Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/06/28  きみがくれた物語
2018/06/26  ピンピンコロリ
2018/06/24  詐欺メールの日本語力
2018/06/22  ミッドナイト・イン・パリ
2018/06/20  コカコーラ飲み比べ

ま、あえて分ければ
日記(405)
映画(680)
コレクション(148)
写真館(306)
言葉の感触(412)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(293)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(260)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(9)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(23)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+13
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2018年04月23日  虹色ほたる〜永遠の夏休み〜

なんでこれをレンタルしたのだろう?

かなり長い間眠っていたので、思い出せない。

やっぱりタイムトラベルものだったからだろうか?

物語は、とある少年がやがてダムの下に沈む村にタイムスリップするお話である。

時間としては、30年前。そこで1カ月ほど生活することになる。

そこで出会う友達。秘密めいたオンナの子。

人物の絵質はなんとも挑戦的実験的ではありますが、

自然の風景は、実に情感があり美しかったりする。

村での生活感は、とてもよく表現されている。

ただ、物語的には、、、残念な感じが否めない。

最後の辺りは、、、すみません、ついていけてません。

というわけで、私にはかつての田舎の子供たちの原風景を味わう映画となってしまいました。

おススメ度:ん〜、くやしいな。


P.S

思わぬところでユーミンの曲のカバーが出てきた。

なんと「水の影」。

この曲、実に私はユーミンの中で一番好きな曲だったりする。

なぜ、このシーンに、この曲が?と思いながらも

ここにこの曲を選んだのは、監督か?音楽担当の松任谷正隆?

この曲に思い入れがあっての選曲であれば、

私としては、ちょっとうれしい。



AM 01:17:02 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.