Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2020/10/15  Oculus quest2来たぁ!
2020/10/13  打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
2020/10/11  人のセンスパクっても、、、
2020/10/08  90歳くらいのお婆さん
2020/10/07  劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

ま、あえて分ければ
日記(445)
映画(817)
コレクション(184)
写真館(355)
言葉の感触(473)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(332)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(284)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(49)
iPhoneパーク(58)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR & OCULUS QUEST2(22)

想い出の日々
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+16
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2020年09月07日  プリティ・ウーマン

レンタルショップの旧作DVD無料券が1枚あったもので、

そう言えば、昔観たなぁ、と

フト目に留まった懐かしい一本を借りた。

30年ほど前の作品で、人気もあって内容もよく覚えていたけれど、

こちらが歳を取ったら、きっと観方が変わっているんじゃないか、、、と。

そもそも根底に思うのは、、、

この映画に対する人気というのは、何なんだろう?

オトコから観たこの映画の魅力は、

オンナから観たら、まったく違ったりしないのか?

それに、この手のお話は、現代ではもう作れないんじゃないか?とも。

ただ、こちらも歳を取ってくると観方が確かに違っている。

昔は、ある種の憧れみたいなものを感じていたと思うけれど、

今となっては、世間知らずな若造カップル(ちょっと極端な表現だな。)に見えがちなのがつらい。

街角に立っていた女性のシンデレラストーリー?

知力でのし上がった富豪の一時的な気まぐれ?

なんて思えてしまうのだから哀しい。

まぁ、所詮今から思えば、バブル期の作品であることには間違いないでしょう。


P.S

ジュリアロバーツも魅力的な女性ではあるけれど、

美人、ていうのとはちょっと違う気がするんだな。

でも、女性は見た目じゃない、というのを感じさせてくれたのも

やっぱ、こちらが歳を取ったからだろうなぁ、、、。





AM 09:23:34 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.