Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/11/05  原付チャリ3000km越え
2018/11/03  タマゴは兵器になりうるか?
2018/11/01  メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮
2018/10/30  ビュールレコレクション・ピンバッジ
2018/10/28  記念撮影:1万円札の束(帯付)

ま、あえて分ければ
日記(409)
映画(701)
コレクション(153)
写真館(315)
言葉の感触(427)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(298)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(265)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(23)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2018年04月29日  バリー・シール

アメリカ映画である。

実話に基づいているという。

# あ〜、アメリカって、、、

# と、つくづく思う映画である。

多少の葛藤がありながらも、彼は自然に流れるように行動していったのだろうなぁ。

慎重に慎重に、、、派手な時には派手に。

けれど、それは、決して後戻りできない流れだった。

拡がる仕事、人間関係、有り余る程のお金、、、

彼は、どこまで行ってしまうのだろう。

映画を観ている間、そればかりが気になった。

この映画の終わりが気になってしかたがなかった。

流れ流れて、、、流れ流れて、、、。

けれど、ふと人を信用した時、もっとも信用して良いと思われた相手だったのに

何気に裏切られ、逃げ惑うことになる。

そして、最期は、、、やっぱりの結末だった。

太く短く生きた人生、と言ってのければそうかもしれない。

けれど、どうにもこうにも幸せそうに見えなかった。

演じるトムクルーズは、行動的でカッコいい。

話のテンポも良くて気が抜けない2時間である。

けど、、、やっぱり最期は、、、だよなぁ、の結末が哀しい。

おススメ度は、中の上かなぁ。


P.S

結局、騙される結果となってしまったのは、一般的な正義な方で、

悪党たちの方が義理人情がありそうに見えたのは

私の勘違いでしょうか?




AM 01:30:00 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.