Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2020/09/01  記憶にございません!
2020/08/30  フランスから来たシェフ
2020/08/28  やりたくない仕事しか来ない。でも運はそこにしかない。
2020/08/26  AI崩壊
2020/08/24  ばね指

ま、あえて分ければ
日記(442)
映画(809)
コレクション(182)
写真館(354)
言葉の感触(470)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(330)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(284)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(49)
iPhoneパーク(58)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(18)

想い出の日々
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2020年03月31日  ホテルのコインランドリー

いやなにホテルのテレビ案内を見ていたら

こんなページが。

すごいなぁ、便利だなぁ。

ちょっと感動してココにメモ。

海外からの旅行者には、とてもいいんじゃないかい?


P.S

そういえば、昔、

イタリア フィレンツェのコインランドリーを使ったことがある。

使い方はわかったのだけれど、

自販機で手に入れた洗剤の香りが強くて参った、、、

のも今は懐かしい想い出。



PM 12:49:18 | [写真館]

2020年03月29日  検察側の罪人

ある意味、凄ぃ物語だったな。

そこまでやるか?と思ってしまうけれど、

そこは小説だから。

# と信じてます。

裁判ものかと勝手に思い込んで観始めたものの

ちょっと路線が違うじゃん。

まさにタイトル通りじゃん。

# いかん、ネタバレになりそうだ。

まぁ人間のドロドロさのオンパレードであれば、

自分もそういう意味では、わずかなにこの手の要素を持っているんじゃないかと、

不安になってしまったりして。

# 自分をいつも常に清廉潔白とは言えないんだな、やっぱ。

# (すみません。)

それにしても、、、検察側のジャニ系役者よりも

悪者役者の方が演技派がそろっていて、、、なんとも複雑。

迫力ある画面はあるのだけれど、

やはりあの主役たちでは、どうも無理があるんじゃね?

というのがちょっと残念でした。

おススメ度は微妙ですが、物語としては面白かったです。

うん。


P.S

けど、この後どうなるのよ。

そこがなんともスッキリしないのが、、、んー。



AM 11:59:03 | [映画]

2020年03月27日  #感謝

コロナのおかげでネット上のニュースがドロドロ。

そんな時、ツイッターでハッシュタグ“#感謝”で流してみる。

内容は、個人的だったり他愛のないモノばかりだけれど、

特に感動させられるモノもないのだけれど、

ささやかな出来事に感謝する気持ちが流れていて

ちょっとだけ心が軽くなる。


P.S

素直にありがとうが言えなかった時、

誰宛ともわからず“ありがとう”とつぶやくのも

ちょっといいかもしれないな。




AM 11:56:59 | [言葉の感触]

2020年03月25日  スコール ゴールドキウイ

スコールファンならば

やはり買ってしまうでしょう。

スコール ホワイトサワー

ゴールデンキウイ

なにこの金色メタリックの高級感ラベル。

しかも数量限定。

こうなるともはや価格の問題ではないのである。

# スコールファンにとっては

甘いお酒は、避けてるのになぁ、、、

ちょっと悔しい。


P.S

味についての感想は、、、

ま、いいや。

ゴールデンキウイでした。



AM 10:36:31 | [私の体を通り過ぎて行ったもの達]

2020年03月23日  めまい

ヒッチコックのめまい。

タイトルからずぅ〜〜〜っと気になっていた映画をやっと鑑賞。

# ん〜、やっぱネタバレは避けなきゃね。

前半1時間の間の長さが気になっていたけれど、

やはりどんでん返しは、、、ヒッチコックだった。

けど、観ていてなんだかツラいシーンも多かったなぁ。

想い出の女性に近づけるために

服を選び、靴を選び、髪を染めさせ、、、髪型が違うと怒るシーン。

観ててつらかったな。

# トニー滝谷を思い出しますね。

そもそも私自身高所恐怖症だったりするのだけれど、

そういうのって、何かの機会でなったり治ったりするものなの?

治せるものなら治したいな、、、などと

映画と関係ない話題で締めくくらせていただきます。

映画ファンなら、おススメの一作ですね。


P.S

ドンデン返しのネタバレで突然終わってしまうこの映画。

で、犯人はどうなってしまうの?

結局、証拠不十分で立件できず?が気になるのですが。





AM 10:34:00 | [映画]

2020年03月21日  トイレのピクトグラム

新しいトイレの

ピクトグラム見ぃ〜っけ。


P.S

ん〜、複雑な気分。


AM 10:29:50 | [写真館]

2020年03月19日  マスクの漏れ

昨日夜、地下鉄に乗り込むと数人の酔っぱらいの集団が立っていた。

この時期、マスクも着けずに大声で話しているのは、

やっぱり酔っぱらいだ。わかりやすい。

ま、今日は、その是非論を語るつもりはない。

問題は、こちらのマスクを着けている側のことだ。

まず地下鉄に乗り込んだ瞬間、

“酒くさぁ” とにかく酒臭い。

5人の酔っぱらいの臭気が充満している。

そして、ロジカルに考えると、臭いと感じることは、

彼らの口から発した臭いを発する物質が

少なくとも私の鼻に到達し、恐らく肺にまで入っていっているであろう事実。

コロナウィルスは、臭気の物質よりも大きくて

ちゃんとマスクに引っかかってくれるのだろうか?

