Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/02/22  プライマー
2018/02/20  才能
2018/02/18  過剰な表示だと思うんだがな。
2018/02/16  リメインダー 失われし記憶の破片
2018/02/14  地球派 vs 宇宙派

ま、あえて分ければ
日記(400)
映画(659)
コレクション(145)
写真館(302)
言葉の感触(402)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(277)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(259)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(8)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(22)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+13
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座

還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.


2017年10月24日  欲望 BLOW-UP

何かの論評を観て

きっと観なきゃいけないリストに入れたのだろうけれど、

何だか観ない方が良かったな。

1966年作の映画であれば、

映像やその素材はなかなかよく出来ていると思うのだけれど、

そのストーリというか構成というか

結局最後まで意味不明で終わってしまいました。

こういう前衛的(?)なものは

お芝居は好きだけれど、映画には求めたくないなぁ。

確かに1960年代のイギリスの風-俗というか

写真家も当時的には、スタイリッシュなのかもしれないけれど、

やはり懐かしさというよりも恥ずかしさを感じてしまったりして。

ジャンルは、サスペンスなの?

殺人事件は、何も解決も消化もされずにどうなっちゃったの?

私には、きっと1週間経ったら何もかもも忘れてしまいそうな映画でした。


P.S

原題は、「BLOW UP」。

写真の引き伸ばしのことをいうのだろうけれど、

なんかな〜。

そもそも、この映画に「欲望」なんていう邦題を付けたのは

その名付けた人の感性のみで付けたとしか思えないのだがな〜。


# このブログ“風-俗”っていう単語も使えないんだな、今日発見。


AM 08:04:12 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.