Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2019/07/12  西暦についてのメモ
2019/07/10  紅の豚
2019/07/08  七夕ネタ
2019/07/06  虹に注意
2019/07/04  アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

ま、あえて分ければ
日記(422)
映画(743)
コレクション(162)
写真館(330)
言葉の感触(444)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(310)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(273)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(43)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(6)

想い出の日々
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2019年03月30日  セルフレス/覚醒した記憶

やり手の大富豪が

ガンでの死を目前にして、

若い死体を手に入れて

記憶を移植するストーリー。

NYを支配した頭脳
×
特殊な戦闘能力を持つ肉体

これを掛け合わせれば、

最強の現実的な人間が出来上がって、、、と

MARVEL的なカッコいいイメージを持って臨んだけれど、、、

ちょっと違ってたな。

やはり脳の中では、移植する前の記憶も蘇ってきて、

意外な事実を知って葛藤、、、

# ダメだ、しっかり書かないと誤解されるあらすじしか書けない。

しかし、本来は命のやり取りを扱う物語なのに、

いくら悪者っぽい相手達でも、ちょっと主人公は気軽に殺し過ぎてません?

ってところに引っかかってしまってツラかったな。

最終的には、主人公家族がすべてがうまく行ってしまったラッキーの物語。

やはりアメリカは世界観が違うんだろうなぁ、と実感した映画だったり、

素材は面白いのに、妙な個人的倫理観に囚われてしまった映画でありました。


P.S

しかし、、、であります。

21世紀現在、内臓移植程度の技術力である人類が

やがて、クローン技術で空の人体を作って、

死ぬ前にそれに記憶を移植することが可能な世界もやがて来るのでしょうかね。

“不老不死”というのは、現実的にはそういうことだったんですね。

と、あらためて実感。

# って、それって現実的なのかよっ。



AM 04:51:28 | [映画]

2019年03月28日  婚活中のブラックジャック

# とあるバス停にて

# 車道側から撮影。




あ〜、こんな記事にブラックジャックを使うなぁ〜。




# と、ブラックジャック好きなこのオヤジ。

手塚治虫が天国で泣いていないか心配である。


P.S

で、今、ピノコは、どうしてるん?





AM 04:47:24 | [写真館]

2019年03月26日  アマゾンプライムとご飯お替り自由

アマゾンプライムが値上げになるそうだ。

いやなに、いろいろ考えさせられるな。

例えば、月500円になったとして、

それでも配送料が安いと感じるほどのアマゾンユーザーであれば

基本的に心象的問題はなかろう。

けど、それが割安に感じることが出来るとすれば、

気が付かずに割高に払っている人が多数という現実もあろう。

そもそも企業側にとって言えば、ゼロサムゲームなのだ。

アマゾンじゃなくても、よく送料無料という文字を見かける。

なぜ企業側は送料無料に出来るかと言えば、

いっぱい買ってくれるお得意様での利益を

それに充てることが出来るからであろう。

要は、大口利用者が、送料無料を支えている事実がある。

ご飯食べ放題のお店は、サービスがいいのか?と言われれば

ご飯を食べ放題という設定でのメニュー価格を設定しているはずの現実を考察すれば、

お替りしない客は、割高な代金を払っていることになったりするはずで。

そんなこんなをセコく考えると、

いろいろ知らないうちに無駄な出費しているんだろうなぁ。

まぁ、歳を取って、お替りなんてまずしないであろう私は、

大食漢のワカモノへの投資と思って、、、。


P.S

ちなみに、、、

すみません。私はアマゾンプライムユーザーではありません。

が、たまにアマゾンプライムの無料体験期間中に利用させていただいており、

皆さまには、大変お世話になっております。感謝。

# って、充分セコぞ、オレ。



AM 04:18:35 | [思考の散歩]

2019年03月24日  ノートルダムの僵僂男

タイトルは耳にしたことがあるけれど、

じっくり見たことがないシリーズである。

# って最近そんなモノばかりを観ているのは、
# 終活の一環であったり?

1939年版であります。

当然、白黒。

これまでに何回も映画化されているし、

ミュージカルなんかも多そうだし、

そもそもディズニーアニメにもあったっけな。

まぁ、あらすじは、ネットに任せるとして、、、。

タイトル通りノートルダムの大聖堂が出てくるのだけれど、

あれは、本物なの?セットなの?

