Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2020/09/25  アラジン
2020/09/23  「春夏冬中」
2020/09/21  「死ぬまで働けというのか」というけど
2020/09/19  マチネの終わりに
2020/09/17  何もするな的解説が痛い。

ま、あえて分ければ
日記(443)
映画(813)
コレクション(183)
写真館(355)
言葉の感触(472)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(331)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(284)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(49)
iPhoneパーク(58)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(20)

想い出の日々
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2005年06月06日  日立グループ館
今回の万博の1番人気である。

待ち時間は、長い日は6時間の日もあったとか。

行ったことがない人は、どんなんじゃー?ということであろうが、確かに楽しい。

「プレショー」「メインショー」「ポストショー」からなり

「プレショー」は、情報表示端末Nature Viewerを持って、希少動物たちの情報を手元で見られる。

# と言っても伝わらないねぇ。

どこかの音声ガイダンスと違って、静止画、動画ありの情報端末である。

思わず全部見なきゃ気が済まない気持ちになってしまうところが、何とも見事である。

# 見たところでその場で忘れてしまうものでもあろうが。

「メインショー」がまたすごい。

ライドに乗って、スコープをのぞきながら3DCGを観る。いろいろな動物が出てきて、手に付けたセンサで、スコープ越しに動物に餌をやったり、自分の手のひらに動物が乗ったり、、、ウンウンちょっと前の時代の製品のものと違って、完成度が高くて、よく出来てるわぁ。

# と言っても伝わらないねぇ、きっと。

しかも最後にお土産まである。

自分の顔の写った記念写真が、家に帰ってから、日立のホームページでダウンロードできるのである。

# と言っても見せられないねぇ、恥ずかしくて。

なんとなくあっと終わってしまうけれど、とっても盛りだくさんで、きっとリピータも多かろう。

混んでいる理由がよくわかりました。

P.S

ちなみに日立のパビリオンに行く前から、お楽しみがある。

日立のホームページから希少動物の育成プログラムをダウンロードして育てる企画があるのである。

希少動物に名前を付け、デスクトップ上で育て、餌をやり、掃除をし、注射を打ったり、ストレスが溜まった時には、ナデナデしたり、、、(ちょっとプログラムが重いが。)

そして、そのプログラムの中で「日立グループ館へ行く」ボタンを押すと、その動物とお別れがやってくるのである。

ちょっぴり悲しいお別れをして、そこに現れた2次元バーコードを会場に持って行くと、、、実に「メインショー」の中で、その別れた動物と再会できるのである。

ライドに乗りながら、スコープをのぞきながら、バーコードを持っていった集団は、もうワアワア叫んで大変である。

# まぁ、その辺りは、育てて行った者にしかわからぬであろうな。

まぁ、とりあえずは、そんな企画もあるというお知らせでした。

ちなみに写真は、私が育てたタイマイである。

インチキしてちょっと加速して育てちゃった事実は、秘密である。

サンプルに2次元バーコードをこのブログに載せてしまう。

これを持って会場に行くと私の育てたタイマイくんに会えます。

けど、、、

育てた苦労がないと感動は得られないと思いますので、貴方も自分で育ててくださいね。

では。



PM 11:01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [愛地球博だより]


Powerd by SUK2 BLOG.