLUSIF CREE POUR L'OFFICIEL
フランスのファッション雑誌「ロフィシェル」と提携したロフィシェル・ミドヴァニィは、花柄のリバティー・プリントの長袖シースドレスに、ゴールデン・イエロー(またはターコイズ・グリーン、ターコイズ・ブルー)のカクテルコートで発表された。
コートの裏にも、ドレスと同じリバティー製の裏地がついており、「LIBERTY」と「L'OFFICIEL」のタグがついている。
コートの分量がやたらたっぷりあり、なかなか格好よくスタイリングできないが、オートクチュールの技法で作られた、縫い目の見えない製法や、ポケットのリアルな仕上がり、裏地つきでも軽やかな厚みなど、ため息がでそうなほど美しい仕立て。

PM 11:55:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | [mdvanii92]

2005年05月12日  ロフィシェル・ミドヴァニィ
どこかグズグズした、微妙な表情に親しみがわかず、割としまいっぱなしだった彼女。改めて眺めると、ぽってりとオーバー気味に書かれた下唇のリップがなかなかチャーミング。まゆげの色は、少し濃すぎかも…。ジェット・ブラックの髪の色が、初期の大きなウィッグの仕切直しのようで嬉しい。
当時のカタログを見てたら、250体制作されたとのこと。ひょっとして、同じスタイリングで最も量産されたミドヴァニィかも? 値段も一番お値打ちで、それでも当然、メイクも衣装もハンドメイド。
画像の衣装は、初代サイキック・インディアン「ソラヤ」のブラウス。

AM 01:06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | [mdvanii92]

2005年05月08日  REMIX
Jeudiの衣装は、91年の「ファム・ファタール」に似ている。ビスチェ・シースの丈が膝上になり、ボレロの留め方は着物のように胸の前で大きく重なるデザイン。同じ頃、アメリカのF.A.O.シュワルツ百貨店のために比較的量産されたスーツと同タイプ。ストローハットは、93年の「ヴィア・ベネトー」と同じものだ。
既に手持ちの衣装と重複まくってるこの人形を所有してしまったのは、やはりオレンジ色のボブ・スタイル・ヘアに魅かれたから。「ディーの一週間」は、日曜から月曜まで7人のディーがそれぞれ違う衣装と小物の組み合わせでパッケージされた、一点物のシリーズだったが、共通ルールがオレンジ色のヘアだった。
確か、予約状況&お値段との兼ね合いでこのJeudiを選んだと思う。でも、この強烈なピンク色の生地が、ビリーボーイ・カラーだなーと、安心させてくれるのだ。ショッキング・ピンクのドレスなら、たとえ似たデザインだろうといくつあっても構わない。ピンクをまとったミドヴァニィたちを見てることが、幸せなのだ。

PM 11:59:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [Girlfriend]

2005年05月05日  むむむ…
この、Jeudi(木曜日)の資料が見あたらない…

PM 11:56:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | [Girlfriend]

2005年05月04日  Jeudi
もう一人のディーはポーセレン製で、94年に発表された「ディーの一週間 La semaine de Dheei」のひとつ。画像の衣装はミドヴァニィの「カスティグリオン通り」。ベルトのバックルはジェニーショップのもの。

PM 11:44:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | [Girlfriend]

2005年05月01日  Exposition Dali
「オマージュ・トゥ・スキャパレリ」に付属している、ダリの展覧会のパンフレット。両面にカラーコピーされた紙を2つに折ったもの。1934年にパリのJACQUES BONJEANで行われたものの、複製。表紙の対抗ページ(最終面)には、ビリーボーイ・トイズのスタンプが押してある。

PM 11:04:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | [mdvanii92]

プロフィール
名前fernando
画像の作品は、すべてfernandoが所有してきたもので、発表当時の品質を保っているとは限りません。
作品の説明には、ミドヴァニィの公証代理人である、SW JAPAN代表・渡辺純子氏による、作品発表当時のカタログからの引用が含まれてます。
SW JAPAN E-mail:info@swjapan.net

カテゴリー
Mademoiselle(5)
Accessories(4)
mdvanii93(8)
mdvanii90(8)
Boyfriend(6)
mdvanii91(7)
mdvanii92(11)
mdvanii96(2)
Girlfriend(12)
BILLYBOY*(7)
mdvanii95(3)
Dress(4)
news(1)
reprojection(6)

2005年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

過去記事
2006年01月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月

最新記事
2006年01月12日  なぜー
2005年08月05日  過去写真6
2005年07月29日  過去写真5
2005年07月23日  過去写真4
2005年07月22日  過去写真3



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp