Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/11/05  原付チャリ3000km越え
2018/11/03  タマゴは兵器になりうるか?
2018/11/01  メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮
2018/10/30  ビュールレコレクション・ピンバッジ
2018/10/28  記念撮影:1万円札の束(帯付)

ま、あえて分ければ
日記(409)
映画(701)
コレクション(153)
写真館(315)
言葉の感触(427)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(298)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(265)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(23)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2018年04月11日  奇跡の丘


1964年作。

イタリア映画である。

白黒である。

キリストの一生の物語である。

2時間20分ほど。長いっちゃぁ長いけれど、

イエスの半生(いや一生だな)を描くには短いんだろうな。

新約聖書のマタイ伝を忠実に映画化したという。

監督は無神論者ということが、その忠実さに反映されているのかもしれない。

静かなシーンの中に圧倒的な雰囲気がある。

どこで撮影したの?といいたくなる場所ばかりである。

役者のアップが長い。けれど、不自然ではない。飽きることもない。不思議だ。

イエスの口から発する教えが淡々と流れるシーンが

結構難しかったりするのだけれど、

キリスト宗派には、自然に受け止められるのだろうか?

いろいろ気付きのシーンも多かった。

ピエタのシーンは、やっぱりマリアはおばぁちゃんだったんだよなぁ。

西洋美術に描写されるマリアの被昇天の絵画のマリアは

みんな若くて美しいマリアばかりだし。

イエスの物語の映画はほとんど見ているけれど、

洗礼者ヨハネの首を所望する逸話の映像化された映画って今まであったのかな?

# 忘れちゃってるだけかな?最近物忘れがヒドクひどい。

とても珍しくて、意外性があってよかったでした。

次々と想定されるシーンがCGなくてどうやって表現されるのかが

楽しみになってきちゃったりしたのは、やはり不純な観方なんだろうなぁ。

おススメ映画にはならないんだろうけれど、

私には、やはり必須の映画ではありました。


P.S

しかし、イエスが様々な教えを説いているのに

キリスト教やイスラム教の人々って、なんで、、、?

なんて思ってしまうなぁ。

私も聖書を単なる物語として読んでしまっているオヤジですみません。





AM 11:29:21 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.