Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2019/05/17  散り椿
2019/05/15  チョコパイで工作
2019/05/13  令和まんじゅう
2019/05/11  続・深夜食堂
2019/05/09  エレベーターの閉ボタン

ま、あえて分ければ
日記(417)
映画(733)
コレクション(162)
写真館(328)
言葉の感触(439)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(305)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(273)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(42)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(6)

想い出の日々
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2018年12月09日  世界史の教科書の厚みに思う。

高校生から世界史の質問が突然投げ込まれる。

「フェリペ2世と○○(忘れた。)って血筋があるのでしょうか?」

申し訳ないが、そんなことに自信を持って答えられるほどの能力は私にはない。

ま、今どきはググれば何とか調べられないわけではないけれど、

彼ら彼女らの教科書を外れた質問は、何気に奥が深い。

そして、世界史の教科書を見ながらつくづく思うワケである。

その細かさを。

# ま、日本史の教科書はもっと細かいかもね。

しかし、いつも歴史の教科書を見ていて思うことは、

歴史の根幹をなすものは、やはり殆どが権力闘争の歴史である。

人間って、戦い無しに、それも人類同士の戦い無しでやっていけない生き物なんだなぁ、

とつくづく思うワケである。

もし、人間というモノが無欲で正直で優しい生き物だったら

きっと歴史の教科書は、もっと薄っぺらなモノで済んだのになぁ。

そうすれば、試験前に覚えることも少なくて済むのにねぇ。


P.S

けど、、、毎週「ダーウィンが来た」(NHK)を見ていても思うんだけれど、

同種族の闘いっていうのも自然の摂理なんだろうなぁ。

そう思うと、人間同士の闘いも長い目で見ればなくならないのかぁ?

せめて人間は平和に頑張ろう!

未来の子供たちの世界史の教科書が

これ以上厚くならないようにするためにもさ。




AM 04:21:43 | [思考の散歩]


Powerd by SUK2 BLOG.