モノクロ映画のなんとなくぼんやりした情景が

その辺をわからなくさせているのがなかなかよい演出かも。

それにしてもカジモドのメーキャップもなかなかである。

酷く離れた二つの目が、たまにちゃんと動いているようにも見えたもの。

しかし、私にはカジモドがとても知的に見えてしまったのは、

この小説の深いところであろう。

醜いが故に大聖堂に閉じこもり、鐘つきに徹しながらも

鐘のせいで耳が聞こえなくても、そうである、

彼は精神を病んでいるわけではないのだ。

そんな前提で観ていると、カジモノがほんと不憫である。

エスメラルダの食べ物を渡しながらも、

自分が居るとまずくなるから、と立ち去る彼のその誠実さは、

この映画に登場する全ての人間を上回っている。

私は、原作を知らないけれど、ちょっと読みたくなったな。

ま、その辺りが、名作と言われる所以なのかもしれない。


P.S

今回この映画を観たくなったのは、もうかなり前なのだけれど、

NHKの100de名著であらためて再確認したからであり。

けど、、、ホントに今までこの物語を知らなかったのかなぁ?

何だか忘れていただけじゃないのか?

ふと、そんな思いにとらわれるほどの

なんとなく懐かしさを感じる一本でありました。



AM 04:09:53 | [映画]

2019年03月22日  そうじ資本主義

なかなか面白かった。

いわゆる品質管理で言う5Sが

整理・整頓・清掃・清潔・躾

の5つからなるのは、

多くの企業人はご存じであろう。

ただ、一般的にまず感じるのは、

“きれいにしたら、売上や利益が増えるか?”

ということでしょう。

ただ、そうは言えないけれど、

“会社がよくなる”ということは言えます。

そんな文章でこの本は始まります。

いやぁ、つくづく思ったなぁ、

本来、掃除というモノが何で、何故それをするのか?

なぜ、小学校は、業者に任せないで、生徒自身に掃除をさせるのか。

まぁ、書き出したらキリがないので、ここは本文からちょっとだけ引用してしまおう。

以下は、本の中の本田宗一郎の社内報(創刊号)から抜粋。

-----

 例えば、或る会社の自動車は、今以て、ガタガタのジョイントを

そのままにして直そうとしませんが、ガタガタして居ることには

前々から気付いており、又、技術的にも十分改良することが出来る力を持ちながら、

やはり改良しないのです。之は、改良するだけの熱意――自分の会社の製品を

買って下さるお客様に対して、出来る限りのサービスをしようという徳義心が

欠けているからです。近代工業では、大衆の気持ちを察し、大衆が喜び、大衆が

愛する製品を作る会社だけが、大衆に愛され繁栄するで しょう。

そして、このことから、自分の仕事に対する誇りも生まれるし、自尊心も出来るというものです。

(中略)

従業員諸君に、私が「工場を綺麗にするように」と、云うのは、

外面を繕うためではありません。工場を汚くし、不整理、不整頓のままにしておいて

顧みないような心からは、決して、優れた製品は生まれないからです。

工場は、全従業員の生活するところです。ここを整えようという心の無い人に、

優れた製品が作れるはずはありません。

心はそのまま製品に通ずるからであります。

-----

まぁ言ってしまえば、整理整頓掃除、、、は人間力を高める為なのですね。

落ちているゴミを拾おうとするのは、それに気が付くからで、

ゴミが落ちていることさえにも気が付かない状態じゃぁ話になりません。

そして、ゴミに気が付くためには、自分で掃除をする気持ちがなきゃぁね。

そこから始まるわけですね。

日本が海外に比べて街がきれいと言われるのは、

根源は、そこにあるのかもしれません。

現実がどうであれ、いつまでも忘れたくない内容の一冊でした。


P.S

しかし、、、そこまで頭に入っていても、、、

私の部屋の状況が、、、哀しぃ。



AM 04:01:59 | [言葉の感触]

