Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/09/02  ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
2018/08/31  続・AIに仕事を奪われるはずの未来だったのに
2018/08/29  AIに仕事を奪われる未来
2018/08/27  君の膵臓をたべたい
2018/08/25  旅館の宿泊代

ま、あえて分ければ
日記(406)
映画(691)
コレクション(151)
写真館(310)
言葉の感触(419)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(297)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(262)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(23)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2018年07月16日  ブレードランナー

かなり前に観た記憶があるのだけれど、

詳細部分がまったく思い出せないので、

再度視聴。

# というのも、続編と言われているブレードランナー2049を観る為である。

1982年作であれば、結構古い。

公開当時はETなどに押されてパッとしなかったけれど、

ビデオテープというメディアが何度も鑑賞できることを許し、

その画中の考察が深まるにつれ、人気が上がって来たという。

まぁ理系映画ファンであれば、知らぬ人はいないと思ったりもするんだけどな。

それにしても、未来世界のゴチャゴチャさ、汚さ。

その表現に、日本的なごったな(?)ド汚さを使われたのが残念だけれど、

それがまたこの映画の魅力にもなっているはずだからなんとも。

しかし、人造人間ネタは、やはり当時はまだ珍しかったんだろうし

人造人間は、自分を人造人間と認識していないかもしれない的は発想は、

やはりクローン人間ネタとしては、必須であろうし、

その後も「月に囚われた...」とか「バイオハザード」に至るまで、

# と書くと、その映画のネタバレになってしまうな。

その表現は、やはり興味深い。

しかし、人間のクローンを作って、戦いをさせるという発想は、

現実的になるのだろうか?

人造人間だって、死ぬのは恐いはずだし。

いやいやロボットにしたって、AI技術で思考が発達した頭脳は、

自分が死んでしまうコト自体に恐怖を感じたりするようなことにならないのであろうか?

と、まぁ私の生きている間の心配事じゃなさそうな思考の散歩が

楽しくなる映画には間違いない。

おススメというには到らないけれど、

映画ファンには必須の映画でしょう。


P.S

さぁ、「ブレードランナー2049」を観る準備は出来たぜっ。



AM 01:32:46 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.