Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/04/05  スターシップ9
2018/04/03  人類の進化は結構強肉弱食かも
2018/04/01  今年のエイプリルフールも
2018/03/30  さよならの朝に約束の花をかざろう
2018/03/28  「なる努力」より「なって努力」

ま、あえて分ければ
日記(402)
映画(666)
コレクション(147)
写真館(301)
言葉の感触(405)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(283)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(259)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(9)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(22)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+13
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座

還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.


2018年03月10日  卒業式に泣くこと

卒業式シーズンである。

卒業式の前日、私の廻りの数人の中学三年生たちが話し合っている。

「お前は、絶対泣くだろうな。」

「私は、泣かないもん。」

「泣いたらどうしよう。恥ずかしい。」

そんな男女混ざった子供たちの初な会話が聞いていて楽しい。

でも、話を聞いていると、どうも泣くことには否定的な雰囲気だ。

つい、私は声をかけてしまった。

「なにも泣きたい時には泣けばいいじゃない。

 恥ずかしがることなんてないよ。

 歳を取ってくるとなぁ、泣くこと自体ほとんどそんな機会なくなるし。」

と、つぶやきながら、自分の歳に哀しくなる。

けれど、私の言葉は完全にスルーされ、、、笑えた。


P.S

次の日、卒業式の後、目を真っ赤にした子何人かと会った。

「ちゃんと泣いた?」

「我慢できませんでした。」

「うんうん、よかった、よかった。」

青春真っ最中の子供たちとニアミスしている自分が

ちょっとだけうれしくもあった。




AM 06:03:45 | [日記]


Powerd by SUK2 BLOG.