2019年03月20日  お鏡餅のいのしし

写真は、今年のお鏡餅に乗っていたいのしし。

なんとなく可愛くて、

っていうか、

可哀想で捨てられない。

で、記念撮影、パシャッ。

ここのブログの写真は、

それを捨てる時のメモ写真だということをこのいのししはまだ知らない。


P.S

もうちょっと、置いとくかぁ、、、。


AM 03:58:41 | [コレクション]

2019年03月18日  ぼくらの七日間戦争

かなり昔から気になっていた映画。

# なんでかな?

まぁ古き善き稚拙な映画である。

基本、中学生たちの反乱物語であります。

バブル期の映画であれば、

勢いでどんな映画でもオッケーだった的な思いがしますね。

廃屋に立てこもり、自由気ままに一日を過ごす、、、。

少々の内輪モメは、現実感の演出でしょうか?

しかし、その後の戦車や打ち上げ花火が出てくると現実感は皆無となり

# いいんだよ、当時バブルの真っ最中。

なんだか私は、画面のこちらで現実世界に取り残された感に。

これ以降は、ついていけなかったな。

まぁ、単なる中学生のストレス発散映画だったんでしょうね。

ちなみに宮沢りえの初主演作。

その話題性が一番だったもかもしれません、当時は。


P.S

ちょっと現実的に思うには、

子育ての教育っていうものの、

家庭と学校分担の課題が気になるところでありますが、

私がこの後で一番気になっているのは、、、

で、この子達は、全員退学?停学?



AM 02:55:28 | [映画]

2019年03月16日  モニタ鑑賞 レディ・プレイヤー1

さて、昨日のネタに続くレディ・プレイヤー1鑑賞であります。

もちろんモニタ鑑賞ですので、

映画ソフトの再生は、PSVRの「シアタールームVR」(ベータ版)で。

もちろん3Dで。(これが目的だからね。)

さて、感想ですが、、、

この映画、私は、IMAX3Dで観ているので、

どうしてもIMAXと比較してしまうけれど、

それと比べては、やはり可哀想というモノでしょう。

やはり解像度が残念。液晶の網が気になるしね。

ですが、普通の映画館の3D並みには観られるの感じがしてグッドです。

なので、家庭でリピートで楽しむには、私としては充分です。

私自身は、名古屋に住んでいるので、IMAXを気軽に観られますが、

そうでない方には、やはり気楽に自宅で3D映画が観られるという意味では、

とても有効なのではないでしょうか。

ただ、やはり行き着くところは価格の課題になるのかな?

映画館という大きな経費をバックグラウンドに持つ映画館での鑑賞と

自宅でHMDを装着して気軽に鑑賞するのとどのくらいの価格差になるのか

気になるところです。

# てか、地方の映画館の存続、、、大丈夫か?

そして、HMDがやはり、、、ね。

私は、頭が大きい人間なので、イマイチフィットしないのがツラい。

というのは、「シアタールームVR」とは関係ないか。

あと、いろいろ細かい感想を言えば、、、

画面がもうちょっと大きくてもいいかな。

館内の明るさとか色とかの調整は、正直言って不要ですね。

あと、館内の座る席を選べるっていうのも左右は不要なんじゃないですかね。

まぁ、シアタールームVRという意味では、

メーカーではそこのところが見せ処なんでしょうが。

総論としては、シアタールームVRというのは

ひとつのアプリケーションとしては充分アリです。

ソフトが安くて、気軽に楽しめるようになるといいなぁ。


P.S

あと、外部USBデバイスをサポートしてほしいなぁ。

、、、と、PSVR持ってない方には、まったくわからない内容ですみません。



AM 02:51:35 | [PSVR]

