Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2020/02/12  ネズミの置物(石鹸)
2020/02/10  ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
2020/02/08  手袋とネックウォーマー
2020/02/06  切腹とは
2020/02/04  カイジ ファイナルゲーム

ま、あえて分ければ
日記(434)
映画(775)
コレクション(171)
写真館(343)
言葉の感触(461)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(320)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(277)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(46)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(13)

想い出の日々
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2008年09月27日  カンボジア紀行 まとめ

カンボジアに行った、と言っても

実質は、火曜から土曜日までの5日間。

仕事だった為に、プノンペンの観光は出来なかったし、

カンボジアそのものをかじったどころか、ちょっと舐めてみたに過ぎない状態であろう。

# このブログにも、何だか全然書き尽くせなかったしなぁ。

けれど、結論から言うと、この国は、私にあっている。そう感じた。

いや、正確に言えば、時間が許されるならば、この国に溶け込みたいと思った。

# ちょっと誤解されるのがイヤだけれど、あえて無理して表現すれば、

今の日本人は、「三丁目の夕日」などの映画に泣かされたりするのだけれど、

そんな世界が、ここにはまだあるような気がするのだ。

正直言って、汚いと思う。貧富の差も厳しそうだ。

治安については、まだ、私の知識は皆無に等しい。

でも、なんだか、接したみんなが逞しく、自然だ。

カンボジアの残念な歴史の為に、まだ戦後10年ほどの国なのだけれど、

日本人が失ってしまった何かが、まだ活き活きと残っているような気がするんだな。

# なんかうまく書けなくて、誤解が生れそうで悔しい。

これから、この国も急速に発展してゆくのだろう。

でも、海外からの無理な投資やビル建設などに目を奪われずに、

ゆっくりと美しく発展していって欲しいと思う。

決して、50年後に自殺者が年間3万人にも達するような国にならないように。

心から切に、今私は、そう願っている。


P.S

何年かした時に、私は、きっともう一度この国を訪ねるだろう。

もっと長期で。

観光? やっぱり仕事で? 海外シニア協力隊だったりして?

でも、そのわずかな確信が、今、私の体の中でくすぶっているのがわかる。


PM 09:49:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | [カンボジア紀行]


Powerd by SUK2 BLOG.