マイクが声ひろってる
西友のCM(記者会見)は、元ネタがあるだけにインパクトありすぎ
防衛大臣も与党第一党から
先週の組閣のニュース。

 前評判で、国民新党の亀井静香議員が「防衛大臣」になるかもしれないという情報が流れていた。実際には、「郵政・金融担当大臣」になった。

 ちらっと読んだ読売新聞によると、「防衛大臣」案に対して「外務大臣」(内定)の岡田克也議員が「外交・安全保障」は一体のもので、同じ党が受け持つべきだと意見して通したらしい。

 次期総理候補と目される岡田議員からこういった主張が出されると、少しだけ民主党に期待してみようとも思う。

 「民主・社民・国民新党」の3党連立といっても、実数でいえば400人以上の民主党と他10人弱の2党が実態。
 仮に議席数を民意の指標とするなら、社民、国民新党は、数%に満たない。

 もちろん、国政においても「少数意見の価値」は否定しない。実際、自自連立合意による自由党による政府委員の廃止や党首討論の実現。自社さ連立時代の新党さきがけからの菅直人議員の厚生大臣の抜擢による薬害エイズ事件の進展など少数党なりの主張の通し方はある。
 しかし、これらは内政全てであって外交でない。

「外交・安全保障」は、主権国として交戦権も含めた外交権を持って諸外国とあたらなければならない。
 そのため直接携わる外務大臣や防衛大臣は第一党なり、前回より明らかに議席を伸ばした政党というような、国民の支持を受けた党からの選出でないと、いざというときに、多数決ではなく、少数の反対による否決も起こりかねない。
 
 基本的な問題であるが、そこをしっかり押えている岡田議員は私からみて信頼できる政治家です。
官僚たちの夏にみる官僚主導
時間を作れず、このところみれずにいた官僚たちの夏をみる。

佐藤浩市の演技は熱いね。

それにしても、このドラマ、はからずも実際の国政で政権交代の起こったこのタイミングで放送されるんだ…。

 民主党が、さかんに政策としていっている「官僚主導から政治主導」を相対化して考えるきっかけになっている。
このドラマの第一部で採り上げられているように、もともとの政治主導が、猟官や政治家の都合で国策を左右される問題があった。そのため行政現場の独立性を確保する意味で実務上の官僚主導が形成されていった。


 不思議なことに、その議論ってTBS系も含めて全くなされない。
それとも、大衆は、そんな事情はどうでもいいから「天下り・渡り」をなんとかすればいいとだけ考えている、と高をくくっているのか。
そこだけはねぇ
まくやさんから、もう一つカキコミももっとコアなネタを書いてほしいといわれているが、コアな内容はここで書きます。
テロについて
さっきまでのやってた大人ドリル。

テーマはテロ。

解説委員の発言がさくさく進む。


 世界初の大量無差別のテロが起きた国が日本(地下鉄サリン事件)だったとは。

 9.11から8年も経つから、下手すると最近の学生は、「オサマ ビンラディン」という名前を知らないのかもしれないな。

 アメリカによるイラク戦争について。
 解説員の3人のうち、2人は不当と答え、1人はアメリカのこれまでの政策、当時の社会情勢からはやむなしと答えていた。

 はやなり的にも、イラク戦争は不当だし、それに追随した自衛隊派兵は、50年近い慣例によって保たれた合憲の「自衛隊」を、単なる違憲の「軍隊」にしたとしか考えている。 

 それはさておき。
 個人的には、世界中で、テロが成功し建国を果たした希有の例が「アイルランド共和国」と「イスラエル」の二カ国だと思う。

 とくにアイルランドは大英帝国のお膝元で、要人テロを中心にして独立を獲得したのは見逃せない。

 (あくまで例えばです、なにとぞ気を悪くしないでください)現代のイメージならアメリカ合衆国で、ヒスパニック系が合衆国軍やCIAと争い、フロリダ半島を独立することに同意させるようなもの。

 
 ステレオタイプで恐縮ですが、アイルランドは「民族の中心がケルト系、キリスト教の宗派がカトリック」なのに対し、イングランドを中心とした大英帝国が「ゲルマンのアングロサクソン系、キリスト教もピューリタン」という違いがあったとされてますからね。
2009 - September
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
カテゴリー
最新記事
過去記事
リンク
Profile
名前はやなりまこと
性別
血液型B型
星座蠍座
公にできる趣味:博物館巡り、読書、ジョギング、古代史研究
履歴書には書けない趣味:マンガ・アニメ、百円の缶自販機探し