いや、きっとコロナの方が大きくてマスクを通り過ぎないよな、

と期待を込めて思う。

地下鉄を出て地上に上がると、今晩は寒かった。

息で私のメガネが曇る。

マスクの鼻の辺りは、空気が素通りだ。

やっぱ飛沫感染の可能性があるコロナの完璧な防御は

マスクでは出来そうにないなぁ。

やはり、マスクは自分の口から外へ飛ばさない機能のモノなんだろうな、

そんなことをつくづく思う。

確かに、小学校の時に給食当番が着けるマスクは、

給食当番の口からの物質が、食物に混入しないためのモノだったもんな。

何を今更考えてるか?と自分に反省。


P.S

話題をオナラの話にする。

昔から、、、である。

誰かがオナラをする。

周囲は、「臭いよぉ!」と思い、囃し立てたりするのであるが、

私は、もっと衝撃的なことを思い描いて、臭いの臭さどころじゃないんだな。

要するに、人のオナラが臭いと感じた時、

それは、オナラを発した人の肛門から出た物質が、

少なくとも私の鼻・肺にまで達した事実、、、

これって、衝撃な事実じゃぁありません?あなたにとっても。

# 低俗的な今日のオチ、、、深謝。



AM 10:24:01 | [思考の散歩]

2020年03月17日  九月の恋と出会うまで

たまには、ラブストーリーでも、と思い立ち、

この俳優のカップルのラブストーリーならいいかも、

とDVDを借りてみたものの

タイムパラドックスものだったので、実にラッキーでした。

けど、、、そのタイムパラドックスに突っ込むのは無粋というモノでしょうが

ちょっとムリムリ感があります。

が、それを乗り越えれば、ま確かに、ラブストーリーになり易い展開の物語ですわね。

だけど、、、高橋くんの不自然なキャラ役がなんとも、、、似合ってないよ。

# というのは、私の偏見か?

ま、とにもかくにも、やはりハッピーエンドが良かったです。

まぁ敢えて言うともっと盛り上がりシーンがあると良かったのになぁ。

おススメ度は、イマイチですが、、、川口さん、、、いいです。

# あ〜オヤジだぁ。


P.S

しかし、、、物語も現実味がなければ、

この美男美女カップル、、、も現実味がないよなぁ。

# って、だから映画だろー。



AM 10:20:16 | [映画]

2020年03月15日  なりきりフードタオル

応募したら、当たって、

届きましたぁ。

バニラバー北海道

も〜も〜アイスキャンペーン

なりきりフードタオル。

私にとっては、応募するのも珍しければ、

それが当たるってのは、もっと珍しいわけで。

いやなに、ちょっと嬉しい。


P.S

孫です。



AM 10:22:11 | [コレクション]

2020年03月13日  とんかつ!!てりたま

マックの“とんかつてりたま”に挑戦。

たまにマックを食べるのだけれど、

私は“てりやき系”を選択することはない。

ハンバーガーに和風感を求めたくないからである。

が、とんかつならばどうだ?と

今回挑戦するに至った。

ま、和風を求めるなら、ビーフよりは、とんかつの方がいいよね。

素直にそう思う。

けれども、、、とんかつとタマゴならば、

やはりごはんと一緒の方が絶対いい。

と、ワン・オブ・昭和生まれは思うんだけどな。


P.S

いつか出るであろうか?

“とんかつてりたまごはんバーガー”

その時には、絶対選んでしまうであろう私は、

まさにマクドナルドにノせられている。




AM 10:02:01 | [私の体を通り過ぎて行ったもの達]

2020年03月11日  マスカレードホテル

東野圭吾の物語となれば、

きっと面白いのではないか、と。

ジャンルはサスペンスだし。

で、鑑賞。

まぁそれなりに面白かったのではありますが、

途中で私は何故か見破れちゃったんだな。

# なんでかな?

しかし、予告殺人事件の物語、というよりも

ホテル内部のドラマでしょ、この映画の本意は。

途中、もう殺人事件なんかどうでもよくなっちゃいましたもんね。

ホテルの業種、そこで働く人の大変さを想像できてなかなか良かったです。

# 現実との整合性はよくわかりませんが。

この際、ホテル事情だけでドラマ作ってもらってもいいですね。

「THE 有頂天ホテル」みたいな、やっぱり人の死なない楽しいドラマの方が

私は好きです。


P.S

しかし、、、

私はとてもホテルでは働けない気がしてしまってすみません。

せめて自分が泊まった時には、手のかからない客であろうと

つくづく思いました。



AM 09:55:32 | [映画]

2020年03月09日  ネットニュース疲れ

なんだかなー。

ネット上のニュースがコロナに関する話題で溢れている。

現状が掲示され、有名人?専門家?達のコメントが続く。

批判と嘆きばかりが目に付くのは私だけではあるまい。

それが必要かどうかはともかく、

ちょっと食傷気味だよね。

記事になりそうなコメントを見つけてはネットに垂れ流している現状に

マスコミの能力?体質?に限界を感じてしまうのは、私だけ?

