Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2021/01/23  GANTZ
2021/01/21  古本屋思考
2021/01/19  星新一の年賀状
2021/01/17  いぬやしき
2021/01/15  アクアオート

ま、あえて分ければ
日記(448)
映画(832)
コレクション(190)
写真館(357)
言葉の感触(481)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(336)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(285)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(51)
iPhoneパーク(60)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR & OCULUS QUEST2(28)

想い出の日々
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+16
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2006年09月30日  里帰りしたプー
私のプーが、イタリアに里帰りをした。

イタリアへ行くという知人が居たので、

「おぅ、せっかくだからこのプーを里帰りさせてやってくれぃ。」

このプーになんとなく本人の意向も聞かず日本に連れてきてしまった感があった私は、

その知人に、イタリアに行っている間、カバンにでもぶら下げておいてくれ、と頼んだ。

もう日本に連れてきて2年も経つ。
(参考ページ:2004年12月1日分日記

色も剥げ落ち、年季はあるものの、あまり綺麗なアクセサリーじゃないけれど、その知人は快く引き受けてくれた。

おまえもきっとイタリアが懐かしかろう。

せっかくのチャンスだから、里帰りしておいで。

そんな気分だった。

ところがそのプーが4人の仲間を連れて帰ってきた。

写真は、その面々である。

ちなみに最前列右側は、私に連れ添っているプーである。(ほんとに色があせてるな。)

そしてその左は、なんと!プーの着ぐるみを着たピグレットである。

最愛の友を連れて帰ってきたプーは、さすがである。

そして、その後方、クラゲ?タツノオトシゴ?タコ?の着ぐるみを着たプー達。

なんとなくシュールであるけれど、このにぎやかさが私は嬉しい。

まぁ、これからもみんなで楽しくやっていこう!


私には、このガチャガチャ、最高のイタリア土産である。

連れて行ってくれた知人に大感謝である。


P.S

しかし、、、

このブログを書き始めて何年も経つが、

このプーに関する一連の記事についての読者からのレスポンスが一番多い。

なんでだろう?



AM 11:19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [コレクション]


Powerd by SUK2 BLOG.