Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/12/03  忘年会にて
2018/12/01  イエスマン “YES“は人生のパスワード
2018/11/29  愛のスコール ブルーソーダサワー
2018/11/27  立派な恥
2018/11/25  四十七人の刺客

ま、あえて分ければ
日記(410)
映画(706)
コレクション(154)
写真館(318)
言葉の感触(429)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(298)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(266)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(40)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(23)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2017年08月19日  エターナル・サンシャイン

ダメだった。

そもそも役者のキャラクタに好感が持てない。

しかも、都合が悪くなったら、

恋人の記憶を消す、って?

そんなご都合主義的な物語、最初っから受け付けられません、私には。

しかも、記憶を消す気になったら、やっぱり消すのを辞めたい、、、

そんな軽いやり取りにちょっと嫌悪感も。

基本ジャンルは、ラブストーリーなのだけれど、

その前の前提が古い人間のこのオヤジには受け付けられなかった。

ということで、いいとこなしの今日のコメントである。

しかし、、、なんでそれなりに評価高いんだよー?

私には、見なきゃ良かったと思った映画でありました。

# 最悪のコメントだな。


P.S

しかし、イヤになったからって記憶消して、、、って

それで済むんかい?

それに、万が一、記憶消した後に、また同じ人を好きになったら

それは、悲劇なの?喜劇なの?

「それは、やはり本当の恋人だったんだよ」

とは決して思えない人生を送ってしまったこのオヤジである。



AM 07:59:04 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.