Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2020/09/25  アラジン
2020/09/23  「春夏冬中」
2020/09/21  「死ぬまで働けというのか」というけど
2020/09/19  マチネの終わりに
2020/09/17  何もするな的解説が痛い。

ま、あえて分ければ
日記(443)
映画(813)
コレクション(183)
写真館(355)
言葉の感触(472)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(331)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(284)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(49)
iPhoneパーク(58)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(20)

想い出の日々
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2020年09月01日  記憶にございません!

三谷幸喜作品であります。

きっと明るく楽しませてくれるよねぇ、と期待して鑑賞開始。

要は、記憶喪失となった総理大臣のドタバタ劇であります。

けど、やはり主人公が総理大臣であれば、

それなりにいろいろ表現もあろうけれど、、、

流れは、まったくのコメディーだったのが残念。

それに、首相夫人の不倫、息子の未成年飲酒、みんな悪者設定、、、それツラいって。

むしろみんなが一生懸命やっているのにうまく行かないコメディーの方が

泣き笑いできたような気がするんだけどな。

そう、笑いはあっても泣きがなかったんだ、この映画。

# 小池栄子の一生懸命さに救いを感じられたりも。

というわけで、三谷作品としては、ちょっと残念な作品でした。

おススメ度は、残念ながら低いです。もっと他の三谷作品をおススメします。


P.S

しかし、、、大いなる疑問。

記憶喪失で、悪人は善人になれるの?

育ってきた屈折した記憶を失えば、

純粋無垢な善人になれるのでしょうか?

# そうは思えないんだけどなー。






AM 09:42:09 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.