Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/02/22  プライマー
2018/02/20  才能
2018/02/18  過剰な表示だと思うんだがな。
2018/02/16  リメインダー 失われし記憶の破片
2018/02/14  地球派 vs 宇宙派

ま、あえて分ければ
日記(400)
映画(659)
コレクション(145)
写真館(302)
言葉の感触(402)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(277)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(259)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(8)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(22)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+13
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座

還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.


2017年10月28日  ファミレス教育

ふとひと休みに入った土曜日の午前のファミレス。

ドリンクバーだけで申し訳なく過ごしていると、

反対側のテーブルには、子連れの母子。

テーブルに何枚かのプリントを広げ、お母さんはボールペンを持ち、

プリントの上を指しながら、しきりに子供に何かを話している。

その真剣さに、思わずこちらの耳がダンボになってくる。

どうも模擬試験の結果の見直しをやっているようだ。

お母さんは、答らしきプリントをながめながら、

とてもエラソーに子供に対応している。

子供は、というと、とても萎縮してしまっている。

物理的に手は動かしているものの、絶えず横からお母さんのツッコミが入る。

まぁ、世の中の親なるもの、特に教育理論を持ち合わせているとは限らない。

皆、自分の思うように、自分のやり方を信じて、本能的に子に教える。

それ自体が正しいか正しくないかは断定できないけれど、

せめて、親子の相性が合ってて欲しいな、とつくづく思う。

まぁ、遠い過去、私もそうだった。

自分がやって来たことは、いや、自分が出来なかったことこそ

子供にやらせたいことだったりする。

そして、親が頑張った結果は、どうであろうといずれ戻ってくる。

そして、親側もまた、方針転換に迫られるものなのだ。

それにしても、もうちょっと楽しく勉強を教えられないものかなぁ。

母子のやりとりが見ていてなんだかとてもツラい。


P.S

しかし、近頃は、勉強部屋ではなくて、リビングでの勉強環境がいいと言われている。

その延長で言えば、ファミレスでの勉強も、環境としてはいいのかもしれないってか?

# そうとは、とても思えないんだけどな。




AM 08:20:40 | [思考の散歩]


Powerd by SUK2 BLOG.