奄美の家日記
鹿児島県の奄美諸島でしか製造が認められていないサトウキビ(黒糖)と米麹が原料の『黒糖焼酎(120種類以上)』とシマ料理が食べられる小さなお店“奄美の家”のブログ。 東京から奄美を発信したいという想いだけで2006年5月東京都江東区亀戸にオープン致しました。 島への熱き想いの詰まったお店です。 お店と奄美に関する色んな情報を東京の下町から発信していきます! いも〜れ!(いらっしゃい!)奄美のYEAH(家)!! どうかどうか!

お店の紹介
店名【奄美の家】
URLhttp://www.amamino-yeah.com
名前奄圓(えんえん)
メールinfo@amamino-yeah.com
住所
東京都江東区亀戸6−15−8
TEL :03−3684−3202

営業時間:火〜日18〜25時
定休日:月曜・祝祭日
※定休日も宴会予約の貸切営業を致します。

※複数人数でご来店の際はお手数ですが、なるべく早めにお電話かメールでのご予約をお願い致します。

最新記事
2008年05月14日  築地俊造さん島唄ライブ♪
2008年05月13日  忘れてました『黒糖焼酎の日』
2008年05月12日  順英あに(兄)&かおりネェ(姉)&孝造あに
2008年05月11日  ついでにサービス♪
2008年05月11日  お祝いメッセージなど・・

過去記事
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月


2007年06月24日  ディ!島ち行こうでぃ!
「さあ!島に行こうぜ!」という意味。

僕が自信を持っておススメしている奄美関連本の一つ『奄美の島々の楽しみ方』。そのサブタイトルが「ディ!島ち行こうでぃ!」。斬新な素晴らしいサブタイトルです。

『奄美の島々の楽しみ方』は発売された当初から僕がず〜っと注目していて欲しかった本で、4月末頃にネット通販(アマゾン)で購入しました。期待通りの本でした。いや期待以上の本でした!

著者は奄美出身者ではありませんが、奄美群島を回って見たこと・聞いたこと・感じたこと・実体験と共に、それぞれの島の文化のことまで、よ〜く調べたんだな〜というのが凄く分かります。
また奄美在住の協力者?友人?達の生の声も書かれていて、この本を読めば奄美群島に住めるんじゃないか?と思うくらい、島の暮らしもよ〜く分かります。
というか奄美群島にIターンを考えている方は読むべきですね。

ご来店頂くお客様達には購入当初からお見せしていましたが、それぞれの島の出身者達も、20年間島に通っている方も感心するほど、ありのままの奄美を紹介しています。その島に行かなければ分からないはずの事もしっかり書かれているんです!

中には僕の真似をして?ネット通販(アマゾン)で購入しちゃったよ!!っていう人が何人もいる程(笑)。←事実です!

奄美好きには欲しくてたまらなくなる本であり、奄美に観光に行かれる方も事前に読んでおくと、より奄美旅行を楽しめることでしょう!

って、ここまで絶賛しちゃうと『何かあるんじゃないのぉ〜?』と思われてしまうかもしれませんが、別に当店で販売しているわけでも、著者と知り合いなわけでも、誰かに頼まれたわけでもなく、純粋にここまで奄美群島の事を1冊にまとめて発信してくれている本がなかった(と思う)ので、この本との出合いと感動を紹介したかったまでです。

でもいつか、この本の著者と出会えそうな気がします。
僕は不思議なことに『この人と会ってみたい!』とか『いつかこの人と会うんだ!』と強く思っているとほとんど実現しているんです。
著者に念を送ってみます(笑)。

『奄美の島々の楽しみ方』必見です!!

PM 02:27:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]


Powerd by SUK2 BLOG.