Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2020/09/25  アラジン
2020/09/23  「春夏冬中」
2020/09/21  「死ぬまで働けというのか」というけど
2020/09/19  マチネの終わりに
2020/09/17  何もするな的解説が痛い。

ま、あえて分ければ
日記(443)
映画(813)
コレクション(183)
写真館(355)
言葉の感触(472)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(331)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(284)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(49)
iPhoneパーク(58)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(20)

想い出の日々
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2020年08月26日  AI崩壊

AI崩壊、とても気になるキーワード。

HALやスカイネットのように勝手に成長して

自己崩壊するのか、、、なんで?

そんな期待をして鑑賞開始。

そしたら、、、なんだよ、人間が仕向けた結果かよ。

と、期待を裏切られた、、、な。

とまぁ根幹の物語に納得感が持てなくなると、

もうツッコミどころが気になって仕方がない。

主人公は、どんな何を発明した功労者なの?

AI専門家でしかもどんだけハッキングに詳しいんだよ。

で、初めて遭遇したマシンさえもすぐにハッキング出来てしまうって

何もかもが凄すぎる。いや、ちゃんとその裏付けを見せてくれれば

納得もしようものだけれど、いきなりやってのけちゃうんだから

エンジニアとしては、観ていて痛い。

とまぁマイナーなことしか書けないから、残念な映画でありました。

ちょっとシンプルなタイトルに大きな期待を持ち過ぎて空振り感も大きかったです。


P.S

人類存続のためのAIの人間価値判断が

なんとも古い価値観だったりしない?

最近の流行りは多様性を重視する考え方だったんじゃなかったっけ?

しかも壮大な人間識別するのは、日本人だけなん?

優性国家を目指すのかわかりませんが、

なんだか世界観にいろいろ古さを感じました。






AM 09:19:29 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.