Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2021/01/23  GANTZ
2021/01/21  古本屋思考
2021/01/19  星新一の年賀状
2021/01/17  いぬやしき
2021/01/15  アクアオート

ま、あえて分ければ
日記(448)
映画(832)
コレクション(190)
写真館(357)
言葉の感触(481)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(336)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(285)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(51)
iPhoneパーク(60)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR & OCULUS QUEST2(28)

想い出の日々
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+16
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2004年10月26日  ルネッサンスのふりだし、サンジョヴァンニ洗礼堂
ルネッサンスは、ここから始まったと言われる。

この八角形の建物の入り口の扉のデザインコンクールに全ての端がある。

まぁ、そんなに詳しくない私がここで解説するのはパスである。

それよりも私の気になったのは、内部のクーポラの壁画である。

この「最後の審判」の部分(写真下右)は、まるで仏教の地獄の絵である。

他の場所でもたびたび見かけるこの同様な絵は、

仏教徒もキリスト教徒も、所詮思い浮かべ想像することは同じってことか?

それとも何らかの方法で真実を知ったってことか?

真実かもしれないなら、明日からちょっとまじめに生きようか、とも思った。

P.S

が、手遅れ。

PM 01:39:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | [イタリア紀行]


Powerd by SUK2 BLOG.