Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/02/22  プライマー
2018/02/20  才能
2018/02/18  過剰な表示だと思うんだがな。
2018/02/16  リメインダー 失われし記憶の破片
2018/02/14  地球派 vs 宇宙派

ま、あえて分ければ
日記(400)
映画(659)
コレクション(145)
写真館(302)
言葉の感触(402)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(277)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(259)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(8)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(22)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+13
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座

還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.


2018年02月22日  プライマー

タイムパラドックスものである。

ある種のタイムマシンものでもある。

(なので大好きなジャンルのはずで。)

未来からきた自分と遭遇しないように、

いろいろ工夫するのもわからなくもないし、

その事象の矛盾が出ないように構成されているのであろうということもわかる。

けれど、、、如何せんわかりにくい。

派手な事件もなければ、わかりやすい事象もなければ、

なんとも整理しにくいんだな、映画を観ながらじゃ。

じゃぁ、もう一回見て整理するかぁ、と思わせてくれるほどの物語に魅力がない。

ってなもので、、、なんだかスルーッと見終えてしまう映画であることが残念である。

がんばって製作したんだろうになぁ、、、。

おススメ度、低。


P.S

時間移動が一瞬で出来なく、それなりに時間が必要、というパターンが珍しかった。

何時間も真っ暗な狭い箱の中で過ごさなきゃいけない、っていうのが意外と新鮮だったな。

ちょっと若い頃には、一気に12時間以上も爆睡して、

起きた時にそれが夕方なのか夜明けなのか一瞬わからなくなってしまう体験は私にもある。

けれど、この歳になると長時間寝られないので、そういうこともなくなってしまったのが

いいことなのかどうかに自信が持てないのがなんとも複雑な気持である。





AM 11:07:56 | [映画]

2018年02月20日  才能

才能=自分がしている行動が努力だと気が付かない能力のこと

----

ちょっといい一文と思って、ココにメモ。


P.S

10年以上もブログを書き続けているのも才能、、、

って、どんな才能かい?




AM 11:01:32 | [言葉の感触]

2018年02月18日  過剰な表示だと思うんだがな。

写真は、私がよく利用している駐輪場である。

なんともその表示が多く、ちょっと、、、って気がするんだな。

交通法規の正確さは必要かもしれないけれど、

なんだか世の世知辛さに哀しくなる。


P.S

やっぱクレーマーのせいか?

少しでも人の穴を探してツッコむ輩がいる為か?

法規を決めて、絶対従わせようとする側の気持ちもうかがえて

そもそも「なんだかなー」と思っちゃいけない世の中に

いつのまにかなってしまったんだろうな。




AM 10:57:39 | [写真館]

2018年02月16日  リメインダー 失われし記憶の破片

失われた記憶、、、的な話、、、

記憶が戻ってみたら、ドンデン返し、、、的なを期待して観てみたら、、、

微妙にちょっと違ってた、、、というか、確かにドンデン返しだった、、、

ってか、これもタイムパラドックスか?

って、あ〜、やっぱ、ネタバレはダメだろうなぁ、、、。

けど、、、である。ここをあへてロジカルに考察する。

或る日、とんでもない事故に逢い、記憶を失うとする。

目が覚めたら、何故かわからないけれど、どこからか多額の保険金が。

で、とにかく過去を思い出したい一心で、その大金で役者を雇い

セットを用意し、わずかな記憶を再現し、

なんらかを必死に求めようとする、、、だろうか自分は。

いや、するかもしれないよな。

と、この映画に同意するけれど、ここまでやらないだろうなぁ。

まぁ、この映画の製作者が何を巧みにやりたかったのかはよくわかる。

観終わった後で、なるほどね、とも思えたし。

けれどな〜、主人公の傲慢さや再現しようとする内容にどうも同調できず。

結果のドンデン返しのナルホド感の割には、

なんだかとても後味悪い映画になってしまっていて残念であります。

おススメ度は、低。

好きな話なのに好きになれなかった悔しさを感じつつ。


P.S

ところで彼は、永久に歳をとらないのであろうか?

けど、、、この事象の永遠の繰り返しは、、、かなわんな〜。



AM 10:47:51 | [映画]

2018年02月14日  地球派 vs 宇宙派

地球派は

やはり人間が大事、人間が人工知能を使っていこうという立場。

宇宙派の方は、

そもそも人間は人工知能を作るためにあったのだとする説をとる立場です。

----

以上は、ネットからのヒロイモノである。

貴方は、どちら派?

私は、宇宙派の方かも知れないなぁ。

だってさ、地球派は、“天動説”的な気がしません?

世の中は、人間が中心、、、的な。

私は、むしろ、人間も森羅万象の一部とすれば、

人間も進化の過程のひとつの生成物のような気がするんだな。

とすれば、どんなに偉そうなコトを言っても、

結局は、タマゴの殻のような存在かもしれないんじゃないか?

とも思うワケで。

いや、それを卑下する必要はないわけで。

そこに生まれついたモノは、それなりに幸せを追求するのは、

許されることだと思うので。


P.S

生きている間は、森羅万象のジャマにならないように生きたいものです。




AM 10:44:09 | [思考の散歩]

2018年02月12日  ローマ帝国は何故産業革命を迎えることができなかったのか

タンブラーの漂流物から

----

「ローマ帝国は何故産業革命を迎えることができなかったか」

という命題の答えの一つは

「奴隷という安価な労働力がいたから生産性の抜本的な効率化が必要なかった」

だそうだが、そう考えると

「最低時給1500円など烏滸がましい」という人々は亡国の徒ではあるまいか。

----

思いっきり笑えたのでココにメモ。

んじゃ、ボランティアなんてのも亡国の徒になっちゃうかぁ?