2019年03月14日  ソフト購入 レディ・プレイヤー1

カテゴリを迷うところだけれど、、、

やっぱPSVRだよな、、、と。

映画のソフトを買うと、

VRシアター(ベータ版)で3D鑑賞が体験できる権利が

3000名に当たる、ということでイチかバチか購入。

まぁ、この映画、私はIMAXシアターで3Dで鑑賞済み。

何気にもう一回観たいよなぁ、と思っていたところ、

こんなチャンスがおまけに付いてくるなら、とポチっと購入。

ちなみに900円。

# 映画館で他の映画が観られるじゃん的価格ではありますが。

で、とりあえず2次元ではいつでも鑑賞できる状態になりました。

さて、その問題の抽選結果ですが、、、見事に当たりまして。

ただ、、、3Dが観られるのは、3月末まで。

しかも、視聴開始から48時間の限定付。(ん〜もうっ!)

というわけで、いつ観ようかスケジューリングが難しい状態。

じっくり何度も観たいしね。

一応、視聴後のアンケートもちゃんと書きたいしね。

ちょっと楽しみな今月であります。


P.S

しかし、、、当選者が3000名って、なんで限定すんだよー?(ソニー、セコ。)

どーせ期間限定の更に48時間限定なのにさ。

うんにゃ、きっと購入者全員に当たりを出したんでしょ?と私は信じてます。

ってか、このソフトが3000本売れたのかどうかも気になりますが。




AM 02:48:56 | [PSVR]

2019年03月12日  レヴェナント:蘇えりし者

あ〜キモ過ぎ。

それも2時間半も。

気分が悪くなるシーンばかりで眠りが襲ってこない。

# それって、映画としては成功してるってこと?

この物語も実在の人間がベースという。

# まじか?

それにしてもアメリカの西部開拓時代って

もし本当にこんな状態だったとすれば、

ひどい残虐と占領の歴史だったことをつくづく思い出させてくれる物語である。

なので、こういう世界の価値観がアメリカのベースを築いているんだなぁ。

# と考えるとちょっと恐い。

けど、冷静に考えれば、どこの国の歴史も戦い自体は回避できてなくて

同族人種の戦いも頻繁にあったとすれば、殺人の軽さは同じかぁ、

と、とりあえずゴックンしてみる。

まぁ、この映画のモチーフは、

どこまでも諦めない人間の物語なのであろうけれど、

それにしても壮絶であった。

おススメ度は、、、すみません、、、“低”。


P.S

しかし、遥か昔に似たような(全然違うだろっ)の物語に

「デルス・ウザーラ」があったけど、

こちらの方が絶対おススメである。(きっぱりっ)

こちらは、とにかく優しい映画であった。

私の人生の中での大切な一本であります。



AM 09:01:48 | [映画]

2019年03月10日  ○ vs ×

PS4ネタであります。

# 以前も触れたことがあったかな?

PS4のコントローラで

メニュー選択の場合に、

決定は“○”ボタンを押しますが、

海外のサイトでは、

決定ボタンは、“×”でした。

この度、ファームが上がって、

“×”ボタンを決定に入れ替えられる設定が増えました。

まぁ、確かに海外サイトに行く度に、

誤操作をしてしまうのが多かったのも事実ですが、

国の文化の違いは仕方がないよなー、と思っていましたが、

やっぱソニーも対応したのですね。

と、感心しつつ、ちょっと引っかかるのは、、、

日本人の意識を変えようとしてしまってません?

