Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2019/08/23  古川美術館 分館爲三郎記念館
2019/08/21  恋妻家宮本
2019/08/19  【REC ROOM】 A Murder At Tudor Mansion
2019/08/17  ツボをよくご存じで。
2019/08/15  空母いぶき

ま、あえて分ければ
日記(423)
映画(750)
コレクション(162)
写真館(333)
言葉の感触(445)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(312)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(273)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(45)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(11)

想い出の日々
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2019年08月15日  空母いぶき

# どちらかというと私は面白かったのだけれど、

# 方々でイビキが聞こえたような気が。

この映画、軽く見てしまえば、それだけのことだけれど、

追求すれば、実に重いテーマのはずだ。

戦闘シーンの迫力は感じるのだけれど、

それに比べて、政治家や一般人の程度の低さにガッカリ感が。

この映画での自衛隊の最新兵器が、どこまで本当なのかわからないし、

設定も行動もいささかムリムリ感もあって、

そこは映画と割り切りゃなくちゃいけなかったのが残念。

まぁ、現在の自衛隊の存在でのギリギリでの行動の映画なのだろうけれど、

なんだ複雑な気分にもなってしまう感じ。

自衛隊員は、どんな気持ちでこれを観ることになるのだろう、

そんなことが気になってしまった。

しかし、原作の漫画は面白いのだろうか?

ちょっと読んでみたい気がしないでもない。


P.S

キャストが豪華である。

みんな重厚感があって、それなりの雰囲気を醸し出している。

ただ、いぶきの艦長がどうもにやけているような気がする場面が多々あって

そこに何かを読み取れなかったのがちょっと悔しい。



AM 08:17:18 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.