タバコについて怨念を書き連ねるブログ
タバコを吸わない管理人が見かけた、 喫煙者の低マナー行為やなっちゃいない受動喫煙対策など、 タバコについて思った事を書き連ねていきます。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








「やめた人からキレイに」/看護師に禁煙の小冊子(四国新聞社)
…まぁ、やめてくれれば理由はどうでもいいのですが。「医療職として喫煙しているのは恥ずかしいから」という理由ではやめられないのかな…というのは贅沢な悩みなのかな?「医療職として喫煙するのはいかんだろ」というのが自分の根底にあるからなぁ…。

ちなみに一番大事なのは「タバコを喫いはじめない事」ですから。その辺の初期教育、医学部も看護学部もビシッとしてかなくちゃイカンよなぁ…でもウチの大学もその辺情けないくらいヘタレだし…恥ずかしい。

それと遅くなりましたが、Gさん、コメントありがとうございました。お答えを書けずにいて申し訳ありません。まとまった時間が取れ次第キチンとお答えしますので、お許し下さい。こういった意見については大歓迎(色々な意見を聞きたいんです)ですし、自分が気分を害したなんて事は全然ないので、これからも忌憚のない御意見をお聞かせ下さい。


「やめた人からキレイに」/看護師に禁煙の小冊子(四国新聞社)

 「やめた人からキレイになれる」と、女性心をくすぐる表題を付けた禁煙小冊子を日本看護協会が作製した。喫煙率が成人女性の2倍近い看護師ら医療職女性がたばこをやめるのを手助けするのが目的。禁煙すれば肌がすべすべになるなどとし、たばこへの依存度や喫煙パターンに応じた禁煙法を紹介している。

 日本たばこ産業の調査によると、成年女性の喫煙率はここ数年14%前後。これに対し、同協会の2001年の調査では、医療職女性の喫煙率は24・5%だった。喫煙理由は「イライラしたとき」が最も多かったことから、ストレスをためないための工夫やリラックス法も紹介。小冊子には心身の調子を書き込むカレンダーがあり、そこで禁煙日記を付けることを勧めている。

2005/03/11 PM 09:13:32 | Comment(1383) | TrackBack(675) | [情報]

たばこ規制枠組み条約
昨日から上記条約が動き出したわけですが。

屋外広告…消えてないな…と思ったら、3月末に撤去予定?ホントになくなるのかなぁ…。最近新幹線によく乗るんだけど、新大阪駅の新幹線のホームの端じゃないところに喫煙コーナーがあったな…喫煙コーナーより端に行ったところにも自由席の乗り場があったな…喫煙コーナーって空間分煙できてなかったな…JR西日本の社長が何か言ってたけど聞き間違えだったのかな…。

タバコ世界消費量第3位って非常に恥ずかしい事ですよ。「タバコ事業を守ろう」とぬかす財務省にもむかつくし、その上新製品を売り込もうとするJTにもむかつく。

とりあえずちゃっちゃとやって欲しいのは、たばこ税の値上げ。1000円にすれば未成年の喫煙機会も減るだろうし、喫煙者も禁煙を考えるようになるでしょ。その上で上乗せした分増えた税収を、タバコに対する対策費(ニコチンパッチの補助とかでもとりあえずはよいよ)に当てておくれよ。

下の渡辺さんのコメントのお答えもコチラに書きましょうかね。まぁこういったコメントがいつか来るとは思っていたし、いつかは書かにゃあいかんと思っていたので。

悪気なく葉っぱをつけて、キレイな花を咲かせれば許されるんですか?ならケシの花も見ようによってはキレイですよ、写真でしか見た事はありませんが。キレイならケシの花を育てても良いんですか?産業にして良いんですか?悪気なかったら何したって良いんですか?毒を盛っても良いんですか?
「論理のすり替えだ」だの言われても気にしません。すり替えじゃありません、同じ事でしょうが。依存性が非常に強く、なかなか離脱できない。種類(症状の深刻度じゃないぞ)は違えど身体影響も強い。違いは所持・消費が「合法」か「違法」か、「入手しやすい」か「入手が非常に困難」か。
これだけ風向きが強くなっているというのに、なぜ作物転換を考えなかったのか?作物転換が一朝一夕にできない事は分かっています。だからこそ時流を読み、世間の風当たりが強くなると思われる「リスクの高い産業」からの転換を早期から進めるのは、事業を行う者として当然の行為でしょ。そんな基本的なリスク管理もできない輩どもにとやかく言われたくないね。
タバコ農家に被害者ヅラされると非常にムカつきます。あんたらは「毒物を生産している」加害者だという事を自覚すべし。
だから国は、タバコから別の作物への転換をしようとするタバコ農家に対する支援をしなくてはならないのよ。たばこ税増税にて稼いだ分をそこにつぎこめばいいべさ。全く、ムカツクなぁ。

2005/02/28 PM 08:26:21 | Comment(12) | TrackBack(2) | [情報]