なんだかなー、とちょっと抵抗があるんですけど。


P.S

しかし、、、

決定は、“×”という概念が頭に身に付かないと

結局使い易さは変わらない気が。

ということで、私の設定は、結局昔のままです。




AM 08:59:49 | [PSVR]

2019年03月08日  必ず希望をかなえるには、、、

ネットからのヒロイモノであります。

----

アフリカの奥地に住むある部族がお祈りすると、

100%雨が降るそうです。なぜか?

それは雨が降るまでお祈りをやめないから。

1週間でも1ヶ月でも、降るまで祈り続けるそうです。

“あきらめない”とはこのことではないでしょうか。

----

しかし、、、冷静に考えると、、、

お祈りする必要があるのでせうか?

# なんて色気がないこと書くなー


P.S

また、、、

宝クジとか賭け事に応用するのは、どうか、、、と思います。




AM 08:41:31 | [言葉の感触]

2019年03月06日  第三の男

“第三の男”という言葉のイメージは

たぶん、人それぞれで違うような気がするなぁ。

でもって、私のイメージとこの映画は、

やはり少々違っていた。

# ん〜、ネタバレを避けねばならぬかなぁ。

# いやぁ、もうみなさん知っているでしょう。古い映画なのだから。

そもそも“第三の男”なる映画、タイトルは耳にしたこともあろうけれど、

私は観たことがなかったわけで。

で、やはり観ておかなきゃ、と視聴。

まぁ、古い映画だからね。

当時はその意外性に鑑賞者は驚かされ面白い物語と思ったであろうことは

なんとなく想像できる。

けれど、ここ21世紀になってしまうと、

この程度じゃぁ驚かんわぃ。が多数であろうと思います。きっと。

それにしても、有名なこの曲、

この映画に合わないような気がするんだけどなぁ。

# と、古い映画をこき下ろすってどうよ、このオヤジ。


P.S

クラシックなモノは、いつまでも古き善きものが多いような気がするけれど、

やはり時代が進めば、なかなか最高は得られなくなるような気がするのが残念。




AM 08:39:23 | [映画]

2019年03月04日  もう一回バッテリ交換iPhone4S

もう何個目かわかんないや。

私のiPhone4Sのバッテリのことであります。

運転中、シガーライターからの充電中に何度も再起動がかかる。

ありゃ、バッテリ痛めちゃったかな。

まぁフル充電から通常使用でも一日もたない状態であれば、

もはや充電チャンスがあればいつでも充電し続けないといけない状態であります。

やっぱ新しいのに交換するか、、、まだ手に入るのかな?

とアマゾンで探せば全く問題なく見つかる状態。

とりあえずポチっと購入。

さて届いたのが写真。

なにがビックリって、その交換ツールである。

今まで何回かバッテリを購入した経験を持つ私としては、

これら工具は、もう既に持っているワケなけれど、

これを見るからに、購入価格の何割がツール代なの?とひとこと言いたくなる。

まぁ、初めての人にとっては助かるかもしれないけれど、

ツール要らないから、安くしてもらいたいなぁ、というのが本音だったりする。

ちなみに今回のツールでもっとも感心したことは、

外した極小ネジが転がってなくさないように

マグネットシートが付いていたことである。

職業柄、これは日頃も役に立つかも。


P.S

でもって、バッテリがまともなモノであったかどうかは、、、

もうちっと使ってみないとわかりません。






AM 08:35:06 | [コレクション]

2019年03月02日  自分の大きさ

ネットからのヒロイモノであります。



 Q.「どうして猫は小さな箱に無理やり入るの?」

 A.「猫は自分の大きさを把握していません」


なるほど。

この時期、ちょっと単語を置き換えてみる。


 Q.「どうして彼はあの大学に入ろうとしているの?」

 A.「彼は自分の大きさを把握していません」


ちょっときついかな。


P.S

でもいいんだよ。

高校生なんかが、自分の大きさを把握してたんじゃダメだよ。

と、大人げなく理想論を書いておく。




AM 08:21:56 | [言葉の感触]


Powerd by SUK2 BLOG.