前にも書いたかな、、、

私は、“ボランティア”という言葉が好きではない。

どんな行為作業にも、報酬があるべきだと思うんだな。

そして、その報酬を寄付することをボランティアとするべきだと思うんだな。

最初っから、払う気持ちがない状態でボランティアを求めるのは、

なんだかなー、と思ったりもするんだけどな。


P.S

誰かから、ツッコまれそうな気がするけれど、あへて勇気の発言である。



AM 10:40:38 | [言葉の感触]

2018年02月10日  ザ・セル

好きじゃないなぁ、こういうの。

どうもグロいというか気持ち悪いのはやはり生理的にダメだ。

確かに精神世界を表現しているシーンの映像美は、

とても綺麗ではあったのだけれど、

そもそも人体の精神世界を映像表現するのも

それは製作者の勝手なイメージなわけでしょ、と冷めた思いが浮かんでしまう。

ある意味、現実か精神世界かの区別は、

その映像・イメージの美しさでわかり易いっちゃぁわかり易いけれど、

やっぱりそう具体的に表わされるものなの?と思えてしまうのが

どうも私には合わなかった。

でもって、最後のドンデン返しがあるんじゃないかと

ハラハラドキドキ思いっきりその衝撃に備えたのだけれど、

マトリックスのようなドンデン返しはなく、

単なるサスペンスもので残念でありました。

映像美以外におススメ度なし。


P.S

わざわざこんなグロいシーンを含めずに製作してほしいものです。

このホラー度が、せっかくのストーリーをダメにしてないかい?

と私のようなオヤジは思ってしまうんだな。

残念である。




AM 10:36:21 | [映画]

2018年02月08日  空のバケツほど

タンブラーの漂流物から二点。

----

空のバケツほど蹴るとうるさい=中身が空っぽな人ほど、

何か刺激すると人への批評、不平不満を言う。

だから水のいっぱい入ったバケツのように

中身が詰まってるどっしり構えた人になりなさい、って

おじいちゃんが言ってた。なるほど、って思った敬老の日。

----

悪口陰口嫌がらせ、全部暇人のやる事だから気にすんな。

プライベートも仕事も絶好調で超ハッピーな人が

わざわざ他人の事チェックしてケチつけねーだろ?

自分がうまくいってなくて不幸で暇な奴が

悪口陰口嫌がらせなんてするんだよ。

「おう暇人!お疲れ!」って思っときゃいい。

相手しても損するだけだ

----

いやぁ、なんだか生きる上での大切な一文のような気がしてココにメモ。

けれど、ちょっと気を抜くと、

「唯我独尊」の世界に入ってしまわないか?とも。

他人から何か言われても、クヨクヨする必要はない。

けれど、それさえも受け止めて、吟味し、深く思考することも

忘れてはいけないような気もするんだな。


P.S

けれど、やっぱりクヨクヨしてしまうこともあるよねぇ。

そんな弱さもある意味必要な気もする私は、やっぱり日本人。





AM 10:30:21 | [言葉の感触]

2018年02月06日  他人事だと思ったら

他人事のような発言をしない。

他人事だと思ったら黙ってる。

----

ネットからのヒロイモノである。

しごくまっとうな一文だと思って、ここにメモ。

けれど、、、である。

けれど、、、、、、、である。

けれど、歳を取ってくると、

他人事だと思っても、言わなきゃいけないこともあろう。

自分を棚に上げての発言をせざるを得ない時もあるような気がしたりもして。

しかも、自分事のような発言を他人事のように聞かせることもあったりして。

なかなか難しい課題じゃないか?コレ。

などとも。


P.S

老害初心者です。きっと。すみません。

既に初心者じゃなかったら、もっとすみません。




AM 10:28:19 | [言葉の感触]

2018年02月04日  プリンセス トヨトミ

タイムパラドックス好きですが、

やはり悠々とした時の流れの中での

現在と遠い過去とリンクする物語もとても好きでありますよ私は。

で、それっぽいこの映画やはり映画館で見逃したんだな。

# 残念ながら、当時優先度が高くなかったのは、

# 物語が大阪系だからだったかもしれない。(正直告白)

さて、悠々たる時の流れを感じさせるこのお話、、、

なかなか良かった。ストーリーというかそのシチュエーションが。

けどストーリーについては、なんとも、、、ね。

スケールは、とてつもなく大きいのだけれど、

そもそもなんだか細かいところが気になっちゃってツラかったな。

だって、女性と若年層は、どこへ?

そもそも父が子に伝えるのは、長男だけなの?

ん〜、その辺のツジツマが気になってしまって。

まぁ、俳優で見せる映画でした。

ある種のロマンを感じさせるお話ではありますが、

映画化したからといって、むしろそのロマン度が薄れてしまうような気がします。

おススメ度:低。


P.S

最後に伝えられなかった父の無念さは、、、

確かにツラいだろうなぁ、悔しいだろうなぁ、、、。

確かにそこのところは、、、痛かった、、、。




AM 11:17:00 | [映画]

2018年02月02日  苦境は生物の進化を生み出す

ネットからのヒロイモノであります。

----

生物は、良い環境であれば繁栄はする。

しかし、進化はしない。

一方、苦境は、生物の進化を生み出す

----

だそうだ。

でも、、、すみません、、、わたしゎぁ

良い環境だけで一生過ごしたいですぅ。


P.S

日本よりも某国の方が進化を生み出す可能性が高いことになるの?



AM 11:13:17 | [言葉の感触]


Powerd by SUK2 BLOG.