じゃ、どうしろと問われても困るんだけどさ。


P.S

だから、その多様性に、

まだツイッターの方に魅力を感じてしまったりする。

今時、ネット上の情報に真偽なんて、もうあてにならないわけだし。

たとえ新聞社や放送局の記事であっても、、、さ。




AM 09:53:23 | [思考の散歩]

2020年03月07日  お雛様?

某ホテルの玄関で見つけて

思わずシャッターを切った一枚。

素敵でしょ?

私には、どう見ても

お雛様の飾りにしか見えないのですが。


P.S

一歩後ろに下がっているお殿様も素敵です。



AM 09:51:16 | [写真館]

2020年03月05日  ロミオとジュリエット〈1968年〉

いやなに観たことがなかったんだな実に。

で、この人生内に観ておかなきゃいけないでしょ、とレンタル。

オリヴィア・ハッセー

きれいですねー。

かわいいですねー。

# あ〜オヤジ目線でしかないな。

けど、この映画はココに尽きますね。

そりゃシェークスピアの物語だもの、

問題は、彼らの発するセリフなのでしょうけれど、

それを議論し出すとキリがありませんね。

しかし、若い頃にこの映画を観たら

きっと私も初々しい感想がココに書けたのでしょうが、

既に還暦過ぎた人間がこれを観ると、

世間知らずの若者達のどうしようもない思い付き行動の

成れの果ての物語にしか見えない哀しさ。

ロマンチックな感動よりも、

オマエ達もっと世の中を知ってろよ的な感想が出てくるからいけませんわ。

ま、中学生近辺じゃそんなものかなぁ、、、当時は。

# 違うよ、当時だって。

ま、とりあえず今回の人生のノルマをまた一つ達成です。


P.S

しかし、、、布施明、、、あっぱれだったな。



AM 11:59:26 | [映画]

2020年03月03日  2のn乗のすごさ

いやなに改めて思うのは、

2のn上の凄さ。

例えばの例

ビーカーに1分間で2倍になる細菌を1匹入れる。

その結果、1時間後(60分後)にビーカーいっぱいになったとする。

では、ビーカーの半分だった時間は何分の時か?

# 30分の時、なんて答えないでよね。

常に1分間で2倍で増殖するわけだから

ビーカーいっぱいになる前の半分の時は59分ってことになる。

そう考えると、2のn乗の凄さをつくづく感じますね。

学生諸君たちは、すぐにわかりましたよね?

そして、数学を勉強することの意味もわかるといいな。


P.S

今回のコロナで言うならば、例えば、

ひとりの保菌者が二人に移すということにまさに爆発感を感じたり。

# 病院のベッドが足りなくなるのもある意味当然だ。

とにもかくにも、他人に移さない重要性をつくづく感じたりもするわけで。

しかし、この後の人生、家から一歩も出ないわけにはいかないわけで、

ワクチンができるまで、如何に爆発感染を抑え込みながら過ごすか、、、。

今、人類は、知恵と忍耐が試されている。




AM 11:50:51 | [50の手習い]

2020年03月01日  ゴーグル翻訳機にはねられる文

長い英文のSPAMがメールで届いた。

ちょろっと読みだしたものの

時間の無駄だな、とスルーしようと思ったけれど、

とりあえず試しに全文をコピーして

グーグル先生の翻訳ページに張り付けてみた。

結果、、、翻訳されないんだな実に。

試しに同じ文を手で打ち始めてみると、ちゃんと翻訳が始まる。

これって、グーグル先生は文章にフィルタをかけてるの?

で、SPAMと判断すると、翻訳を辞めちゃうわけ?

なら、スゲー!

そもそもSPAMの文章がすでに登録されているわけか?

ま、どうやってその文章を登録されたかが気にならないでもないな。

誰かが申請したのかな? ま、まさか、流れているメールの文章から

勝手にAIが判断したりして?

想像が無限に膨らんでしまうんだけれど、

現実は、、、

私の稚拙な創造よりも遥か上を行っていたりするんだろうな。


P.S

なら、ちょっと怖い。






AM 11:48:17 | [思考の散歩]


Powerd by SUK2 BLOG.