ダルビッシュ喫煙問題
ビルダッシュじゃなくてダルビッシュでしたね。恥ずかしいなぁ。

というわけで日ハムの新人、ダルビッシュ有(18歳)が未成年なのに喫煙、しかも再犯という事で写真週刊誌にすっぱぬかれ、千葉の宿舎に謹慎、高校は卒業式前に停学…になったのかな?という事件でした。

プロの自覚がないですな(まぁこれからプロになるはずだったのですが)。ホントの一流選手ならば、自分の身体の管理はできて当然。となればタバコ喫ってる時点で失格でしょ。

別にプロ野球に興味はないけど、「子供達の憧れたるプロ野球選手がタバコを喫っているのはダメだ!ウチの選手は全員卒園する!」と宣言してホントに全員卒園したら、そのチームのファンになります。ファンクラブに入っちゃうかも…いや、ヘタな事は言えないな…。

なんかめんどくさくなったからこの辺で止めようと思ったら、新人研修に参加してましたな、彼。謹慎中じゃなかったの?

2005/02/28 PM 08:03:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [情報]

山梨県庁:5月から「全面禁煙」 ただし議員控室は例外
ビルダッシュについてはそのうち書きます。

山梨県庁、頑張っております。議員控室を除いてですが、全面禁煙です。頑張って議員棟も禁煙にしてもらいたいです。

対して喫煙議員の体たらくは…政治家が法律守らんでどないするんじゃい!自分らだけ特別だと思っとるんかい!

とりあえずメッチャ離れたところに禁煙室を作って議員控室は禁煙にしてしまいなさいな。反対されたら「健康増進法第25条に従わなくちゃいけないしぃ、職員が体調不良を起こして訴訟でも起こしたら責任取ってくれるんですかぁ〜?」とケンカをふっかけて欲しいところです。

それとこれもそのうち触れますが、タバコを喫うヤツが「愛」煙家で、その反対が「嫌」煙家。この表現は昔からのものですが、これすらタバコを喫う事が中心の考え方を示しているように感じられてなりません。何かよい表現はないものか…。


山梨県庁:5月から「全面禁煙」 ただし議員控室は例外(毎日新聞)

 山梨県は21日、来庁者も含めて庁舎内を5月から「全面禁煙」にすると発表した。ただし、議会棟の議員控室は例外。県職員厚生課は、「議会事務局を通じて各会派にお願いはしているが……。5月までまだ時間があるので、議員さんにも同じ土俵に上がってほしい」と話している。

 03年5月の健康増進法施行で、公共スペースでの受動喫煙の防止が義務付けられた。県は04年5月、知事部局、教育委員会、県警本部などの担当者で構成する「喫煙対策推進検討委員会」を設置、話し合いを進めてきた。現在でも執務室内は完全禁煙で、庁舎内の廊下などに喫煙所を設けている。5月からは対策を強化し、喫煙所を屋外の通路や駐輪場など7カ所に限定する。

 議員控室だけが例外扱いされることに、たばこを吸わない議員は「煙が充満する室内で仕事をする受付の女性職員がかわいそう。議員に気を遣い、たばこの煙も我慢しなければならないのは気の毒」と話す。一方で、愛煙家の議員は「時代の流れは分かるが……」と述べるだけで、議論そのものに消極的だ。【佐々木洋】
毎日新聞 2005年2月22日 14時54分

2005/02/22 PM 07:04:13 | Comment(7) | TrackBack(1) | [情報]

青年では喫煙により認知障害
先程久しぶりに激怒更新をしたのですが、こんな情報も出ております。
まぁ影響はでるでしょうなぁ。



Medical Tribute
青年では喫煙により認知障害

〔米コネティカット州ニューヘブン〕 エール大学(ニューヘブン)精神科と小児科のLeslie Jacobsen准教授らは,「喫煙する青年は,作業記憶などの認知機能に障害が見られる」とBiological Psychiatry(2005 ; 57: 56-66)に発表した。

成人とは異なる結果

米疾病管理センター(CDC)と米連邦国勢調査局によると,米国では450万人以上のティーンエージャーが喫煙しているという。

Jacobsen准教授らは,年齢,性,教育の因子を一致させた青年期の喫煙者41人と非喫煙者32人について,言語学習,記憶,注意,気分,ニコチンの離脱症状と喫煙願望を評価した。

それによると,これまでの成人対象の研究結果とは異なり,青年期の喫煙者には作業記憶の精度に障害が見られることが判明したという。

男性は女性の喫煙者より早期に喫煙を始め,注意力の検査では,かなり障害が見られた。青年期の喫煙者は禁煙時に作業記憶のさらなる混乱が見られた。

これらの知見は,青年の喫煙開始を防ぐことを目的とする努力が重要であること,禁煙しようとしている青年はさらに教育的サポートが必要であることを示唆している。

2005/02/18 PM 09:39:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | [情報]



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp