タバコについて怨念を書き連ねるブログ
タバコを吸わない管理人が見かけた、 喫煙者の低マナー行為やなっちゃいない受動喫煙対策など、 タバコについて思った事を書き連ねていきます。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








山梨県庁:5月から「全面禁煙」 ただし議員控室は例外
ビルダッシュについてはそのうち書きます。

山梨県庁、頑張っております。議員控室を除いてですが、全面禁煙です。頑張って議員棟も禁煙にしてもらいたいです。

対して喫煙議員の体たらくは…政治家が法律守らんでどないするんじゃい!自分らだけ特別だと思っとるんかい!

とりあえずメッチャ離れたところに禁煙室を作って議員控室は禁煙にしてしまいなさいな。反対されたら「健康増進法第25条に従わなくちゃいけないしぃ、職員が体調不良を起こして訴訟でも起こしたら責任取ってくれるんですかぁ〜?」とケンカをふっかけて欲しいところです。

それとこれもそのうち触れますが、タバコを喫うヤツが「愛」煙家で、その反対が「嫌」煙家。この表現は昔からのものですが、これすらタバコを喫う事が中心の考え方を示しているように感じられてなりません。何かよい表現はないものか…。


山梨県庁:5月から「全面禁煙」 ただし議員控室は例外(毎日新聞)

 山梨県は21日、来庁者も含めて庁舎内を5月から「全面禁煙」にすると発表した。ただし、議会棟の議員控室は例外。県職員厚生課は、「議会事務局を通じて各会派にお願いはしているが……。5月までまだ時間があるので、議員さんにも同じ土俵に上がってほしい」と話している。

 03年5月の健康増進法施行で、公共スペースでの受動喫煙の防止が義務付けられた。県は04年5月、知事部局、教育委員会、県警本部などの担当者で構成する「喫煙対策推進検討委員会」を設置、話し合いを進めてきた。現在でも執務室内は完全禁煙で、庁舎内の廊下などに喫煙所を設けている。5月からは対策を強化し、喫煙所を屋外の通路や駐輪場など7カ所に限定する。

 議員控室だけが例外扱いされることに、たばこを吸わない議員は「煙が充満する室内で仕事をする受付の女性職員がかわいそう。議員に気を遣い、たばこの煙も我慢しなければならないのは気の毒」と話す。一方で、愛煙家の議員は「時代の流れは分かるが……」と述べるだけで、議論そのものに消極的だ。【佐々木洋】
毎日新聞 2005年2月22日 14時54分

2005/02/22 PM 07:04:13 | Comment(7) | TrackBack(1) | [情報]



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp