Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2019/08/19  【REC ROOM】 A Murder At Tudor Mansion
2019/08/17  ツボをよくご存じで。
2019/08/15  空母いぶき
2019/08/13  Win10への無料アップグレード
2019/08/11  【REC ROOM】 Zombie Panic

ま、あえて分ければ
日記(423)
映画(749)
コレクション(162)
写真館(332)
言葉の感触(445)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(312)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(273)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(45)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(11)

想い出の日々
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2019年07月30日  【REC ROOM】 GoldenTrophy

REC ROOMに住む住人なら

何を今更感のある内容だけれども、

自分の足跡を残す為には

やっぱメモっておかないとね。

とGoldenTrophyであります。

クエスト自体初めてなんで、こんな老齢の身でついていけるのか?

と思いながら、恐いモノ見たさであります。

しかし、よく出来てるわぁ。

そもそもやっつける相手が無機質なオモチャのようなモノなので

剣でやっつける、弓でやっつけるのに抵抗がない。

やっつけても箱が壊れるようにバラバラになるだけである。

なので遥か昔、まったく小さな頃にやったであろう

チャンバラごっこの様相であります。

敵にヤられても、仲間がタッチしてくれれば生き返れる。

相手も独りじゃやっつけられそうにない。

そんな前提とルールとで自然とチームワークが形成される。

まぁ、今回レベル30の3人と一緒の参加なので全然安心。

全く慣れていない私はどちらかと言うと、積極的に前に出て戦うよりも

やられた味方を生き返らせる役目に徹した方がいいかも、と。

だと、個人点が全然上がらないんだけどね。

そして最終的に勝利できれば、アイテムをゲット。

いやぁ、楽しかったわぁ。

けど、みんなの足手まといにならないように

日頃から練習しておかないとなぁ、、、と、つくづく思った次第です。


P.S

で、次の日、ちょっと練習しておくかぁ、と独りで行ってみたら、

まったく知らない外国人3人とチームになって突然ゲームが始まってしまった。

初めてじゃないのでついては行けるのだけれど、

やっぱ他の3人は、強い。うん、安心。

やっぱり私は救護兵に徹した方がいいな、感。

それでもやられてしまう、私。

すると、走ってきて誰かが助けてくれる。

“Thank you!”思わず言うと“Welcome!”と返って来るのがうれしい。

そして、戦いは無事終了。新たにアイテムゲット。

その中の一人からフレンド申請されて、こちらも喜んで、と。

「もう一回やろうよ!」と誘われたけれど、

こっちはもうすぐ午前1時。明日も会社、もう寝なきゃ。

「ごめん、バイバイ」と残して、リアルに戻ってきました。

やっぱ外国との時差を感じるなぁ。ちょっと無念でありました。

けど、初めての外国人フレンド、ちょっとうれしい。



AM 01:39:53 | [PSVR]

2019年07月28日  祈りの幕が下りる時

人生をかけた物語は

やはりツラいなぁ。

私は、東野圭吾の加賀恭一郎シリーズは全くの知らない。

# 以前映画で「麒麟の翼」は観ました。

最初っから複雑な人間関係がポンポン出てきて

ちっともついていけなくて不安ながらも観ていました。

が、冒頭のわけわからなさがどんどんわかってゆくのにその哀しさ。

ちゃんと最後にはスッキリわかりましたが

それにしても哀しい。

子を捨てた母たちが子供の運命を哀しくする。

運命が宿命がささやかな家族を陥れてゆく。

必死に子を幸せにしようと守る親も

あらがうことが出来ないその流れに

やがてどうにもならない終末へ。

ツラいなぁ。

とりあえず前知識なくても充分に楽しめます。


P.S

あくまでも、小説であって、

現実には、こんなことはないですよねぇ、、、。

と信じている。

人生は、一回きり。

長くも短くも一回きり。

ささやかでいいから幸せに生きたい。



AM 09:50:14 | [映画]

2019年07月26日  五賢帝時代

五賢帝時代とは、、、

かつて紀元前から始まるローマの帝政では

皇帝の座は世襲制であった。

ところが暴君ネロが登場したり

数年で皇帝がころころ変わったりしたため

紀元1世紀末のネルウァ皇帝からは賢者を自分の養子にして

皇帝の座につかせたという。

で、それはそれはうまくいって

交通網が整備され、領土も広がり、

ローマは安定し繁栄を極めたため、この5代の皇帝時代を

「五賢帝時代」と呼ぶんだな。

やっぱり単なる世襲制よりも、

そりゃぁ人格者が皇帝になった方が良いのに決まっている。

が、、、5代約100年しか続かったのが、、、なんとも複雑な思いも。

しかし、何気にWikiで調べたら、、、

# これ以降は、Wikiが正しいとして、、、

そもそもみんな息子がいなかったんじゃん。

しかも、選んでいたのはやはり血筋のある親戚筋であったりして。

ただ、当時の5人を五賢帝と呼び始めたのは、

ルネサンス期のマキャヴェッリということであれば

たった独りの思い付きイメージから歴史のイメージが作られているのが

ちょっと、、、ね。ま、歴史なんてそんなもんでしょうが。

でもまぁローマ帝国の繁栄のピークを迎えていたということであれば

その後、凋落が始まったわけで

五賢帝時代に、すでにゲルマン人侵入が始まっていて

ローマ帝国の衰退が始まっていた、、、となると

ローマ帝国の一番いい時期の賢者皇帝って言われても、、、ねぇ。

歴史は、研究すればするほどドラマチックになりドロドロして

ロマンチックさが失われていくのが残念でもあります。


P.S

しかし、そう考えると、

江戸時代を徳川家で260年も続かせることになった礎を築いた

徳川家康もまたある意味、賢将軍と言えますね。

まぁ徳川家15代全員が賢将軍だったとはとても思えませんが、

それでも徳川幕府が260年続いたのはやっぱ国民性かなぁ。

もっとも、日本とローマ帝国の領土の大きさを比較したら

ローマ皇帝と江戸将軍の比較は、あまりにも無謀なのでしょうが。




AM 09:40:21 | [50の手習い]

2019年07月24日  【REC ROOM】Rec Roomデビュー

PS4pro+VRを買ってすぐに

ソニーが日本の会社でも

PSVR絡みのソフトは圧倒的に米国の方が多いと耳にして

北米アカウントをゲットして

とりあえず無料ソフトをダウンロードしまくったのは

既に書き込み済み。

# もう2年以上前になるんだな。

その中にRecRoomなるものも入っていたのだけれど、

こういう世界に足を踏み込むとヤバいだろうなぁ、

いろいろな意味で、、、と思い続けていたものの、

だんだんRecRoomのウワサが耳に入ってくると、

やっぱ、やるか、、、と思い立ち、

先週、やっとモーションコントローラが入荷したので、

ダウンロードしてから2年の歳月を経て

華々しくデビュー(?)であります。

まぁ、正直言って、楽しい楽しい、実に楽しい。

# あへて、細かいコトは書きません。mm

これからはまっちゃいそうだなぁ、、、。

映画も本も読まなくなりそうで不安であります。

でも、、、ま、、、いいっか、あは。


P.S

日本未公開のアプリ(しかもベータ版)なので、すべて英語。

ヴァーチャルの世界の中で、自分一人だと、

使い方も暗中模索であれば

今自分がどういう状態なのかさえよくわからない。

ちょうど子供が寄ってきた時に、

“Can you hear me ?” なんて聞いてみたら

“Yes!”なんて戻ってきて、

あ〜マイクの自分の音声ちゃんと出てるんだぁ〜、と確認する次第。

もうほとんどまだまだアドベンチャーゲームの世界だけれど、

うん、確かに楽しい。

もう病みつき間違いなしであります。

生活のメインをヴァーチャル側に移そうかなぁ、なんて考え中。

60過ぎて、、、ねぇ、あは。




AM 09:28:10 | [PSVR]

2019年07月22日  コーヒーが冷めないうちに

ん〜、〜〜〜〜。

残念な映画でありました。

タイムパラドックスと耳にして、

やはり気になって鑑賞。

まぁ、タイムワープの仕方があまりにも稚拙だけれど、

それは許す。

タイムワープするのに、細かすぎる条件があるのも百歩譲る。

けど、、、残念である。

# その残念さをあまり細かく書きたくない、、、な。

まぁ、タイムトラベルしても結果が変わらない、ということであれば、

過去に戻って自分の消化不良だったことを言うにしろ聴くにしろ

その結果、戻った後の生き方に反映しなくちゃね、的なことはわかるのだけれど

ちょっと映画として、表現の仕方が浅かった気がするのは私だけでしょうか?

豪華なキャストが揃っているだけに、もうちょっと何とかならなかったの?

と、言いたくなる映画でした。

うん、実に残念、、、です。

# にしても、、、

# 有村架純さんに過去に影がある役は、、、おススメできないな。


P.S

原作は、舞台作品向けの戯曲だったのですね。

どーりでこのタイムパラドックスの条件は

お芝居向けに情景が固定でき、こじんまりとした設定にする為に

作られたんだろうなぁ、と勝手に思っていてすみません。




AM 11:29:42 | [映画]

2019年07月20日  モーションコントローラ ゲット

モーションコントローラ2個ゲット。

なんだかんだ言いながらも

結構、PSVRを楽しむ私であります。

ちまたにゃぁ、VRが面白そうで買ってみたものの

押入れで眠り込んでしまっている、ということもよく耳にする。

けれど、昔っから3D好き、ブレインストーム好きの私は、

やはりVRは楽しい。

で、やはりこれがないとね、と、この度モーションコントローラを購入。

まずは、何気にソニーのサイトでポチってみたものの

# クーポンも持ってたしね。

納期は「入荷次第発送」って、メーカーのソニーがなんなんなん?

で、2週間待ってみたけど、やはり何も音沙汰なし。

そこで、キャンセル可能かどうかをソニーサイトのチャットで問い合わせ。

出来そうなので、やはりキャンセル処理を。

キャンセル理由を聞かれて、

「2週間待ってみましたけれど、やはり納期が未定ってのはツラいですよ。

 ちょっと高めでよければ、アマゾンで明日届くのに。」

と無礼なコメントを受け止めてもらって無事キャンセル。

で、そのままアマゾンでポチッ。

翌日届きました。

いやぁ、これでまたVRの世界が広がるなぁ、のワクワクであります。


P.S

ちょっと、ソニーサイトではワガママをしてしまったけれど、

どこ経由で買っても、メーカーソニーとしての販売台数実績は

同じですよねぇ、とソニーさんへ、ごめんなさい。(深謝)



AM 11:23:15 | [PSVR]

2019年07月18日  古典の恋

日本の遥か昔、、、

そう、古典の教科書に出てくる時代、、、

その時代の“恋”についてのメモ。


当時の貴族の女性は、家族や(近代でいういわゆる)女中にしか

顔を見せることはありませんでしたから

男たちは、「あの屋敷には素敵な女性が居るらしいぞ。」という噂を頼りに

コトが始まることになります。

で、せっせと情報集め。

で、男はターゲットが決まったら、恋文をひたすら送ることになります。

# しかも恋文の配送人も見つけなきゃいけなかったワケで。

女の方は、まわりと相談しながらオトコの評価。

オトコの格付けや愛情度をまわりのオンナ達と相談して

「コレ、いいんじゃね?」となったら

色よい返事を“和歌”で返します。

これでやっと面会の許可が出て、オトコの「通い」が始まります。

けれど、恋は人目を忍ぶもの。

夜になって暗くなってから、そそくさとオンナの元に通います。

けれど、夜が明けるまでには、オンナの元を去らなければいけません。

これがルールなんですね。

# お〜、シンデレラっぽいっ!

ちなみに外部の男が女の部屋に入って対面することはなかったわけで

夜通し縁側みたいな場所で御簾(すのこカーテン)越しの会話。

# これ、結構ツラいぞ。

ただ、コレで終わらない。

オトコは、家に帰るとすぐに歌を贈らなきゃいけないワケで。

“別れたせつなさ”や“あなたがすべて”なんてことをしたためて。

こんなことをして3日連続して男が女の所に通っていけば

結婚が成立したとみなされたそうです。

3日目の夜には、男は女の両親と対面し、

女の婿と認められたとか。


今どきの高校生諸君っ!

当時は、和歌の出来・不出来が大きな課題。

和歌の解釈がわからずして恋は進まなかったのだぞっ。

他人が作ったLINEのスタンプなんかで

自分の気持ちを表現してんじゃねぇ〜ょ!



P.S

しかし、、、私は思うのである。

もちろん和歌の重要性もあったのだろうけれど、

結局は、深層で行われていたであろう情報戦により

コトが進んだんだよな、、、と。

そこは、過去も現代も変わらないんじゃないか、、、と。

いや、現代の方がきっといい加減なんだろうな。

# てなことに行き着く哀しいこのオヤジ。





AM 10:44:48 | [50の手習い]

2019年07月16日  LEON

ちょっと懐かしくなって

レオンをどっぷりと鑑賞。

自分の生き方が、何気にコースが曲げられてゆき、

最後は、悲惨な結果に。

でも、それまでにそれなりに幸せ感もあったし、

真剣に最後を迎えることが出来たのなら、

それも結果オーライなのかしらん。

と、我が身の人生の最後も

それまでの人生がどうであろうと、

なんとか後悔しないように持ち込めたらいいな、と思うワケで。

# なんか見方間違っているかも。


P.S

にしてもナタリー・ポートマン、、、

イラつかせるシーンもありましたが可愛いかったですね。

けど、それから25年も経つのかぁ。

今もとても美人に育ちましたね。

けど、、、アベンジャーズであの役は、、、

なんか複雑な気分だな。



AM 10:43:14 | [映画]

2019年07月14日  ウミガメは親を知らない。

いやま、ウミガメだけじゃないのだけれど、

# 特に昆虫系は多いよね。

いやなに、ウミガメは、タマゴを砂浜に産むと

そのまま去っていってしまうんだな。

で、孵化した子亀たちは、自力で海までハイハイして

そして、沖へ沖へと2日間、エサも食べずに泳ぎ続けるとか。

そこに親が待ち受けるわけでもなけりゃ、

子亀は、もう二度と(というか一度も)親に会うことなく育ってゆくことになる。

それを哀しい習性というのは、人間の(哺乳類の)甘えか?

まぁ、「親はなくても子は育つ」とは言うけれど、

親にとっちゃ子育ての段階は、極めて大切な期間であって、

子を育てながら、親自身もより大きく育つような気がするんだがな。

沖に出た時、何年か経った時、極めて低い確率でも、

偶然に親に出会った時に、子亀は親がわかったりするのだろうか?

いやなに、そんなことをフト思った。


P.S

わかるといいな。

# 甘い人間な私である。

でも、、、仮に人間が理解できないと思われる自然界の現象で

子ガメが自分の親を認識できたとしても、

タマゴとして生んだ母ガメは、自分の子ガメのことがわかるだろうか?

# いや、ひょっとしてわかるかもしれないな。

# 自然界はきっとすごいのだ。

けれどやっぱり、父ガメは、きっと自分の子ガメのことがことはわからないだろうな。

そこがまた哀しい。

間違っても、自分の娘ガメに交尾仕掛けるんじゃねぇぞっ。

# って、ここまで書くからアンタは下品なオヤジなんだよっ。→自分。(深謝)



AM 10:36:10 | [思考の散歩]

2019年07月12日  西暦についてのメモ

西暦っていうのは、イエス・キリストが誕生した年を元年としている。

けれど、よく考えてみれば、イエスが生まれた時には、

まだ西暦なんていう概念はなかったわけで。

で、そのはるか後、6世紀にキリスト誕生の年を算出し

さらには、その年を紀元1年とするようになったのは10世紀からという。

それもごく一部の国で使われていただけで

ヨーロッパの国々で使われるようになったのは、

15世紀になってからだったという。

# なにそれ、まだ最近じゃん。

しかもその後の研究で、実際にイエスが生まれたのは、

紀元1年よりも4年前っぽいというのが今の学説だとか。

なので、イエス・キリストが生まれたのは、

紀元前4世紀ってことになる。

あ〜なんて混とんとしたこの西暦の定義。

けれど、そのドタバタに歴史というものを感じざるを得ませんね。


P.S

最近も鎌倉幕府の覚え方が

“いいくに(1192年)”じゃなくて

“いいはこ(1185年)”になっているのをご存知ですか?→おじん、おばん。

今もって、過去の歴史が変わってゆくのが歴史の面白いところかもしれません。




AM 12:11:41 | [50の手習い]

2019年07月10日  紅の豚

いえ、今さらながらまたじっくり見直したもので。

ジブリもこういう大人の雰囲気の物語が私は好き。

パイロットで自由に空を飛びまわり、

ある種、この古いオヤジ豚の生き方は、やはりオヤジの憧れでしょう。

そして、そこに素敵なジーナがいる。

プラトニックでもあり、熱くもあり、その関係性の好ましさ。

世のオヤジたちにこれ以上の夢を見させてくれるアニメがあるでしょうか?

# と、私は熱く語る。

まぁ、今さら細かいことを述べる必要もないアニメでしょう。


P.S

この物語の最大のモチーフ、、、

イイ男は、容姿には関係ない。

ということも忘れてはならない極めて大切なポイントですね。はい。



AM 11:22:36 | [映画]

2019年07月08日  七夕ネタ

今日は、大人の話題とする。

いや単に“七夕”についての思考の散歩である。

小さな頃、七夕はひどくロマンチックな存在だった。

天には、天の川に隔てられた彦星と織姫がいて、

年に一回だけ、七夕の日にしか会えないという、あのお話である。

けれど、、、である。

人生60年以上も生きているとロマンチックな物語も

無駄な知識のおかげで、結構ドロドロとした様相を帯びてくる。

そもそも、彦星と織姫は、なぜ引き離されてしまったのかを知っていますか?

もう既にそこからがちょっと哀しい。

# Wikiででも調べてくださいませね。

更にもっと無駄な知識が、話をグチャグチャにする。

高校生ぐらいになれば、誰もが思うことでありましょう。

雨降ってたって、曇ってたって

地球から見えないだけで、彼らは会えているんでしょ?なんて。

逢瀬が他人から見られなくて、

彼らにとっちゃ曇りの方が良くね?などとも。

更に高度な知識がいっそうワケわからなくする。

例えば、星の寿命が10億年と仮定すると、

年に一回って、人間の寿命に換算すると、3秒に1回ぐらいって

殆ど一緒に居るってことじゃん。などと。

もはやここまでくるとこのカップルの哀しみは見事なまでに消失する。

そして、極みは、、、

いわゆる通称“彦星”は、本名“アルタイル”。

実にこの星、地球から17光年しか離れていない。

したがって、彦星が寿命を終えて、超新星爆発なんてしようものなら

その影響で、地球上の生物の半数以上が滅んでしまうはず、、、って

全然“七夕”ってロマンチックじゃねぇ〜。


P.S

という大人の話題でしたので

良い子は、今日のひとコマは読まないでね。



AM 11:16:51 | [思考の散歩]

2019年07月06日  虹に注意

夕方、運転中、虹がとても綺麗な瞬間に遭遇。

こんな虹、久しぶりだなぁ、と思っていたら、

「あっ、あぶねぇっ!」

前の車が突然停車。

運転手がおもむろに降りてきて

スマホで虹の写真を撮っている。

「おやじぃ、、、勘弁してくれ。」

オレだってパシャッてやりたいのを我慢してるのにさ。

我が子に写メ送ったりするのかぁ?

それとも、、、まさかのオヤジインスタにアップ?

自分も撮りたいくせに文句を呟いている自分が哀しい。


P.S

けど、、、後ろに車を並ばせて、

そこで一緒に撮る勇気はなかったっス。



AM 11:15:32 | [写真館]

2019年07月04日  アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

実に、アベンジャーズの最後ということでエンドゲームを観に行ったのだけれど、

それは、完全にその一話前のインフィニティ・ウォーの続編だったわけで、

やっぱいろいろスッキリしたくて、慌ててレンタルして観た次第。

「ふ〜ん、そういうことだったの、、、。」と納得はできたものの

石ころ6個集めてユビパッチンで

宇宙の全てのことがコントロール出来ちゃうって、、、

# ちょっとスゴ過ぎ。

それにしても、スーパーキャラが多過ぎっ!

しかもそれらがクロスオーバーして物語が成り立っているって言ったって

その前に21作品全部見て、しかも全部物語が整理できていて、

全てのエピソードがちゃんとつながる人って

世界中にいったい何人いるんだよっ?!

# けど、アメリカには、いっぱいいるんだろうな、やっぱ。

何を隠そうこの私も、

アイアンマンやハルクやマイティ・ソーも最初は観始めたけれど、

それぞれの話が個別に繋がっているだけでもとてもついていけない感があって

もはや無理、とあきらめてしまったわけで。

だから、わからないギャグやオチなんかもやはりいっぱいあったワケで。

# まぁ、そうは言っても、とりあえず映画は楽しめるわけですが、

しかし、この終わり方はねぇ、、、。

強烈なファンは、よくエンドゲームまで我慢できましたね、感心感心。

と、映画ファンに許されない禁断の前編後編逆視聴をお許しください。


P.S

ユビパッチンの時に、

1回目は、全宇宙の生き物を半分にし

2回目で、それを元に戻し、

3回目で、敵だけを消滅させる。

って、どうやってコントロールしたのでしょうか?

希望内容を頭に浮かべながらパッチンすれば良かったのでしょうか?

そこんところを誰かスッキリさせてください!




AM 11:13:37 | [映画]

2019年07月02日  闇の美術史 宮下規久朗著

闇の美術史

 カラヴァッジョの水脈

   宮下規久朗


タイトル通り“闇の美術史”である。

時代は古代から始まり

カラヴァッジョからルーベンス、

ラ・トゥール、レンブラントを主脈に

カラヴァッジェスキはもちろん

影のフェルメール、彫刻のベルニーニ、

そして話は、日本美術にまで及んでいる。

絵画が光を描くものであれば、

そこには同時に必ず影が、闇が描かれることになろう。

そして、その闇の扱い方で、絵画はどれだけ臨場感を持ち

ドラマチックになってゆくかがよくわかる。

宮下規久朗氏の情感に満ちた文章もまた読んでいて楽しい

過去の天才画家たちが何を想い、どう表わそうとしていたかに

想いを馳せらせられる一冊であります。


P.S

宮下規久朗のあとがきはいつも哀しい。

この本の最後の一行に、やはり目が涙でぬれた。





AM 10:58:33 | [言葉の感触]


Powerd by SUK2 BLOG.