Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2021/02/28  「鬼滅の刃」 無限列車編
2021/02/26  CAIRNS AUSTRALIA T SHIRT
2021/02/24  ジャントロ爺と愉快なおともだち
2021/02/22  パラサイト 半地下の家族
2021/02/20  THE SPACE SHUTTLE OPERATOR'S MANUAL

ま、あえて分ければ
日記(450)
映画(838)
コレクション(194)
写真館(359)
言葉の感触(483)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(336)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(285)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(51)
iPhoneパーク(60)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR & OCULUS QUEST2(30)

想い出の日々
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+16
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2021年01月21日  古本屋思考

私は、たまに古本屋に行く。

本を古本屋に売る時には、

その買取価格の低さに呆れてしまうけれど、

そもそもの目的が部屋のスペース改善であれば、

ま、いいっか、と思ったりもする。

が、逆に買う際には、

この本、この値段で買えちゃうんだラッキー、

と衝動買いしてしまうことも多い。

その気持ちの変移に笑えてしまうね。

安く買い取っているから、安く売っていることぐらいわかってるワイ。

けれど、こうも思う。

古本屋の棚に並んでいる本達は、基本的には、

どこかで一度買われた経験があるはずで。

であれば、一回のお役目を果たした本達が

二回目の活躍を待って並んでいるのが古本屋だ。

ただ、次の読者との出会いを古本たちが静かに待っていると思うと、

すべての本が愛おしく思えてくる。

古本屋の棚の間を歩いていると、

古本達が、「我こそは次に選ばれたいぞ」と

密やかな熱い思いを感じてしまうのは、

私の妄想癖ゆえか?

いやぁ、なんだか古本屋って、

私はとても出会〇系サイトに思えてならないんだなぁ。

ははは。


P.S

しかし、買い取ってもらう時に、その安さに文句を言うのは

筋違いというモノであろう。

一回読んだ時点で、その本に支払ったお金に対価するものを得たはずで

それを売ることによって、少しでも回収しようとするのは、

本に対して、いや、作家に対しても何だか間違ってないか?

などとも思えたりもして。

古本屋、、、いろいろ考えると、、、

私には、なかなか興味のある存在であります。



AM 11:24:04 | [思考の散歩]


Powerd by SUK2 BLOG.